IMG_3420IMG_3420IMG_3421IMG_3424IMG_3425IMG_3394IMG_3411

日は小澤真智子の真骨頂をSalon Classicで見聞きした。
ニューヨークで暮らすこと20年、ここで生きて行くためには創造力が欠かせない。さて彼女はどうした?
タップ踏んでタンゴを踊りヴァイオリンを奏でる。足も腕も腰もバラバラに動く軽業、これぞ小澤真智子のオリジナリティ。タップダンサーになりたかったが、ヴァイオリニストにもならなければならず、エエィ、面倒だ。両方やっちゃえと二つを両立させた。
小澤真智子の旅するヴァイオリンは日本を離れニューヨークを離れて遠くアルゼンチンまで、異国の空にこだまする悲喜こもごもの曲に酔いしれた。

一昨日の能楽鑑賞とは大違い、今日は、今や大人気者となった西川悟平のトーク&コンサートの再演。夜には彼と小澤真智子のジョイントリサイタルもあった。まとめて報告したい。

プロジェクターを使った画面には次々に悟平が訪れたロスチャイルド家の城、城、城。美人で歌手のロスチャイルド家直系の貫禄十分なシャーロット夫人の映像。ロンドンデヴューを果たしたときの有様が鮮明に映し出された。悟平の滑らかな話しぶりに聴衆が心酔した感じだった。

 

夜の部。登場した「旅するヴァイオリニストの小澤真智子。」われわれとは旧知の仲だ。昔、彼女がジュリアード音楽院を卒業し日本に帰国した直後、湘南国際村にあったうちのサロン、Salon Collinaで演奏し、その後、東京文化会館でデビューしたのだった。

しかし彼女の性格から活躍の場はやはり海外、ヴァイオリンとともにニューヨークへ、次にメキシコへ、そしてアルゼンチンへと彼女の旅は続いた。ニューヨークはもう20年となる。

悟平と真智子は同じニューヨークの幼稚園で幼児にピアノとヴァイオリンを教えていた仲、どちらも和製ニューヨーカーだ。羽田に着いたときよりもJFK(ケネディ国際空港)に着いたときの方が「帰ってきた」という実感が湧くという。二人の丁々発止のやりとりを聞いていると、この自分までニューヨークに戻った感じがした。

 

ジェスチャーたっぷりに笑顔で話す二人はもう外人だ。日本語をしゃべっているのに表情がニューヨーカーだ。現役の頃、日本人の表情が一昨日見た能舞台のように静かで、硬いのに対し、外人は多弁でジェチャー一杯、静と動の違いを見た。どうしてだろうと考えたとき、ふと思ったのは日本語には敬語がある。敬語でしゃべれば大げさなジェスチャーは要らないのではないか。敬語のない英語ではジェスチャー語も混じえなければならないかと思ったものだった。

936660A8-73B8-41A2-BDDD-D322B814DA74EA563C63-0261-48DB-8394-6F832CEC4A99A23A3854-936B-426D-99FA-B2ED9D4E09E7B4253E73-B549-44E4-B52D-3BB0E009E00911052177-CB9B-4263-87BD-C8D0A12B270FADCF37F3-2A14-4223-A59E-9EE3A497980D048CA798-4BFC-4952-B557-A7B5BFD54EB9D6B8E7D6-5841-4028-97FA-CD151D197D89DF901E31-340E-4D8B-9E04-C325240ED987 096258B0-3BB6-4A3C-9D18-660F74F018A6

八十路を超えてなお矍鑠とロマンに生きる御仁、本日Salon Classicで歌ったその柔らかで清らかな声には凜とした正調が波打つ。口という暗い内部から外に閃光となって迸り出る男の美声。うっとりと聞き惚れた。主は地元、芦屋高校で長く音楽の教鞭をとった武岡徹先生。ピアノ伴奏は、登士子夫人。

シューマンやR.シュトラウス、あるいはメンデルスゾーンのドイツ歌曲を、紙片一つももたず諳んじて、大入り満員の聴衆の前で、原語で歌った。それだけでも素晴らしいと感じ入ったが、それら歌曲がゲーテやハイネらの詩に基づいていると知って一層感心した。なぜならこれらの詩を芯から解さずして歌えるはずがない。添付プログラムの訳詩をとくとご覧あれ。ドイツ歌曲の詩情が自分にも乗り移ったような気がした。デジタルやコンピュータに汚染された現代に19世紀が謳う天然の美はあまりにも美し過ぎる。19世紀の喜怒哀楽は21世紀のそれとは質が違うと甚く感動した。

CB34DE59-E425-4452-A485-9837ADCC27B81c7d89f43ff04e346086d90fa09387bb[1]c230ecacc9be2b08f79459c87185f248[1]

2017年10月2日 (月)
横山美里ピアノリサイタル

よかった。とくにラフマニノフの「コレルリの主題による変奏曲 Op42」が。深く、重かった。が、きれいだった。

昨日は午後2時からSalon Classic で横山美里のピアノソロリサイタルがあった。黄色い衣装をまとった横山が今日弾いたのはほとんどが舞曲だった。

バッハのパルティータ第1番 変ロ長調 BWV825に続き、ラフマニノフのコレルリの主題による変奏曲Op.42、休憩を挟んで、ショパンのマズルカ、ワルツ、ノクターン、バラードらであった。

バッハの曲はテンポの異なる色々のバロックダンスだろうか、長髪を垂らした黄色姿の横山が蝶々となってひらひらと花に近づいたかと思うと、身を翻して空に向かって勢いよく飛び去って行った。

この黄蝶々がラフマニノフになるや黒いあげは蝶に化けた。今日はこの黒あげはの“絶望の美”にぞっこん惚れこんだ。

ロシア生まれのラフマニノフはロシア革命の混乱から逃れるためアメリカに渡った。帰国の機会を狙ったが、ついに来ず、渇望した帰国の望みは完全に絶たれた。帰れぬとわかってもなお募る一方の望郷の念。この祖国への強い想いを込めて、ラフマニノフ58歳にして創作した初のオリジナル作品。渡米後14年が経っていた。

中世から伝わる舞曲<フォリア>は、コレルリによる流麗なヴァイオリン・ソナタだが、<フォリア>とはそもそも“狂気じみた”の意。そこでラフマニノフにおいて、このフォリアは一転、狂気の絶望、虚脱と化し、こみ上げてくる郷愁と悲しみは一音一音、孤独な音楽家の魂の渇くことのない涙となって溢れ出た。ドラマティックな演奏にぞくっとすると同時に、これを暗譜するのは大変だと感心した。

ショパンのノクターンやバラードは私の好きなピアニストによりしばしば演奏されてきたが、横山のそれらは私には格別の味を提供してくれた。派手さよりもしんみりとかつじっくりと物語を読み聞かせるように弾くピアノが私の心を捉え心に響いた。

IMG_3200IMG_3208 (2)

77299e35fc744951e8222e10ebf51383[1]6b2da0f497c615739a6856cd70abccd5[1]bebce7a8bd74178de417b7d587d0f854[1]

今晩は。 昨日に引続き、今日(9/16)は3時からイヴ・アンリ教授のレクチャーリサイタル(テーマ:室内楽のピアノからオーケストラ音楽のピアノへ)がSalon Classicであった。午前、午後のレッスンの中にサンドイッチのように挟んだリサイタルだったが本当に素晴らしかった。

ピアノ芸術とは何か、真のピアニストとはだれかを再認識できた。昨日の話の続きでいうなら10点の性格のまるで異なる名画をゆっくり鑑賞している感がした。休憩なしの一時間半から二時間、何も見ずに10点の名品を弾き切った。

ショパンの「華麗なる大円舞曲」はフィーシャ・ピンク色をし、シューマンの「アラベスク」はアラビア調の薄青と薄紫色をしていた。

リストの「歌劇ファウストのワルツ」やボロディンの「だったん人の踊り」では、鍵盤上に林立した鋼(はがね)の10本指、あるいはタコの10本足が忙しなくダイナミックにドラマチックに鍵盤上を踊りまくった。急降下してくる飛行機があるかと思うと、心を打つ鐘の音、鈴の音があった。作曲家でもあるイヴ・アンリの真骨頂を見た。今日一番印象に残る名品だった。

レッスンを聴いていて分かったことだが、同じパッセージを弾いていても先生の音は水に“ごぼっと”入る感じ、生徒のそれは“パシャン”と入る感じがした。

ラヴェルの「亡き王女のためのパバーヌ」には気品が横溢していたし、デュカの「交響詩、魔法使いの弟子」では乾いた音が響き渡った。

アンコールに応えた数々のショパン曲は暴風雨が去った後の静けさに似ていた。ピアノだけで描く絵、オーケストラ的な中にも統一感があって私の好みだ。

アンリ教授の新たにリリースされたCDの説明文に私の油絵が使われた。名誉なことだ。上記ボロディンの「だった人の踊り」を思い出させたらしい。

IMG_3145IMG_3147IMG_3151今晩は。

半月前にフランス中部に彼の家を訪れた私が今日(9/15)は彼をわが家に招くという親密さ。二回りも違うわれわれだがとにかく息が合う。互いに笑顔を見せるだけで気心が解り合える仲だ。そんなイヴ・アンリ(気安くいうが、相手はフランス政府から二つもの文化勲章を受賞したピアニストだ)が客演の秋のジョイント・コンサートを今日Salon Classicで催した。

多くの出演者が同じピアノを使うのにどうしてこんなに音色が違うのか。大勢の出演者の演奏ぶりを逐一コメントする資格はないので割愛するが、彼のピアノを聴くと私の顔はひとりでに綻ぶ。

あぁ、きれいだ。文句なしにきれいだ。一音一音が金と化し銀と化して線となるパッセージ。そのキレのよさ。私は音楽をどうしても絵画の目で見て(いや聴いて)しまう。

絵は描き終わった結果で、描いている最中の過程は見えないが、音楽はその逆、演奏最中の過程を聴くことはできるが結果はない。絵はここに赤と青の太い線で描かれている事実はあるが、それがどんなタッチ(筆致)で描かれたかは解らない。一方、音楽はその勢い、強弱、遅速など、そのタッチ(筆致)にこそ心が躍る。

突き詰めれば絵画も音楽もその奥の美しさを求める上では変わらない。これが私の音楽論だ。ベートーヴェンの髪型を彷彿とさせるイヴ・アンリの演奏時の表情は余裕綽々、およそ一所懸命さはない。自家薬籠中そのものの姿だ。

2017年9月11日 (月)
My essay on a trip to Nohant

My essay

In Englsh

On a trip to Nohant vicinity in central France

To attend an academic piano seminar

Conducted by Prof. Yves Henry

                                                                         Of Conservatoire National Superieur de Musique et de Danse de Paris

Period: August 22nd to 29th 2017

Takao Nakanishi

The Music Center Japan

September 11th, 2017

 

 

 

PREFACE

In late August we visited Paris and thence to Nohant located in central France, south of Paris three hours by train and bus in order to trace the history of lives of Frederic Chopin, famous pianist and composer for his beautiful ballade and nocturnes and his lover, George Sand. Today’s three hour-trip by train and bus corresponds to thirty hour journey by wagon in their days of the middle of 19th century.

Paris-born but country-raised Sand fell in love in Paris with urban-bred Chopin from Warsaw to elope in a sense to a “happy isle” Mallorca and returned and reposed at this Nohant, Sand’s native place.

Chopin, who was weary body and soul by being too much lionized in aristocratic society in Paris in the first half of 19th century loved this place so much that he used to come back every summer to pursue his work of composition here.

On the other hand, Sand, who came out of this rustic country with deep forests had cut a unparalleled figure in Paris as a novelist, a critic and a feminist for her outstanding judiciousness.

It was at La Shâtre near Nohant that Prof. Yves Henry of Conservatoire National Superieur de Musique et de Danse de Paris kindly and generously opened his special piano seminar for us, The Music Center Japan.

On our way back from Nohant we made a half day trip in Paris where I found what the city has was completely different from what Nohant offers: it is city elegance

Appreciating the artistic standing long nurtured on stone-type culture and civilization in Paris I strongly felt that man needs both elements of country rusticity and urban elegance as Chopin and Sand had had as well as Prof. Yves Henry has.

 

This is the first trip to be followed in the coming years. Under-mentioned is my essay on this seminar trip. I hope this will serve to your interest in any way.

 

1.    Overture

Our party of 12 proceeded to the hotel from de Gaulle airport by taxi for 45 minutes at 8:30pm on August 22. The sky was still bright even at 9pm with light purple-red colors. A dull scenery continued until we reached the innermost of the city and then  we were caught in an atmosphere of what Paris spread: many tall roadside trees, brownish and beige colored buildings with chimneys on top. Few minutes later after crossing the Seine, we arrived at Pullman Paris Bercy Hotel, a posh four-star hotel very popular among ladies.

2.To central France

The following morning, a bit cold, we hurried to the old Gare d’Austerlitz,  ten-minute away from the hotel to catch the train. The car was a very tall and firm as compared with that of a Japanese bullet train and the train soon left very quietly without any announcement.

I, a novice traveler around here, was so curious about what could be seen outside of the window along the route but actually all I had seen was just a vast plain undulating like waves with some bushes or forests spread in pastoral views. The track the train runs along right now must have been the customary road Chopin used to pass by horse wagon. If so, I saw the exact same scenery as Chopin did.

3. South of Paris, two hours 15 minutes by train to Chateauroux, thence to La Shâtre by mini-bus 45 minutes

The train arrived at Chateauroux at 10:44. A prearranged micro-bus carrying all of us from there had run along a straight road in the plain on and on, passing Nohant- Vic to a small city called La Shâtre. At the entrance of the city was a hotel named Hotel du Lion d’Argent where we would stay at.

Wow, what a marvelous place? No other word I could think of to describe the place. The visitors of this city are seldom seen than those artists and musicians who pay homage to Frederic Chopin or his lover, George Sand or those car racers who are associated with Le Man rally as the city is located just amid the rally route from Paris to Nice. Instantly I had fallen in love with this rusticity. Time stops here at least. The place seemed to belong to another world, so to speak, a solarium, free from today’s busy world. Time machine carried me back to the twelfth or thirteenth century, or if you want to say, to the days of Chopin and Sand. There is no difference between the two as time ceased to advance!

The trouble is that today’s conveyance easily takes us here in a matter of three hours or so, and our brains have no time to adjust the modern mode to the old. So the busy mode had remained. Moreover, Japanese are not well accustomed to handle the land machine properly. So they are inclined to observe the place with the same eyes as they do in Japan, forgetting this is countryside in France. For a while we had to leave family rooms to live in a solarium, yet with a modern smartphone or a tablet, though.

4. Hotel du Lion d’argent

Hotel du Lion d’argent has an annex across the street for providing us with the facilities of ten rooms for lodging and piano practicing and a large seminar room equipped with a grand piano in it. Prof. Yves Henry gave his special lessons here to our students every day for consecutive three days.

 I was not a piano student but only a sightseer. What should I see, then? Was that the right way for thinking? No. Now that I have come to the solarium, I should be a meticulous observer at this place full of the heat radiated from its past of the nineteenth century hostel. The first thing I did was to lay back on a deck chair by the poolside of the hotel to look up at the sky. It was so calm and quiet. There was no wind. Christmas tree-type symmetrical big trees stood still. A thin cloud in the sky flowed very slow. An airplane darting over in cutting the blue sky, leaving a contrail looked like a bean far up there.

The small Indre river flowed gently in peace off the broad premises as to see the black shadow of small fish swimming on the bottom. An art object of a nymph was placed nearby. Yves told me, “Why not going up the right side of this river and you will find something to see”

5. What does the city of La Shâtre look like?

I strolled up the narrow street by myself with a tablet in hand to see and come across the medieval age of Europe. Everything I saw seemed to have retained the medieval condition ranging from archaic greyish/ brownish architecture to narrow stone-paved winding roads, but full of cars, some running very slow in the center and some parking at the roadsides. I hated such modern vehicles as unbecoming here but tolerated, rethinking La Shâtre is a city for car racers. A steeple of a Gothic-type church far up there had given me a sure hint that the quarter must be the center of the city. So I rambled up under the shades of buildings to aim at it. There I found a market square, very common to European cities and towns. There was a bookstore, a pharmacy and restaurant and so on, but not any convenience stores. I never failed to gaze at the rustic beauty of plain alleys ever forgotten but enriched by preserved architectural heritage. Red roses decorating the window panes of buildings, two-storied high, beige-colored nodded at me smilingly.

The following morning I came up here once again with two ladies Mrs. A and Ms. F. in dazzling morning sunlight. We stepped in the interior of the before-mentioned church, whose three-leaf clover emblem instantly stimulated them because it reminded them of a similar form of their graduated school. The interior was quite tranquil and its stained glasses were bright but rather pale than dark, which rendered it a pale atmosphere as a whole. That I loved.

 The city has a museum called George Sand Museum. I stepped in a shop to ask the way to it in French. It worked. But when we came up to the front entrance, it said,”Sorry, we are closed until next April” It gave us a bit of shock but from nowhere appeared an old gentleman, saying “Sorry. forgive us”, handing to us a bundle of the city guide papers. I deeply appreciated his sympathetic attitude toward us.

Berry where we stayed is a region located in the center of France. It was a county in Carolingian times. La Shâtre in lower Berry was born and formed in the Roman era of the 11th and 12th century which was equivalent to the Kamakura period of Japan. The church is its history teller. The city is said to have been well known for its tannery industry in the early years. One of the architectural heritage in the city must be the tall purple-brown building at the corner with steeply pitched roof, which is, to me, no wonder if it fell down at any moment. Our members were very busy buying candies at the confectionery downstairs of the building.

6. George Sand’s House in Nohant

We made an hour trip today to George Sand’s House, seven kilometers away from the hotel.

Getting off the bus to proceed a matter of a hundred meters along the lane, was a very old, timeworn looking church on the left side and a time-honored dignified gate to the Sand’s House on the right side, facing each other, as if they tacitly insisted that this territory was not yours but mine. I was so tickled by such a scene.

There were a fairly good numbers of visitors. A guide led us out to the first and second floors. I, learnt a bit through books beforehand, tried to be a Chopin of today, looking out of the window facing south at the pastoral view widely expanded beyond over the thick grove. Chopin, a brilliant player in improvised way, had fought in this room strenuously when it came to writing musical scores.

I recognized that Gorges Sand had sat down here in this chair, acting as host to entertain Balzac, Delacroix, Liszt, and Marie d’Agoult . There were a lot of articles and belongings of Sand, but I was not so much interested in them.

Through the side gate we passed out to the garden as was bathing in the summer afternoon sunlight. We wondered how far this garden was expanded because we could not see the boundary of the field. An old cottage nearby, seemingly built long before the House came into existence told me that it had hated the new edifice. I felt to hear such an untold story there.

I am positive that this place had done good to Chopin both physically and mentally because he could have lived here at leisure apart from hustling and bustling city life in Paris, but at the same time I could not help but to sympathize with him in his boredom when I deemed him a city dweller.

It was also a kind of mystery for me that George Sand had lived in this estate long enough with her father’s side grandmother. Was there anything to console her in this neighborhood? Did a puppet show at the home theater give her a comfort? Probably not.But I do not believe that it had caused any problem to her. Because the estate must have been a sacred hermitage for her where she had concentrated herself completely on writing of many novels and essays

7. Hotel du d’Argent again

Let me refer to the hotel once again. This two star hotel is said as ranked atop as no.1 or 2 in the city and very popular. The two story-high building like an inn does not pose any pressure, but rather friendly closeness. Two star should not be taken as such as inferior class. It is just right for average Japanese who want to relax and care free.

Except at meals, we had spent the whole day at the annex, each in his or her way. That was very enjoyable. At meal time, the hotel kindly had set up a long table for us in the dining room to face each other, eating, drinking and talking. Breakfast was served in smorgasbord plan, but lunch and dinner dishes in full service, with thickly cooked meat in the French way always accompanied by rose or red wine. Interesting enough was a menu written in Japanese as well as in French. The automatically translated Japanese from French gave us a big laugh because those two languages differ entirely. Such was offered as a topic for the day. The hotel is fully equipped with a Wi-Fi, so there was no problem for using a smartphone or tablet as far as you bring in a plug C adaptable to France with you.

One night there were a crowd of young people well-dressed around a vintage car, talking joyfully in the hotel parking lot. The scene apparently indicated the city was a route of Le Man rally between Paris and Nice. On the wall of a warehouse in front of the hotel was pasted a poster of Circus to be held on August 26 and 27. I had seen it nostalgically, remembering a circus in Japan was now a past story.

8. Prof. Henry’s lesson scene

 Now is the time for description of Prof, Yves Henry how he had conducted his class in the seminar room at the annex. The room is around 50-60 square meters wide with a big grand piano in front and about 30 chairs behind. Two fans installed high above the ceiling was rotating gently. Below one of them was a student playing the piano, while Prof. Henry listened very carefully and attentively to her, standing in white shirt and jeans. He had a pencil among the fingers with thumb and index finger hoisting up, waving both hands and arms very rhythmically to the tune of piano. At one time, he sat down in the chair as if he had meditated and at the other he had stood up with his eyes bulged open, waving his hand and fingers ups and downs or making circles as if he was playing in the air. He told something to her beside the piano, pointing at some part of the music score. Now he sat down at the piano and played in a masterly way. He was very busy and left when everything had finished.

 9. The significance of the travel

A travel of this kind was very good: no need to rush, no need to refill suitcases, and no tiresome bus transfers. While every student was taking lessons or doing practices, I confined myself at leisure in my room, relaxing, writing essays in Sand’s spirit, sketching on pictures taken around the city and the hotel. Sketching had made me conscious of many things otherwise ignored that also presented many topics for essays. If tired, all I had to do was lying on the bed. Mrs. A, elderly lady said.” This travel is the best I have ever made. I could relax and sleep very well. I could refresh myself in the best way.”

 10.   La Gargilesse, landscape Monet painted

Today we made an afternoon trip to La Gargilesse in the countryside, a hot spot for impressionists to paint landscapes where a George Sand villa stands.

The microbus took us there, 45 minutes away from La Shâtre. It had run through forests and bushes along a narrow country road, now well paved but not two hundred years back, full of dust. I imagined Chopin and Sand on a wagon to follow the same route of this uneven road, shaken and swayed. Daytime would have been much nicer than a moonless night when a pitch darkness only dominated and covered everything so that a little Aurore could not tell forests from woods at all. She desperately walked all night by a dreadful marsh around only to find herself back to the original point. I imagined La petite Fadette .

I see that such landscape was no wonder in those days. But still I questioned myself how little Aurore grown up in this environment in her childhood had become such a novelist, a critic, and a feminist dressed like a man. It is incredible. If raised in Paris, such she would be possible. But it is impossible here.

The lady, Sand became acquainted with Chopin and soon fell in love with him.  In her childhood, she dreamed a dream in the country, praying that someone must take her to that bright moon. Such a lady always rumored in Paris to be a man-hunter had eventually discovered such a traveler to the moon with her. It was Fredelic Chopin.

Well, we reached La Gargilesse.

At a glance it was like country landscapes seen anywhere in Japan, Minoo ravine near Osaka, for instance, except the shapes and colors of houses and the rural atmosphere they create. When driving through the countryside in Japan, we often came to see a black and white combination, white walls and black fences while here in France every house is colored brownish and sharp dark with steeply pitched roofs with chimney on top. The atmosphere is totally different. The flowers placed in the window panes or the entrance of each beige colored houses were very beautiful.

George Sand villa and a castle in a small village.

Inside the house were various relics of George Sand together with a chart of her family tree on the wall, old dessin sketches by her son, Maurice or articles of her daughter, Solange and so on. The house, not so particularly big, had been conserved by Maurice’s daughter, Aurore Dudevant until her death in 1961.

A small castle, whose lord is an acquaintance of Prof. Henry gave us unforgettable experiences from looking at genuine oil paintings by impressionists or post-impressionists at the gallery inside to spending a while breathing fresh air in the spacious garden outside of the castle.

Prof. Henry had told me beforehand that the region was so abundant in beautiful sceneries that many artists including Monet, of course, came to paint them from every part of the country. At the gallery I bought a collection book of such artists for 25 euros, which is my only souvenir for the whole trip. I could see some familiar paintings in pages of the book.

We had seen a lot of things here, but strangely enough, something was missing. That was the river, drawn in paintings but not present before our eyes. So I asked the bus driver to do us a favor of making a detour to rivers close-by. Then, it was. But that was not big to see but only a small one. We should go further to see the big ones.

11. Wrap-up concert in Prof. Henry’s house.

On our way back from La Gargilesse we dropped in Prof. Henry’s great house, about 2 kilometers away from La Shâtre to do a wrap-up concert by all of us at the hall, that was the turned barn. The atmosphere of this hall was superb in that it was just like the nineteenth century society Chopin and Sand had ever lived. After the concert we gathered around a table with wine and crackers on it to exchange conversation with Professor and his wife, Mijo. The scene looked like Dejeuner sur Herbe , oil painting by Monet.

12. Good-bye to La Shâtre.  See you again next year.

The last morning had come to say adieu to La Shâtre. It was a bit cool. We all got aboard the bus while prof. waved his hand to us. Bye bye to La Shâtre. The microbus had passed through villages crowded with people on Sunday markets and arrived at Chateauroux. The church bells in front of the station sounded solemnly and echoed long in my mind.

 13. Half day sightseeing in Paris

 The train came into Austerliz station in Paris. The station was dim-lighted and a bit dirty, completely different from Shinkansen or bullet train station in Tokyo, clean and shining. To me darker tone is more favorable than shining because the former brought me a kind of nostalgia. What feeling did Chopin have when he returned from his exhausted trip by wagon and saw the grandeur of buildings in the city? Was the city more appealing to him or country?  I had an ambivalent emotion that I love both. Possibly he did, too.

 Leaving all our baggage in the hotel, we went out on a half day trip in Paris. The first destination was the graveyard of Chopin. A subway took us there in half an hour.

 The spacious graveyard was dotted with many tombstones each put in a large telephone-box typed compartment. We found that of Chopin’s easily. The red-ribbon tombstone carved with his birth and passing dates was offered fresh flowers. There were quite a few visitors there. At less than ten meters away was the tombstone of a Japanese pianist initialed K.S.. That was rather impressive.

Next we visited was Eglise de la Madeleine where Chopin is deified. The temple was too big to put in my camera. The inside was very quiet and tranquil with a darker painting in the dome but no stained glasses seen anywhere. High above the main entrance was a solemn pipe organ placed.

Then we proceeded to the Place Vendome to see the apartment Chopin had breathed his last. The room was said to be on the second floor of a jeweler’s shop called SHOME, but unfortunately the shop was closed due to summer holiday.

 I once came to Paris long time ago on business but not after that. I was so impressively struck again by those magnificent edifices, stone-based that I came again to admire the European culture and civilization.

We dropped in one of the cafes, not of Starbuck but of a decent kind. I heard that there were over 6,000 cafes of this sort. That is the way we should spend our lives. We strolled around the Louvre and the Seine but I had had no more energy to explore the night city with the other members. All I could do was to drink white beer brewed in France with carpaccio meat to go with it at one of the restaurants turned from a warehouse.

                                                           The end

 

 

 

2017年8月30日 (水)
ノアンを訪れるに当たって

 

ノアンを訪れるに当って

 

今回、皆様とともにノアンの地を訪れることを大変嬉しく思います。私にとりましてもまったく初めてのノアンで不案内ですが、互いに助け合って楽しい旅にしたいと思います。

以下は旅に先だって私が私見を交えて綴った「旅のしおり」のようなものです。行きの機内ででも一読していただければ少しは旅の参考になるかも知れません。

 

私は、39歳で生涯を閉じたショパンにとってノアンという地が一体どのような意味を持ったのか、またあの美しい数々の曲を作曲したショパンとはどのような人物だったのか、何がその想像力の源泉だったのかなどが知りたくてこの「旅のしおり」をまとめました。

 

私たち現代に生きる者は、ノアンの地など特急で行けばパリからわずか2,3時間で行けるところと気安く考えてしまいます。が、今から180年前、ショパンが27歳の頃、パリからノアンまで行くには馬車で約30時間も掛ったようです。そのような思いも少しは馳せて、当時の世界を覗いてみたいと思います。

 

ショパンが友人のグジマワに書いているところによりますと、

「パリからシャトルーまでは急行の乗合馬車に乗ると、翌日正午までには着きます。

シャトルーからは、ラ・シャートル行きの駅馬車に2時間半乗るのです。この家(サンドの館)の前で降りてください。」(ショパンとサンドp74)

急行の乗合馬車とか駅馬車がどのようなものかはっきりしませんが、ショパンが乗った郵便馬車の場合は、時速約8キロでした。言うまでもなく郵便馬車は郵便物を運ぶ、軽量の馬車で、初めは三頭、やがて4頭の馬が引っ張りました。郵便物の他に三人の旅行者を乗せることができ、乗合馬車よりははるかに早く走りました。2リュー(=8キロ)毎に置かれた取扱所の間を50分から55分で、つまり、時速八キロ強で走りました。

 

何という長旅でしょう!休みなくガタガタ道を眠ることなく走りました。虚弱なショパンには耐えがたい旅だったと思います。

 

ノアンって? ショパンとどんな関係があったところ?

 

ノアンは、ショパンの恋人というか愛人のジョルジュ・サンドという女性の故郷です。ポーランド出身のショパンにとって、このような土地に来るとは、30歳近くまでは思いも及ばないことでした。

 

ではまた何で?

 

フレデリック・ショパンは1810年、ポーランドのワルシャワ近郊に生まれました。

10世紀頃に誕生したポーランドは、東はロシア、西はドイツ、南はオーストリアの大国に取り巻かれていて、歴史上しばしば版図を広げたり狭めたり、一時は地図上からその姿を消すこともありました、激しく盛衰を繰り返してきた国です。

現在のポーランドも第二次世界大戦後に誕生した国です。

 

ショパンが20歳になった1830年頃も、やはり周りの国に干渉され、ショパンは否応なく愛する祖国ポーランドを離れざるを得なくなりました。

一時、オーストリアのウィーンに出ましたが、ここはいわば敵国ですから歓迎されませんでした。

そこで次に向かったのがパリです。パリに向かう途中、スチュットガルトでワルシャワ蜂起(祖国奪回のため起こした運動)が鎮圧され失敗に帰したことを知ったショパンは愕然とし、もはやポーランドには帰れなくなりました。「革命のエチュード」はこの時のものです。

 

パリはどんなところ?

当時のパリはヨーロッパにおいてもっとも芸術の発達したところでした。フランス革命からまだ40年ぐらいしか経っていません。この革命が起こるまで気ままに国を支配していたのは王侯貴族で一般市民は惨めなものでした。

しかしこの市民革命で王族は処刑され、王政が共和政に取って代わり、新しくブルジュワ階級(富裕な市民階級)が台頭してきました。

その結果、音楽について見ますと、それまでの宮殿や教会に代わってブルジュワ階級の大邸宅の客間(サロン)が音楽の場になってきました。

音楽は、古い時代には「職人芸的うまさ」がものを言いましたが、新しい時代になると「芸術家の独創性」が評価されるロマン派の時代になりました。まさに個性の花咲く百花繚乱の時代です。

 

中でもピアノの場合はフランツ・リストとフレデリック・ショパンがその双璧でした。しかし両者の演奏スタイルは全く違いました。

ハンガリー出身のリストは音楽史上もっともモテた男で、リストが音楽ホールのエラール(製ピアノ)で華やかに超絶技巧を弾くと聴衆が熱狂し、はては失神する女性も続出しました。

 

かたやポーランド出身のショパンはホールではなくサロンの華でした。上流階級の大邸宅の大広間で夜な夜な夜会(スワレ)が開かれ、ショパンが演奏しました。

 

育ちの良さを感じさせる上品で優雅な物腰、洗練されたセンスの良い身なりをしたショパンが、プレイエル(製ピアノ)で哀切な美しい曲を奏でると、そこに集まった紳士淑女たちは感涙にむせびました。

 

1836年、秋の終わり、リストの愛人邸の夜会にショパンが招かれました。そこには音楽や絵画、あるいは文学に関心のある著名な文化人が多くいました。その中に葉巻を悠然とくゆらした、ジョージ(=ジョルジュ)という男性名をペンネームにした男装の麗人が座っていました。

フレデリック・ショパンとジョルジュ・サンドが初めて出会った瞬間です。ショパン26歳、サンド32歳の時です。

 

すらりとした中背、ところどころに灰色がかった金髪、暗い影を宿した鋭いまなざし、鷲鼻、その存在全体から感じられる、貴公子然とした男性、噂には聞いていたが、そんな異国から来たショパンを一目見て、この男装の麗人サンドは何を感じ、何を思ったでしょうか。

 

そのサンドは当時のヨーロッパにおいて最も醜聞で聞こえた女性でした。時代を先取りしたともいえるが、時代に反逆した女流作家であり女性解放論者でした。そんな女性が、こともあろうに当時最も社交界の寵児としてもてはやされたショパンにはじめて会ったのです。サンドが男性的であるのに対しショパンは女性的、この逆対照的な二人に社交界は好奇の目を向け、ゴシップのタネにしたのはいわば当然でした。

 

どうしてまたこの二人が…

サンドは18歳のとき愛情のないままノアンで地方貴族の男爵と結婚しましたが、狩猟だけに関心を示す凡庸な夫に愛想を尽かし、精神の昂揚と自由を求めて二十代半ばにパリに出ました.パリではいろんな男性とのとかくの噂も流れましたが、サンドが芯から愛する人は現れませんでした。

 

そのサンドがショパンを見て動かされました。彼女の鋭い感性が直ちにショパンの天分を見抜き、音楽家というより詩人としての真価をみとめたのです。

 

当時、ショパンには祖国ポーランドに許嫁になった、愛する女性、マリアがいました。しかし諸般の事情からついに正式の婚約に至らず意気消沈していました。

 

サンドはショパンに好きな人があることを承知しており、ショパンが自分とマリアのどちらを取るか、大変気を揉み、やきもきしていました。

 

サンドは、自分を決して移り気な女とは思っていません、本当に自分を愛してくれる人なら私も一途に愛するといっています。

サンドは、ショパンとマリアの仲が破談になったことを知って自分の意志を固めました。

 

ではショパンの方はサンドをどう感じたのでしょうか。

内気で神経質なショパンは、はじめこのサンドをいけすかない女と思ったようです。田舎にいるサンドから何度もノアンに来るように誘われましたが、ついにショパンは行きませんでした。

 

しかしその後、一年三ヶ月が経ってパリで再会して以来時々夜会で逢うようになりました。肌の艶には欠けているが、髪は黒く豊かで、その目には「イタリア人のような豊かな表情が浮かび、神秘的な」柔らかい光が漂っている、そんなサンドは外見に似合わず、意外に内面は女性的であり母性愛に富んでいることを発見します。お蔭でマリアとの破断の傷心も癒やされて、ショパンから積極的にサンドを愛するようになりました。

 

ちょうどその頃です。二人にとっての共通の友達、画家のドラクロワが、夜会で美しい曲を弾くショパンとその姿と曲にうっとりしているサンドのツーショットの図を描きました。その図はその後ショパンの部分とサンドの部分に切り離されて別々に違

う美術館に飾られました。

 

意気投合した二人は1838年の11月から翌春にかけて暖かいスペイン領のマジョルカ島で過ごすことになりました。一つにはパリでのとかくのゴシップから二人して逃れることでした。またもう一つは病弱なショパンとサンズの息子、モーリスの病気を癒すための旅でもありました。

 

しかし、この約5か月に及んだ旅は散々でした。この旅については後述しますが、病気は治るどころかむしろ悪化しました。地元民からは孤立、軽蔑の眼でみられ、無い無い尽くしの中で、苦しい旅を続け、ほうほうの体でフランスに逃げ帰ってきました。しばしマルセイユに留まって後、馬車で北上して落ち着いた先がノアンの地でした。

 

ショパンにとって初めてのノアン、自然豊かで緑が滴り、小鳥が囀る静かで平和な田舎でした。すっかり気に入り、それ以後七年間、毎夏パリからノアンにやってきては、静かなサンドの館で作曲に専念しました。彼の作曲した曲の七割はこのノアンで作られたものでした。

 

 

ショパンの性格と力の源泉

 

では次になぜショパンはあのような美しい曲を作曲し続けられたのか、その性格や力の源泉を考えてみたいと思います。

これを考えるに当ってはショパンの死(1849年10月)の直後からショパンについて書いたフランツ・リストの評が参考になりました。

 

病弱に生まれたショパン、死も覚悟

 

ショパンは生まれつき病弱で虚弱でした。家中が心配すると同時に、ショパン自身、いつ死ぬかわからないわが身をかこちながら毎日を生きてきました。これが彼の性格形成に響かないわけがありません。

 

苦しみから身を護るために不愉快な物には一切目をつぶり、耳を塞ぐ習慣を意識的に作り、喜びを与えない現実を離れて、夢想の世界に生きてきました.物静かで敬虔、勤勉で清純、他人に対して慇懃だがクール、それは秘密を愛するショパンのこのような背景からでした。

 

ショパンの家庭はフランスからポーランドに帰化し、ワルシャワでフランス語の教師をしていた父親と遠くには貴族もいた高潔なポーランド人の母親とピアノを弾く姉がいました。金持ちではないが敬虔なカトリック信者で、徳に篤い清純な一家でした。

 

このような状況と環境に生まれ育ったショパンは、生来肉体も精神も華奢で繊細、15歳ぐらいになった時には奥床しさも加わり、年齢も性別も超越した不思議に美しい顔立ちをしていました。まるでそれは中世の詩人が歌い上げた美しい天使の理想的生命を見ているようで、清純で、聖い悲しみを湛えていました。

 

ショパンのあのビロードのように優しい柔軟な発想も、埃を一度もかぶったことのない道端の草花のように、新鮮で清い想像力もこのような環境から生まれました。

 

ショパンは早くから音楽の勉強を始め、バッハの弟子だったジブニーから古典音楽の様式を学びましたが、真面目で良心的な彼は音楽家としての華やかな将来を夢見るよりも熟練した有能な音楽教師になることが夢でした。

 

ある公爵の経済的援助で公立中学に入り、そこで知り合った別の公爵兄弟の家によく休暇に行きました。ある時、その母、公爵夫人から、「あなたは詩人ね」と絶賛されました。ショパンは自分の天分が理解されたことの喜びをこの時はじめて味わいました。

 

この公妃のサロンはワルシャワでもっとも溌剌として洗練されたサロンの一つで、当時、華麗と洗練と雅到で鳴り響いた社交界の華でした。ここで名流貴婦人たちがしばしば顔を合わせました。

 

そんなわけでショパンは若い時分からこれらの貴婦人が踊るステップを演奏に表現してきました。踊りが高潮してくると、彼女らは熱情的な踊りの中にも優しい心を宿していることをショパンはすみやかに読み取りました。それはポーランドの詩的理想でした。

 

この詩的理想は、倦怠と幸福、激情と悲哀が織りなす複雑な理想でした。彼の指がピアノの鍵盤の上をさまよい、突然、哀切な和音を弾かせると、みなが感涙にむせびました。

 

この哀切さは何でしょうか。

 

ポーランドという国名はポラーニエ(平原の民)が語源です。その平原の一部が亡くなる、いや全体も亡くなる、その悲哀は如何ばかりか、周囲を海に囲まれ海に守られたわれわれ日本人には計り知れません。しかし、それは大きな会社に吸収合併された小さな会社の悲劇かも知れません。昨日まで有った会社が今日から無くなる、その悲哀の捨て場所は同じ境遇に会った者同士の集まりです。小さいながらもれっきとした明るい社風があった、それを懐かしむ気持ちが哀切な響きだったに違いありません。

 

20歳前後にして祖国喪失の悲哀を味わったショパンはそのピアノの調べに筆舌に尽しがたい詩情を込めました。ピアノの詩人と言われる所以でしょう。その祖国を想う気持ちは一生消えることがありませんでした。

 

ショパンの音楽は優しかった

 

このように貴族階級と常に交わった環境から、ショパンはいよいよ貴公子然とし、所作振る舞いも上品でかつ優雅、身の回りのセンスもよかったものと思われます。ピアノの才には天分がありましたが、憧れたのはモーツァルトで、楽想が逞し過ぎるベートーヴェンや悲嘆に暮れ過ぎるシューベルトは彼の好みではありませんでした。

 

パリに出てきてからショパンは多くの貴婦人にピアノを教えました。噂が噂を呼んで貴婦人が集まってきました。その第一号が何と大富豪のロスチャイルド夫人でした。そのレッスン収入はコンサートのそれをはるかに上回りました。

 

ショパンの詩情に殊の外強く打たれたのはサンドでした。ショパンの演奏を初めて聴いたサンドの眼は真っ直ぐにショパンに向かい注がれていました。ショパンも直感でこれでサンドが只者でないことを見抜きました。

 

ジョルジュ・サンドとはどのような人物か

悪しざまに言われることの多いジョルジュ・サンドですが、その生い立ちを辿ると彼女の宿命がよく分かります。

 

生まれはパリですが、育ちは今回行くフランス中部の農村地帯、ノアンで、少女時代は野生の少女でした。複雑な家系と家庭事情から幼い頃からいろんな局面に立たされ苦悩は絶えませんでした。それだけによく気が付き、よく気が回る、非常に賢い、感受性に富んだ少女でした。長じて女流作家になりますが、彼女の書いた田園小説は多分に自叙伝的で、それを読むと彼女の若い時分がよく解ります。

 

その一つに、主人公が自分の少女時代に重なるという「愛の妖精」があります。この主人公は少女ファデットですが、これを読むと幼い時から実によく他人の気持ちが分かる、まことに賢い少女だったことが解ります。ラ・シャートルには同名のホテルがあります。

 

サンドは世故にたけた女性ではありましたが、田舎育ちだけに夜空に輝く星月に夢を繋ぐような一徹な純情、詩情、理想を抱いていました。この清純さに応えられる男性はショパンが現われるまで現われませんでした。

 

マジョルカ島の旅はどんな旅だった?

 

同じような清純さと詩情を持ったショパンとサンドは共通の理想卿、「幸福の島」、マジョルカ島に旅をします。パリの社交界に疲れ、病気を病んでいたショパン、同じく病気に悩んでいたサンドの息子、モーリスの健康回復を願っての旅でした。

 

時は1838年、ショパンが28歳、サンドが34歳の冬から翌春にかけての旅でした。

 

幾多の苦難をなめ地元民の嘲りと軽蔑の視線を浴びながら、この島で一冬を過ごしました。

 

たとえばこんな風です。

ショパンはある日、ひとりでマジョルカ島の中心、パロマから北へ18キロ離れた山中のヴァルデモーサ修道院へ、いつものように、スプリングのまったくない、きわめて原始的な馬車で、あちこちに並外れた険しい起伏のある、でこぼこ道を辿って行きました。

また、

サンドは一人で暮らすショパンが心配でなりませんでした。「大雨の続く中、人けのない修道院で一人どのようにクリスマスや新年を過ごしているのだろうか。」と案じ、また「ミサに一度も出ない異邦人のショパンにはだれも食料を恵んでくれず、廃墟となった僧院の壁を激しく打つ雨の音を聴きながら、いつも変わらぬ単調な日々を過ごしているに違いない、哀れなショパン」と想像するのでした。

 

12月21日、ついにショパンはプレイエル社からピアノの到着通知書を受け取りました。この待ちに待った楽器はスペインの税関に留め置かれていました。サンドは、

一日も早くショパンを喜ばせようと、土砂降りの中、一時的に晴れ間がのぞいた朝、12キロの道のりを馬車でパルマの税関に出向きました。税関では輸入関税として法外な金額を要求されました。激しく抗議しましたが、なすすべなく万策つきてパルマのフランス領事に力添えを頼みました。結局、入手できたのはそれから三週間後のことでした。

また、

「ショパンは、何一つ飾りのない、むき出しの漆喰の壁に囲まれた、わびしく陰鬱な部屋――その隅に置かれた粗末な寝台に病み衰えた体を横たえながら、在りし日の自分、シャンデリアがきらめくパリのサロンで、衣擦れの音と賛嘆のため息を、背後に感じながら、ピアノに向かっている自分の姿を、どれほどの焦燥の思いで、深い闇の中に凝視していることだろう。」と、サンドは思いに耽り、「今のショパンにできることは、体を疲労困憊させる激しい咳や熱にもかかわらず、粗末なマジョルカのピアノを使って、『プレリュード』を完成させ、一刻も早くフォンタナに送ることだけだった。」とサンドは述懐しています。

 

サンドは旅の終わりにこのようにいいます。これまでの旅で最悪。地獄のような悲惨な状態でした。嫌悪感を抱くような土地柄と気候、不誠実で野蛮なカルタゴ人、狂信的なスペイン人、陰口どころか、石を投げてわれわれを迫害しました。おかげで病気になるは、物は盗まれるは、搾り取られるはで散々、ぼろを着て憂鬱な気分で帰ってきました。

といいつつ、一方では、

でもマジョルカは世界一美しいところです。椰子、アロエ、レモン、オレンジ、サボテン、何と見事な植物相でしょう。地中海、海岸、アラビアの建造物、廃墟となった修道院、何という美しさでしょう。何という静寂、人気のなさでしょうか。

 

当時にしてもあまりにも悲惨で過酷な旅、今日のわれわれには信じられない旅ですが、サンドはこの旅を最後に次のように総括しています。

 

「この隠遁生活のおかげで与えられた自由、これに私達は大満足しています。仕事を持つ身の私達には、人生のなかのこうした詩的、ポエティックな幕間は、ほんの一時的な休息に過ぎません。この心地良い静寂、誰にも乱されない落ち着いた隠遁生活、この後に、再びパリの生活が始まるかと考えると、それだけでぞっとします。けれども、人類が遂げている進歩の光景を何一つ目にすることなく、いつまでもここに暮らすことを考えると、これまた死ぬほど怖しい気がします。発達の遅れた民族がどんなものか、みなさんの想像を絶します。」と。

 

それにしても、なぜ、このような過酷な旅を「幸福の島」と名付けたのでしょうか。ここにこそこの二人の真骨頂が凝縮されています。それを一言でいうと二人とも詩人だったからです。

 

「幸福な島」へと、魔法の貝に身を委ねたサンドには現実の生活は霧のようなものでした。サンドは暗い森に沈む月の光を見ては、あの遠い国へ一緒する男性が現われないかと強く望んでいました。そこへ現れたのがショパンだったのです。ショパンは形而上的な天上の世界に接している「不可能」なものを夢のように追い求める芸術家でした。

病身だったショパンがこの旅で一時的なりとも生気を取り戻したのは、単に気候の所為ばかりでなく、彼は、むしろこの旅を人生における最高の魅力ある旅と心得、生きようと思ったから生き残った、その意志力の強さが肉体に好影響を与えないはずがありません。彼の最も輝かしい内的な光がこの時ほど輝いたことはありませんでした。

 

そしてサンドはショパンが病気の間、片時もその枕辺を離れず、母親の気持ちになって第三の子どものように扱いました。またショパンはショパンで献身的に自分の面倒を看てくれる母性的なサンドを献身的に愛しました。

 

マジョルカ島を離れ、フランスのマルセイユまで帰ってきました。そこからノアンまでは馬車で一週間です。ローヌ河沿いを北上し、馬車はついに、サンドが愛してやまない<黒い渓谷>に入りました。そして6月1日、夕刻、馬車は城館の鉄格子の大門の前に止まりました。

とうとうノアンに戻ってきました。申し分ない気分。美しい田舎、ヒバリ、ナイチンゲール、緑滴る中で旅の疲れを癒した二人でした。ノアンは平凡そのものですが、二人にとってはまさに理想郷でした。

 

今から行かんとするノアンはそういうところです。みなさん、われわれがショパンやサンドになってこの地を追体験しようではありませんか。

 

ショパンにとってノアンはどんなところ

苦くも自由な旅体験をしたショパンにとってノアンはどう映ったでしょうか。

 

美しい自然に囲まれた静かな生活、きっとショパンは喜んだに違いありません。しかし時間が経つにつれて田舎暮らしは単調で退屈になってきたかも知れません。なんといってもショパンは都会育ち、パリの賑やかさや社交界の浮き立つような華やかさに慣れ親しんできたのですから。

 

しかし、とにかく朝から晩までピアノに向かって創作に打ち込めたこの地に心底、満足していたでしょう。

おわり

 

(中西隆夫 2017年7月10日記す)

 

438162377f7365f5ddb493adeb7de806[1]ed7a8f31f6c463ba8b77b1497eb97764[1]5e602816c093043c965f0de1b16f1754[1]e97a147555b86e15774715b0a6fc6319[1]7432b32bce101860193a92598b806c8e[1]49725a4a99cb221e4e47e7705f3edbb5[1]e2cbc361f6ae94999a5f4412f89b0e17[1]

写真付き

はじめに

この8月下旬、バラードやノクターンなどの名曲で知られるピアニストで作曲家の、フレデリック・ショパンとその愛人、ジョルジュ・サンドの軌跡を追ってパリとそこから3時間南下したフランス中部、ノアンを訪れた。今でこそ3時間そこそこで行けるところだが彼らの生きた19世紀中頃はパリから馬車で30時間も要した草深い田舎だ。

パリ生まれながらこの田舎育ちのサンドがワルシャワという都会出のショパンにパリで恋をし、二人して「幸福の島」マジョルカ島へいわば一種の駆け落ちをし、戻って落ち着いた先がこのノアン、サンドの郷だった。

19世紀前半、パリの上流階級社会で持て囃され過ぎて心身共に疲れ果てたショパンはこの地をこよなく愛し毎夏パリからやって来てはここで多くの作品を手掛けた。

一方、サンドはこの森深い田舎出ながらその賢明さでパリに躍り出て一世を風靡した女流作家でありフェミニストである。

このようなゆかりの地でパリ国立高等音楽院の作曲科とピアノ科のイヴ・アンリ教授がわれわれThe Music Center Japan のためにピアノセミナーを開いてくださった。

今回、初めて実際に訪れてみて、この地が喧騒な二十一世紀にあって十二,三世紀に逆戻りしたようなサンルーム的鄙びの世界であることに驚嘆した。印象派画家モネが好んで描いた風景がそのまま残り、その中にサンドの別荘もあった。

帰路、パリに立ち寄って半日過ごしたが、ここはノアンと真逆、田舎の鄙(ひなび)に対して都会の雅(みやび)があった。パリの石造り文化や文明の上に花咲いた芸術的境地を味わい、やはり人生には、ショパンやサンドのように、また今回招いてくれたイヴ・アンリ教授のように、雅と鄙の二つの世界が必要だなとつくづく感じた。

これを第一回に今後も続けて行くつもりでいる。下述するのは私の今回の旅エッセーである。参考になれば幸いに感じる。

 

 

 

 

 

フランス中部、ノアンへの旅

1.旅の序奏

パリ、ド・ゴール空港を後にしたのが8月22日の午後8時半、一行12人はタクシーに分乗してホテルに向かう。午後9時近いというのに空は薄赤紫色、空港から市内までおよそ45分、しばらくは殺風景が続くが、市内に近づくに連れ、パリらしい雰囲気が漂い始める。背の高い街路樹が多く、その間から先端がチムニー(煙突)で凸凹した茶褐色やベージュ色の建物が覗く。セーヌ川を渡ってしばらく行くと目指すプルマン・パリ・ベルシー・ホテル(図1)があった。女性に人気の垢抜けした四つ星ホテルだ。

 

2.フランス中部へ
明けた翌朝は薄ら寒い。ホテルから10分足らずの古いオーステルリッチ駅から頑丈な背の高い列車に乗り込むと、やがてアナウンスも何もなく静かに滑り出した。

フランスの中部を旅行するのは初めて。どのような景色、光景が待ち受けているかと好奇心をそそるが田園風景(図2)が広がるばかり。見渡す限りなだらかな、波打つような平原、時々田畑に高い潅木が一列に並ぶ緑の森林が続く。牧歌的な風景だ。おそらく今走っているこの路線はショパン時代には馬車が走っていた道に違いない。そうだとすればショパンが見たと同じ風景を見ていることになる。

 
3.パリから南下2時間

シャトールーからラ・シャトルへ

2時間15分でシャトールー駅に着く。迎えのマイクロバスが平原の一本道をひた走る。ノアンを通り越して45分でラ・シャトルという名の小さな町に着く。町の入り口に宿舎、ホテル・リオン・ダルジョン(銀の獅子ホテル)(図3)はあった。
あぁ、なんという鄙びだろう。この言葉以外に見つからない。この地を訪れる人は音楽家かル・マンのラリー関係者ぐらい。ショパンとその愛人ジョルジュ・サンドゆかりの地、ノアンに近くこの町でピアノフェスティバルがよく開かれたり、この町がパリからニースに抜けるラリーの中継地だからだ。

もうこの鄙びにぞっこん惚れ込んでしまった。ともかくここでは時間が止まっている。明るく広い田園地帯の中にすっぽり佇む別世界だ。現代という名の騒々しさから隔離されたサンルームのような存在、タイムマシンに乗って一二,三世紀の中世に戻った感じ、それはショパンやサンドが生きた十九世紀と言い換えてもよい。なにせ時間は止まっているのだから中世も近代も変わらない。パリから馬車で30時間も掛けて来た土地柄だ。

ただ現代の乗り物ではあっという間の3時間で来てしまうから頭が容易に現代から中世に切り替えられない。慌ただしい現代がそのまま残ってしまう。さらに日本人はランドマシンに乗るのも下手だから、ここがフランスの片田舎であることを忘れてつい日本感覚で物事を見てしまう。ともかくこの一週間は家族がたむろする居間ではなくて、家族から離れて憩うサンルームの図にしなければならない。とはいうものの、スマホやタブレットを手放せない現代っ子であることも事実、否定はできない。
 

4.投宿ホテルの佇まい

 このホテルには「離れ」(図5)のようなところがある。そこがわれわれの宿舎で、全部で十部屋が用意されていた。二台の縦型ピアノと一台のグランドピアノが置かれ時間を決めて練習したりレッスンを受けたりする。三日間毎日、イヴ・アンリ教授(パリ国立高等音楽院で文化勲章受章者)のレッスンが受けられるのだ。
観光組の私はどうするか、何を観光するか、そもそもそう考えるのが間違い。サンルームに来た以上あるがままのこのサンルームを探索すればよい。ホテルの野外プール傍の長椅子(図6)に横たわって顔を上に上げて天を見渡す。何の声もせずのどかなものだ。クリスマスツリのような左右対照の大木の枝ぶりを見る。そよとも動かない。高い空には午後の薄雲がゆっくり流れ、白い一筋の飛行雲を残し、ぐんぐん青空を切り進んでいく飛行機一機、豆粒のように見える。広い敷地の傍らには小さなアンドル川(図4)が静かに流れ、水魚のオブジェ(図8)が置かれ、小魚の泳ぐ姿が黒い影となって水底に映っている。(図7)先ほどアンリ教授がこの川の右手を上っていくと見どころがあるよと言った。

 

5.ラ・シャトルの町の表情

 

さっそくタブレット片手に一人ぶらぶら散策に出かけた。全てが中世のままだ。アルカイックな灰褐色の、今にも剥げ落ちそうな建物が並ぶ。曲がりくねった石畳みの狭い上り坂に沢山の乗用車が駐車したり、ノロノロ走っている(図9)。現代文明が顔を出すのが邪魔だが、レーサーの町だからと辛抱する。あの高いところに細長いゴシック建ての教会の塔が見える(図13)。あの辺りが町の、いや、村の中心だろうと見当を付けて、西日に照らされた建物の黒い陰を踏みながら上って行く(図12)。やがてマルシェ広場に出る(図16)。いかにもヨーロッパの村だ。本屋があり薬屋がありレストラン(図11)がある。が、コンビニはない。古い建物と建物の間の何気ない辻が思わぬ古拙な表情(図10)を見せ、二階建てのベ-ジュ色した建物の窓辺に飾られた赤いバラが微笑みかける。
翌朝もここにAさんとFさんの三人で来た。朝の陽光が眩しい。教会の内部に入った。二人は神戸女学院の出身。ここでくしくも三位一体を表わすミツバのクローバーの校章を思い出したらしい。ゴシック型の内部は静謐で白い雰囲気、周囲のステンドグラスは濃いと言うより薄い色調(図15)、やはりここはフランス的だと思ったものだ。日本の急須や湯呑み茶碗を売っている店があった。

ここにはジョルジュ・サンド博物館(図14)がある。ある店に入って店員にフランス語で道を尋ねたら一発で通じたのがうれしかった。しかし博物館まで来ると、今は夏休み、また来年四月にと張り紙がしてあっていささかショックだったが、博物館の前へどこからか一人の老人が現われ、ひと束の町の案内パンフレットをくれたのが情味に触れるようで嬉しかった。

今回のフランス中部、ベリ県はローマ期の名残りのようなところ。滞在しているこのラ・シャトルの町も十二、三世紀に出来た町で、その中央に位置しているカソリック教会がそれを物語っている。日本でいえば鎌倉時代。この町はもともと皮なめしで聞こえた町だったらしい。どうやらそれ以来続く歴史的な茶紫色した石造りの建物も今ではボロボロ。今にも崩れ落ちそうだ。その中の菓子屋で同行者たちは買い物に余念がない。

 

6.ノアンのジョルジュ・サンドの館
今日は全員で7キロ先の「サンドの館」へ 一時間見学に出掛けた。
バスを降りて小道を行くと左手に古色蒼然とした一見土蔵風の小さな聖アンヌ教会(図17)、右手に立派な門構えのサンドの館(図19)、これら二つがそれぞれの存在を主張して対峙している風に見受けられ面白かった(図18)。見学者はかなりいた。ガイドに従って内部の一、二階を見学した。事前に本を読んでいたので今日はショパンの気持ちになって二階の南窓から鬱蒼とした木立の向こうに見え広がる田園風景(図23)を飽かず眺めた。あぁ、この南向きの部屋(図24)でショパンは懸命に楽想と闘ったのか、即興的に弾くのが上手かった彼も、楽譜にするとなるとこの部屋で四苦八苦していたのかとショパンの部屋を眺めつくす。

ジョルジュ・サンド(図20)はダイニング(図21)のここに座り、バルザックやドラクロワ、リスト、愛人のマリー・ダグー伯爵夫人をもてなしたのか。遺品が多くあるが、男性の私にはあまりピンとこないし興味もない。

館横の門から広い庭園に出る(図25)。夏の陽光を浴びてどこまでも続く田園。この館ができる前からあったと視られる古い土蔵のような家がこの館が出来ておもしろくないといいたげに座っていた。田舎には田舎の闘争があっただろう、そんな風情を感ぜずにはおれなかった。

たしかにここはショパンにとって心身ともに健康恢復に役立ち、パリの喧騒から離れてゆっくり寛げもしただろう。が、街ん奴のショパンは同時に退屈もしただろうと同情もした。またサンドはこんなところで父側の祖母と暮らしたのか。周りには何もないではないか。館の中のホームシアターで人形芝居(図22)でも見るのが関の山だったか。いやいや、小説家、サンドにとってはこここそが執筆する神聖な場所だったのだ。日頃テンション族の日本人もここらで数ヶ月過ごせば少しはノンビリするのではないか。あのうるさい駅や列車内のアナウンスから逃れて。そんなことを思わざるを得なかった。

 

7.ホテル・リオン・ダルジョン
滞在しているホテルについてもう一度書いておこう。このホテル 、ホテル・リオン・ダルジャンはこの町では一、二を争う人気の二つ星ホテルだ。パッと見た感じは旅籠風で気取りは微塵もないし、二階建てで低く威圧感もない。二つ星と言って馬鹿にしてはならない。気楽に落ち着ける感じで一般の日本人にはこのぐらいのホテルがちょうどいい。変に澄ます必要もないし肩も凝らない。四つ辻の角に位置し極めて便利。別館も道を隔ててあった。大小十部屋があり、そこがわれわれ一行の貸切りエリアだった。横には川が流れ、大きな庭にはプールが青い水を湛えていた。

食事時間には本館の食堂に行くが、ここで思いのままに時間を過ごすのもおつなものだった。一行のために設えられた対面式の長いテーブルで食事(図26)をする。ワインは赤とロゼ。朝は軽食でバイキングながら昼、夜はたっぷり料理が出る。グルメでない私には料理について云々する資格はない。が、こってりしたフランス料理はやはり肉が中心、面白かったのはわれわれ一行のためにメニューがフランス語と自動翻訳した日本語で書かれていたこと。吹き出しそうな、面白い日本語になっていた。たとえば、「よい妻のタレ」とかソーセージを「食肉加工」、さらに卵料理のことを「完璧な卵(家畜バイオ  M.ルノー)料理方法」とあり、そんな表現も話題にみなして食事をするのは本当に楽しかった。Wi-Fiも完備しているのでタブレットもスマホも大丈夫。プラグさえフランス用のCを使えば問題なし。

この町は田舎のくせにやけに車が多い。パリからニースへ抜けるラリー、ル・マンのラ・シャトル中継地(図27)だからだ。昨夜もホテル前に無蓋のビンテージ・カーが止まり、華やかな男女の一群がその周りを囲んで楽しげに話していた。町は刺激に乏しそうで、今月の今日26日、明日27日はサーカスがあると壁にチラシが貼ってあった。こんな風情が日本にあったのはもう50年も前のことか。

 

8.アンリ教授のレッスン風景
この辺でアンリ教授のレッスン風景を描いてみよう。大きな、三、四十疂ぐらいはある部屋に黒いグランドピアノがわれわれのために特別に運び込まれ、椅子が30個ほど並べてある。梁剥き出しの天井には大きな扇風機が二機回っている。グランドピアノの前にHさんが座り弾いている。その横で立ち居姿のアンリ教授が白いワイシャツにジーンズ姿でじっと耳を澄ましている。右手にペン、親指と人差し指を立て両腕で調子を取りながらピアノに合わせてリズムを取っている。その表情を見よ。じっと目を瞑って聴いているかと思うと、わずかに首を左右に振り大きな目玉をギョロつかせ、左右の手で調子を取りながら指は空間を鍵盤上よろしく柔らかに動き、時に素早く上下したり、円を描いたり、小刻みにゆっくり動いたりしている。ピアノが止まる。楽譜のある個所にペンをあてがい生徒と何事か話している(図28)。ピアノがまた動き出す。役者が変わった。今度はピアノにアンリ教授が座り、同じパッセージを弾く。こんな繰り返しだ。先生は今日も忙しい。われわれのために午前と午後、一定時刻に一定時間、教えては去って行く。一番後ろで聴きながら、先生の腕の動きを見るだけで曲のリズムやメロディが解る思いがした。

 

9.旅の意義

このような旅はいいものだ。忙しくトランクを詰め直す必要もないし、疲れに行くようなバス移動もない。みながピアノのレッスンを受けたり練習をしている間、こっちは部屋に閉じこもって、ジョルジュの気持ちになってこのような旅随筆を書いたり、撮った写真をもとにスケッチをしたりして悠然と時間を過ごす。スケッチでは色々気付くし、それがまたエッセーのタネにもなる。疲れたらベッドに横たわればよい。高齢のAさんが言った。いままで生きてきてこんなにゆっくりした旅はなかった。一番ゆっくり寝たし寛いだ。今回の旅は本当に命の洗濯になったと。

早くも今日はもうここラ・シャトルの最終日だ。午後2時からガルジレス方面に小旅行に出かけることになった。
 

10.ガルジレス、マネも写生にきたところ

 

15人乗りのマイクロバスで四十五分程離れたガルジレスの村に行く。その美しい盆地状の渓谷にジョルジュ・サンドの古い別荘があった。来た時と同じように灌木の茂った田舎道を進んで行く。舗装はしてあるものの一通で対向車線(図29)はない。二百年前は舗装もなく埃が舞い上がっていたことだろう。そのデコボコ道をガタガタと馬車に揺られて行き来したサンドやショパン、どんな思いがしたことだろう。昼間はまだしも夜はそれこそ真っ暗、林か森かも分からない、何が出て来てもおかしくないおどおどした魔の沼のありそうなところを夜を徹して小娘のサンドは隣村まで歩いて行った。進んでいる積りが堂々巡りしてもとに戻っていたと小説にはある。そんな「魔の沼」(サンドの田園小説)や「愛の妖精」のプチ・ファデットを想像しながらバスの彼方を見詰めていた。

なるほど当時の世界はこんな風景が当たり前だったのだ。それにしてもこんな環境で幼少期を過ごした物知らずの小娘、サンドがその賢い頭脳を使って、長じては小説家となり評論家となりフェミニストとなり男装の麗人となった。信じられない。パリの街から誕生したのならまだ解らぬでもないが、こんな田舎からこんな女史が、こんな女傑が出現するとは!!

そして、やがてショパンと知り合い恋に落ちる。幼い頃、この田舎で夜空に輝く月を見て、いつかあの月へ一緒に行ってくれる人はいないかと祈るような気持ちになったサンド、男遍歴を繰り返しパリで醜聞の絶えなかったサンド、その彼女がついに一緒に行ってくれる人を見付けたのだ。その人物こそショパンだった。そんなことを考えているうちにガルジレスの村に着いた。

日本のどこにもありそうな渓谷、たとえば箕面の滝辺りの風景だが家の形と佇まいはまるで違う。日本の田舎を走っていると、土蔵や黒塀のある大きな土色の庄屋を見るものだが、その趣きに近い。傾斜の鋭い茶褐色から焦げ茶色の屋根、そしてどの屋根の端には例外なくチムニー(煙突)が付いている(図30)。あちこち剥げ落ちたベージュ色の壁、窓辺や入り口に鮮やかな花々。日本の家は屋根も壁も灰っぽいがフランスの家は焦げ褐色っぽい(図31)。普段見るこれらの家色が無意識にあるいは深層心理的に貴我の性格に反映しているだろう。密集した村落にサンドの別荘があった。

屋内に入るとサンド所縁の遺物が置かれ、家系図や古びた写真、息子モーリスのデッサン画の数々が飾ってある。決して大きくはないこの家をモーリスの娘、オーロールが1961年死去するまで守り通した。

このサンドの家のごく近くにアンリ教授のよく知る城主の小さな城(図33、図34)があった。中に入るとこの付近を描いた油絵ギャラリーがあり、印象派、後期印象派の画家たちの絵が多く飾られていた(図35)。アンリ教授からこの辺りは絵になる処が多いので国中から画家(図36)が訪れると聞いていた。道理でいかにも印象派らしい絵が多い。あのモネもここにきて作品を残している。にわかにこの辺りに親しみを感じはじめ、この城で印象派、後期印象派の画集を25ユーロで一冊買った。今回の旅行の私の唯一のみやげだ。ページをめくると見覚えのある絵がいくつも出てきた。あぁ、ここがこれらの絵の発祥地だったのか。

しかしおかしい。そこに描かれた川がない。私としてはその川がぜひ見たい。バスの運転手に無理を言って少し迂回してもらうと、あった。あるにはあったが精々せせらぎ程度で(図37、38)もっと大きいのはここからもう少し遠くに行かなければ見られない。まぁ、見ないよりまし。しかしこんなせせらぎでも印象派の手にかかるとこんなにも多色なきれいな景色に化けるのかと驚いた。帰ったら私もここの景色を30号ぐらいで描きたい。

 

11.アンリ教授の家にて

 

そこから帰路についた。ラ・シャトルのホテルから約2キロ離れたところにアンリ教授の立派な家があり、そこに立ち寄り今回の旅のハイライトで仕上げともなる一行のコンサートを行った。大庭園の中にある城のような家、庭の一角にある納屋を改造した広い広い場所で6時半からコンサートが始まった。個人情報に当るので写真ともども詳細は述べられない。残念だが、ともかく19世紀に戻ったような鄙びた空間で弾き聴くコンサート(図39)はまた格別だった。終わって広い庭で交わしたワイン、アンリ教授の奥様、ミジョも現われ華やかさを加えた。その図はマネ描く「草上の昼食」だった。

 

12.ラ・シャトルよ、さよなら、ルヴワール、また来年


さて帰る日の朝が来た。ひんやりとした朝、イヴ・アンリ教授に見送られて帰路についた。さようなら、ルヴワール、またねラ・シャトル(図40)。バスは日曜市で賑わう村を通り過ぎシャトールーについた。日曜の朝、駅前の大きな教会(図41)の鐘が聖なる鐘音を響かせ心に残った。

 

13.パリ半日観光

パリのオーステルリッチ駅構内に列車が入って来た。暗く薄汚い。日本の明るいピカピカした清潔な駅とはまるで違う。どちらが好きかは人の好みによるが、私にはこの無造作な暗さの方が往年の映画を見ているようで匂いが漂う。馬車に揺られてクタクタになりながらパリに戻り街並みを見た瞬間、ショパンにはどんな感慨が走っただろうか。やはり街はいいと思っただろうか、いや田舎がいいと思っただろうか。私とて一端の街ん奴だ。どちらもいいとのアンビバレントな気持ちになった。ショパンも同じ気持ちを抱いたのではないか。
ホテルに荷物を置いて今日半日のパリ観光に出掛けた。地下鉄に乗り行く先はショパンの墓である。うちそとともに清潔とは言えない汚い地下鉄(図42)に乗って降りるとすぐのところに大きな墓地があった。建設現場の仮トイレか電話ボックスのような、大きさの墓標箱が並んでいる。あった(図44)、フレデリック・ショパンここに眠ると。胸像が載った暮石には生年月日と死亡年月日が刻まれ、供えられたばかりの赤い花が置かれてあった。結構多くの人が訪れていたが、手を合わす姿はない。そのショパンの暮石から10メートルと離れていないところにK.S氏(日本人ピアニスト)の暮石があったのが妙に印象的だった。

次に向かったのはマドレーヌ寺院。ここにショパンは祀られている。随分と大きい寺院でカメラアングルに入らない(図45)。静謐な内部に入ると天井の丸ドームにくすんだ美しい絵が描かれていた。が、ステンドグラスは見つからない。入り口上部に大きなパイプオルガンが鎮座していた。

次はショパンが最後の息を引き取ったアパートのあるヴァンドーム広場前(図43)。ショーネという宝石商の二階(図46)にその部屋はあるが、夏休みにつき閉店していて残念ながら見学はできなかった。パリは現役時代に一度来たことはあるがそれ以来なしで不案内だが、その石文化、石文明にはあらためて驚嘆した。フランス人と同じくシックではあるが頑固で強固そう。18世紀以来、このパリが文化、文明の鑑だったのが頷ける。街の建物はどれも美しく優雅で、高いばかりの摩天楼とは一味も二味違う品格がある。一軒のカフェ(図47)に入った。その辺のスターバックスではない。大げさでないつもりでいうが人生の余裕を感じる。ゆっくり憩える場所だ。こんなカフェが6千軒もあると聞いたが、文化文明に対する姿勢、いや人生観が違うと感じた。ルーブル美術館(図48)、セーヌに架かる最も古いポンヌフ(新しい橋)を見て(図49)ホテルに帰った。もうこの私には夜景見学に出掛ける元気はない。かなり歩き疲れた。倉庫跡の大衆向けに改造した大きなレストランで注文したフランス製の白ビールの美味しかったこと、料理に生肉のカルパッチョを選んだがそれが当たり、よくビールにマッチして全部平らげた。
パリの華やかさは抜群、18世紀のフランス革命以後、ブルジュワ階級が逸早く誕生したところ。夜な夜なスワレ(夜会)が開かれ、リストやショパンが社交界の華と持て囃された。リストが大ホール向きの派手さで売り、彼氏が出ると淑女が卒倒したという話もある。が、ショパンはもう少し控えめ目で穏やか。ロスチャイルド家の家人にピアノを教えたのがきっかけで社交界に噂が伝わり、次から次へと貴族夫人を生徒にしたという。

ホテルの壁に貼られたモノクロの写真には往時のパリが写っている。建物はベース変わらないが、街の表情は初期の車や市電で溢れている。これよりも以前のパリ。堅牢なあの建物、この建物に出入りしたショパンの姿を彷彿とさせる。ショパンはもともと北のパリと言われたワルシャワの出身。ある伯爵夫人に幼年期に詩人の魂の持主と褒められた逸材だ。幼少の頃から貴族社会に慣れ親しんで来たからパリの社交界に出ても大して違和感はなかっただろうが、人一倍神経質で病弱だったショパンは社交界の表裏を知り尽すにつけそれから逃れ、自分の生れ故郷、ワルシャワ近郊のジェラゾヴァ・ヴォラの風景に似たノアンが気に入ったのだろう、その郷里に遊んだのもうべなるかなと思った。

 

今回の一週間に亘るフランス中部での滞在は私にとり音楽だけでなく、美術絵画にもあらためて目を開き、ショパンとサンズの物語だけでなくローマから続くヨーロッパ歴史の一端も実感する旅となった。一口に言って今回の旅は見聞きするより感じる旅だった。

一行の中で私をフレデリック、妻をジョルジュと呼んだ人がいた。私は今日からフレデリックとなった。

おわり

 

 

IMG_2667IMG_2670

弱冠28歳の安田英主(やすだひでかず)、桐朋から18歳でパリ国立高等音楽院に留学、ジャック・ルヴィエらに師事し国家資格のディプロマを取得したこの逸材は今日3時半からSalon Classicでピアノソロリサイタルを開いた。なかなか個性派で、見どころがあったし、いい勉強にもなった。

クラシック音楽がイタリアで花開いた18世紀前半頃のバッハとそれから200年が経ったソ連時代のプロコフィエフの二つを弾いた。その対比こそが今日の演奏意義だったと思われる。そこで私は私なりに考えてみた。18世紀の半ばのピアノはまだよちよち歩き、オルガンやチェンバロ、クラヴィコードが主流だったから、バッハも今日の演奏のように音量豊かではなく、もっと弱くもっと優しかったはず。それに引き替え、プロコフィエフの曲は何と強烈だったことか。産業革命を経て発達したピアノは現代と同じくホールに相応しい大音量を響かせ、その上ガンガンと鳴る“戦争ソナタ”はまさしく戦地の機銃掃射を思わす強烈なものだった。

いよいよ今回の訪日も今日(8/16)のリサイタルですべて終了。芦屋の天ぷら屋で打ち上げ、また来年会いましょう。

c8583b055468b589fb04bc26ef6416d4[1]IMG_2657IMG_2660IMG_2661IMG_2662

終戦記念日の昨日、私はあの玉音を聞いた郷里、高槻にいた。それもよくガキの頃訪れた摂津峡近くの摂津響ザールに、アメリカ人ピアニスト、ディヴィッド・コレヴァーとともに。彼の奏でる音も玉音だったが玉音ようが違った。自然の中に佇む摂津響ザールの雰囲気がディヴィッドは好き、私もそう。天井も床も木肌のまま、そこへ黒いスタインウエイグランド、上から暖かそうな照明が照らしている。

今日のプログラムは、ベートーヴェンのピアノソナタ、ブラームスの四つの小品、それにショパンのバラードだった。その一部をビデオでお目に掛けよう。ベートーヴェンは赤黒、ブラームスは青緑、そしてショパンは乳白色、そんなオパールの中にいるようだった。

Yesterday, the 72nd war-end anniversary, I was in my native town, Takatsuki with an American pianist, David Korevaar, who played the piano at Settsu-kyo Saal close to Settsu-kyo rapid stream in the city. He likes the atmosphere of the Saal as much as I do. Natural wooden ceiling and wooden floor, with a black Steinway grand installed under dim lights. Today’s programs were Beethoven piano sonata, Brahms small pieces and Chopin Ballade. You can see some parts of those videos here. I felt as if I was inside the gem of opal: Beethoven, black and red, Brahms, blue and green, and Chopin, milky red and white.

905a7320-3c34-497a-a0b0-4cd7896d6c9b yjimage5N2I8HPI無題

 

2017年8月7日 (月)

昨晩(8/5)FullSizeRender (1)FullSizeRender (2)FullSizeRenderIMG_2517IMG_2525の様子です。(豊中市立文化芸術センターにて午後7時) エレガントな霜浦陽子、オーラを放つ古田昌子、ダンディなディヴィッド・コレヴァー、これら三人が落ち着いたシックなホールで上品な老若男女を前にそれぞれの芸術を披露した。 ピアノ椅子に腰かけた陽子、まるで人魚がピアノを弾いているよう。今日の古田昌子のスリッツの入ったセクシーなドレス、カルメンがピッタリ。本場でオペラを見るのと何の遜色もない。堂々とした貫禄、オーラがビデオを映しているここまで立ち上ってくる。長身のディヴィッド、舞台で見せる冴え、彼はピアノを弾くだけではない。その教養の深さ、生活態度、好みが私をしてダンディと言わしめる。

Elegant Yoko, aura-rich Masako, and dandy David show their own arts before a good many audience of gents and ladies in graceful chic hall. .Yoko looks like a mermaid playing the piano while Masako, wearing a long dress with a slit at the side looks very sexy as she sang Carmen. She is comparable to opera singers in Europe. Tall David is a real genius on the stage. He is not only a pianist but very intelligent thinker. That is why I take him dandy.

IMG_2414今日の歌は文句なしの満点以上。その存在感、落ち着き、貫禄はさすが。本物の国際派である。砂かぶりならぬ声かぶりの距離から彼女の姿を見、声を聴いた。その名はメゾソプラノの古田昌子。神戸女学院卒業後1990年前後から長くスイスで勉強、スイス各地でコンサートソリストとして活動、96年にはイタリア・ミラノに本拠を移し国際コンクール現代オペラ部門で上位入賞を果たしている。さらに、現在はドイツのドレスデンに在住、ザクセン州立歌劇場の合唱団で歌っている。
彼女は単にヨーロッパ各地に長く在住したというだけではない。オペラ歌手としてその身体を通じヨーロッパ人の言葉と感性をマスターし、それと相対化した上での日本語とその情緒をあらためてマスターするのが彼女の仕事だろう。器楽と違うところかも知れない。
この歌っている時の姿勢と表情を見よ。頭の天辺から足のかがとまで常に不動でジェスチャーらしきものもない。声はそうでないと安定しないのだろう。そのわざとらしさのない自然なポーズの中に歌の万感が込められ、顔がシンボリックに喜怒哀楽を表わす。
またそのメゾソプラノの魅力はソプラノのそれではない。いささかダークな声質が大人の感傷を帯び、聴いている側の感傷もそそる。
「初恋や」「荒城の月」の日本歌曲がブラームスやヘンデルなどの西洋歌曲の間に挟まれたのもよく計算してのことだろう。あらためて伝統的な日本情緒を満喫すると同時に西洋の感性にも触れることができた。
坪井真理子との出会いは昨年のここでのことだった。それ以来二人は親しくなりライプチヒでもドイツ人の前で古田がよく日本歌曲を歌っているよしだ。

IMG_240573021f2ce90d55c5841f43b2a3c99ee2[1]IMG_2392

昨晩のsalon ClassicにおけるThe Summer Joint Recital はチェロのニコラ・デルタイユ、ヴァイオリンの東城彩香、ピアノの上田友紀子による室内楽で非常に楽しめた。素晴らしい三人の演奏をかくも身近で聴けるとは実に贅沢なことだ。

ヴァイオリンが一際高く存在感を示すとさすがのチェロも今晩ばかりは少しおとなしの構えだ。曲はシューベルトのピアノ三重奏曲第1番変ロ長調D898。リサイタル後半のプログラムだが、前半も面白かった。

ピアノの上田が武満徹の「雨の樹、素描」とドビュッシーの『版画』より「雨の庭」を弾いた。またヴァイオリンの東城とピアノの上田がスメタナの「我が故郷より」ト短調を奏でたが、「故郷」と聞くとわれわれ日本人は反射的に「兎追いし彼の山」を思い出さずにはおられない。

この「雨」と「故郷」で思わず日本人論が私の頭をかすめた。 武満の雨がウエットとするとドビュッシーの雨はあまりにもドライだ。日本人は虫の声にも心動かすウエットな国民だが、他の国民にとって虫の声など騒音に過ぎないというから、雨の音もそうなるのかも知れない。

またどの民族にとっても「故郷」とは哀愁を帯びたものだろうが、モラヴィア人の哀愁と日本人の哀愁とは異質のようだ。共通する部分もあるにはあっても断然異質の部分の方が大きいのではないか。クラシックの曲解説などで「哀愁を帯びている」とよく書かれているため、その気になって聴いても少しも哀愁が湧かない、感じないのはそれが日本人の哀愁とは違うからだろう。

今日(7/29)の坪井真理子(ピアノ)とニコラ・デルタイユ(チェロ)のデュオ演奏を聴いていると母子のように映った。ともに大変な人気者である。てきぱきした母とおっとりした子、ここが魅力だ。

坪井は京大医学部眼科学出身でドイツに留学したが、留学先のドイツで音楽に転向した秀才ピアニスト。同じ「学」でも「楽」の方がよかったらしい。今やライプチッヒ国立音楽院で非常勤ながら教授を務めている。いつもニコニコした人間性豊かなこの人の回りには以前から京大の音研人が集まるそうだ。素晴らしい左右脳の持ち主である。

子も負けてはいない。優しくて力持ち。一緒に組んで音楽をやりたい人が一杯いる。もう何回目の来日だろう。お蔭でこちとらも忙しい。古楽器、アルペジョーネの奏者でもある。

有名なエリザベート王妃音楽院とジュリアード音楽院の二つを卒業した逸材、今はブリュッセル王立音楽院の准教授である。

今日の演奏曲はモーツアルトやショパンのピアノ曲とベートーヴェンのチェロソナタ、フォーレの小品だった。

f261ffb78702c12329e6c4aa22cd9d8a[1]61c3147e982ffe8298f55e1914a0b699[1]

 

 

一昨日(7/27)の甘美でセンチメンタルなチェロもいいが、昨日(7/28)の手応え、いや耳応えのするチェロ定番を聴いて少しだけ通になった気分になった。昨日、Salon Classicで催した伊東くみとニコラ・デルタイユ氏のプログラムは次の通りだった。

1.バッハの無伴奏チェロ組曲BWV1007、この曲は1717年頃の作品というから300年前に作曲されたことになる。それがカザルスに再発掘されてからチェリストの聖典的作品となったという。この無伴奏のチェロを聴いていると、どこかに祠(ほこら)の空洞感が漂う。

2.次はベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番イ長調Op.69、チェロとピアノがピタッと息が合っている。この曲は1808年に作曲されたチェロの新約聖書だというから上記のバッハより100年近く新しいことになるが、ダイナミックで軽快、実に心地よい。体中のアカが洗い流されるような気分になった。これが新約ならバッハは旧約聖書というべきか。

3.ショパン バラード第3番変イ長調 Op.47 ピアノ・ソロ

4.フォーレのチェロ・ソナタ第2番ト短調Op.117、上品でしっとり落ち着いた美しさ、チェロが光を放てばピアノが影を作る、印象派の画家が描く絵のタッチ、これが今日は一番好きだったかなぁ?!

5.ショパン 序奏と華麗なるポロネーズハ長調Op.3 長くなるので今日はショパンには触れなかった。

IMG_2323IMG_2329IMG_2352

IMG_2315甘美で少しセンチメンタルなチェロの音色、いいですね。チョコレートの色と味がしました。今日はベルギーから来日中のニコラ・デルタイユ氏がSalon Classicの1階サロンで、「午後のひととき」を普段着のまま、12,3名の方々の前でラフマニノフのヴォカリーズやシューベルトのセレナーデ、サン=サーンスの白鳥などお馴染みの曲を奏でてみなを癒してくれました。また今日はわざわざ岡山近くから参加してくださった中川京子さんが、「ロミオとジュリエット」のオペラ曲やG.ガーシュインのサマータイムなど美声を披露してくれました。嬉しいことにこれが今日の私たちのサマータイムでした。それから三時のお茶菓子、皆さん自己紹介しながら大いに喋りました。私が今日特に嬉しかったのは80歳近くの男性が4人も参加してくださったことで、「人生は80から」を今日の合言葉にしました。外は蒸し暑いさ中にあってこの室内は清涼感に満ち溢れていました。ではニコラのチェロを少しばかりご披露します。お聴きください。

 

細身の黒に銀色の点線が眩いクラリネット、そのイメージそのままに北極のオーラを放つロマンティックな陰影、奏でるはスエーデン出身のホーカン・ローゼングレン、ピアノは浦瀬奈那子。このデュオ・リサイタルが7/15午後2時からSalon Classicであった。

 

黒の蝶タイに眼鏡の光るホーカンが吹き始めると、直ちに私の頭を過ぎったのはジャズ・スイングのキング、往年のグレン・ミラーやベニー・グッドマン、二十歳頃に聴いたあの「スターダスト」や「イン・ザ・ムード」のムードが蘇ってきた。その深みのある陰影豊かな、都会美を感じさせる音色の再現に久しぶりに痺れた。

お疲れ様会はわれわれの奥座敷、有馬温泉でひと時を過ごしました。

ashiya flier 1

IMG_2223IMG_2236IMG_2246

 

「風の音にぞ驚かれぬる」とでもいうのだろうか。わざとらしさのない、どこからともなく吹いてくる風、ヴァイオリンとコントラバスとピアノが渾然一体の一陣の風となって鼓膜を揺する、その優しさの中の微妙な変化に小躍りした。スーと入ってスーと抜けて行く、その自然さ、芸術の粋の粋を味わった気分になった。

今日は河村典子さん(Vn)、白土文雄さん(Kb)、久保美緒さん(Pf)のトリオによる「室内楽の愉しみ2017 一音の世界」のコンサートがSalon Classicであった。

なるほどよく考え練られた標題である。楽器を奏でるのではない、音を奏でるのだ。その意のあるところが解った気分になった。もう一つ、プログラム解説がよかった。何かから引用したらしい痕跡が一切ない。聴衆の身になってというか、音楽の専門用語を一切使うことなく、解説者独自の感性でそれぞれの曲印象を短文で非常に要領よく詩的にまとめられていた。音楽の聴き方はこれでなくては、と強く思った。

一言ずつ演奏者をご紹介すると、河村さんは1979年以来チューリッヒ在住、白土さんはジュネーブ国際音楽コンクール審査員、久保さんはチェコ、ドイツ、ロシアで勉強された。この三人が一つに磨き上げた音だった。

IMG_2026

IMG_20170606_0001

2017年7月2日 (日)
Opera Gala Concert

IMG_2159cded5815d721c5c7cb3cb767f29e5cde[1]

圧倒的な存在感、百キロ近い巨漢が広いステージに立って歌う、声量たっぷりの、艶のある、美しい声色、これがベルカント唱法といわれる歌い方なのか!なるほどベル(美しい)カント(歌)だ!!ヴェネツィアから来たオペラ歌手、ロベルト・ボルトルッツィが昨日(7/1)一堂に会する大勢の聴衆をゴクリと飲み込んだバリトンの魅力。他のバリトン歌手とどこがどう違うのか。分からない、でも明らかに違う。私にはその声質が「粒あん」と「こしあん」の違いに映った。声を練りに練って、きれいに均した「こしあん」のような重厚さと丸み。今回もまたThe Music Center Japanならでは企画だったと誇らしく思う。

今回は神戸市東灘区民センター、「うはらホール」でのオペラガラコンサート(オペラの特別コンサート)で、八人のシンガーたちが一緒に歌った。お一人お一人のコメントは割愛するが、一、二の個別写真と華やかなフィナーレ写真、それとロベルトの声の一節をお聴きいただきたい。(残念ながらこのホームページでは不可。中西隆夫のフェースブックを見てください。「うはら」とはちょっと覚えにくいが、その昔、この地方は海原だった。それが「莵原(うはら)」となったものらしい。ロベルトの声は浜辺に寄せては返す波の音とも聞こえた。

IMG_2144IMG_2151

 

2017年6月23日 (金)
西川悟平の世界

昨日と今日(6/21、22)、Salon Classicでニューヨーク在住の西川悟平君のコンサートとトークショーがあった。

その演奏も勿論素晴らしかったが、それは今回は割愛して、トークの内容にふれることにする。

アメリカンドリームを果たした日本人、西川悟平

大阪の堺で和菓子屋の売り子をしていた24歳の青年が、ある日、ニューヨークカーネギー大ホールの3200名の聴衆の前でピアノの独演会を開いて大喝采を浴びた。そうかと思うと、300年前、ジョージ・ワシントンが住んだというニューヨーク市長公邸に招かれて演説と演奏、それが日本に伝わると、今度は日本武道館で一万5000人の前で演奏、今秋はあの世界的富豪のロスチャイルド家の主催でロンドンデビュー、当日はイギリスのロイヤルファミリーも出席されるという。また2020年のオリンピック、パランピックの開会式でピアノを弾く野望を持つ。

この青年も今や42歳となり、昨日と今日、Salon Classicでコンサートとトークショーを開いた、きっかけはわれわれ夫婦が訪日中のThe Music Center, New Yorkのディレクターたち、故ディヴィッド・ブラッドショウとコズモ・ブオーノ氏を同君に紹介したこと、もう20年も前のことだ。ピアノを始めたのが15歳のとき、音楽高校も音楽大学も一切関係ない。

ピアノが好きで同ディレクターたちの前で弾いたところ、ジュリアード出身の巨匠が「見どころ」があると同君をニューヨークに誘った。逡巡したが、こんなチャンスは二度と来ないと一大決心、1999年ついにアメリカに渡った。英語は全然話せなかった。しかし、18年が経った今はバイリンガルの腕前、国連で英語と日本語で司会した。

この青年を見届けてきたわれわれ夫婦、本人以上にその快挙を喜んだ。同君のニューヨークにおける生活も垣間見てきた。その快挙の裏には並々ならぬ努力もあったが、持ち前の明るさと人間愛が幸運を呼び寄せた。

それに何でもみなと同じ行動を好む農耕型日本人の中にあって、独り、狩猟型を好む好奇心旺盛な男だった。二人組みの泥棒に入られて戦々恐々しながら、「話してもいいか」と言って、相手からその身の上話を聞き、ピアノを弾いてホロリとさせ、その泥棒殿を後日カーネギーホールに正式招待した話やホームレスの人間に真新しい着物を恵んで、後日、忘れた頃に立ち直った彼から改めて感謝された話とか、話は尽きなかった。

彼には一冊の本がある。「七本指のピアニスト」だ。ニューヨークの紀伊国屋書店のベストセラーになった。ピアノを弾きまくってジストニアになり、やっと今、七本指を動かせるようになった。聞くも涙の物語だった。
オバマ大統領に会ったり、ローマ法皇に会ったり、あり得ないことばかりやってきた、こんな変わった日本人、同時に、
英語を現地人並みに流暢に喋り、社会に寄付という形で恩返しするアメリカ人魂を心底から体現した悟平君に惜しみない拍手を贈りたい。

16218cdc61fb7a1fdfd00e034ab2595d[1]

IMG_2080IMG_2066IMG_2078IMG_2069IMG_2071 IMG_2073

IMG_1901 (2)

f36dc61b43a52680c8deaed7b598789a[1]

今日(2017.5.28)は太田キシュ道子のピアノリサイタルがSalon Classicであった。今日は頭が音楽的になったというよりも文学的になった。

ショパンのバラードから。バラードとは物語風の詩だ、

第一番…中世、十字軍に破られたリトアニア、一人の少年が十字軍に連れ去られ、そこで長じて軍司令官になった。彼はわざと誤った指令を出し十字軍を崩壊に導き、リトアニアを救った。しかし彼は自らの命を絶った…。

第二番…星の光が湖面に映る静かな夜、若いポーランド娘たちは、征服者のロシア人に辱められるよりもと、突然、足元にわずかに裂けた地中へと身を投げた…。

第三番…男の変わらぬ愛を信じない少女は「水の精」となって、青年を誘惑し、水底深く引きずり込み、決して捕まりっこのない水の精を追わした…。

第四番…三人の兄弟は父の命を受けて最高の財宝を見付けるため旅に出た。秋が過ぎ、冬が到来したが帰ってこない。父は戦争で死んだものと諦めた。そこに三人の息子が吹雪の中、それぞれの許嫁を連れて戻ってきた…。

次はブラームスのラプソディ。

このラプソディという言葉が好きだ。意味は狂詩曲。リズ・テイラーの映画を思い出すからだ。

ベルチャッハはアルプスの山々に囲まれた風光明媚な地。そこには沢山の旋律が飛び交いっていた。それらを踏まないようにしなければと、ブラームスはクララ・シューマンにいう…。

最後にリストによるシューベルト歌曲のピアノ曲への編曲。

「美しき水車小屋の娘」…小川が水車にいう「そして愛が苦しみから解放されれば、星が、新しい星が天に瞬きます。バラが、紅く、半ば白く、もはや枯れることのないバラが咲きます…」水車がいう「小川よ、愛する小川よ、そうやってひたむきに歌っていてくれ」と。

「水の上で歌う」…きらめく波の光の中を白鳥のように小舟が滑って行く。魂もまた小舟のように。夕映えが大空から波の上に降り注いで…。

「影法師」…静かな夜、町は眠っている。家には恋人が暮らしていたが、去って行ってしまった。そこに一人の男が立ち、空をみつめながらもがき苦しんでいる。月が照らした顔はなんと己の顔。影法師よ、青ざめた仲間よ…。

「アトラス」…僕は不幸なアトラスだ。世界を、苦しみに満ちた世界をすべて僕は背負っていかなければならないのだ…。

IMG_1705  b21aab7fcda52746ad781534832e4944[1]

昨夜(4/19)はSalon Classicでマリンバとピアノという非常に珍しい組み合せの演奏会があった。マリンバを奏でるのは、大阪音楽大学卒業後、マリンバのメッカとして有名なドイツの、シュトゥットガルト音楽演劇大学大学院で長く研鑽を積んだ相澤睦子さん、かたやピアノはイギリス生まれで母国で学んだ後、17才でアメリカの名門、フィラデルファのカーティス音楽院に入学を認められた偉才、アンソニー・ヒューイット氏、この二人が演じるチゴイネルワイゼンのごく一部だが、とくとお聴きいただきたい。右に左に飛ぶようにして演じるマリンバ奏者の姿が勇ましい。

IMG_1667 IMG_1669 IMG_1674

IMG_1680

今日(4/16)も昨日に引き続き、パリ国立高等音楽院のイヴ・アンリ教授を客演に迎えて春のジョイントリサイタルを催した。今日も教授の素晴らしい演奏についてだけ述べることにする。先生の演奏曲目はショパンのバラード第4番作品52、子守歌作品57、それにワルツ作品18だった。
先ずは「バラード」。出だしのタッチからして甘美が漂っている。匂いそうだ。濃淡のある赤紫に白い水しぶきがかかったような風情、花にたとえれば薄紫の芍薬といったところだろうか。次に「子守歌」。出だしからして優しく、柔らかい。聴くほどに「なでしこ」に思えてくる。最後の「ワルツ」。同じウィンナーワルツでもヨハン・シュトラウスのそれではない。ショパンのピアノ曲になるとそれはダリヤだろうか。同じピアノで弾いてもアンリ教授の場合はこのようなイメージが湧いてくる。もうそれは素晴らしいピアノ芸術である。
私は昨日、音で紡ぐ刺繍と言ったが、まさに今日は音で紡がれた花々だった。教授の頭の中にはきっと演奏に先立って曲のイメージ絵が描かれているのだろう。音で描く絵だ。構図があり、濃淡があり、アクセントがあり、動きがある。特に問題にしたいのは濃淡の淡である。弱い音の存在である。日本人にはなく西欧人にはある。日本人の多くが弾く音は浮世絵の美人画の髪の毛に似て、一本一本は細くきれいに黒色で引かれている。が、その間は真っ白で、何もない。それが西欧人、なかでも教授になると、髪の毛は黒色でなく濃灰、そして毛と毛の間には薄い灰色がグラデーションとなって滲んでいる。文の行間を読むという表現があるが、それに似てこの音間の滲みが情感を伝えてくれる。これがあるとないの違いだろう。これはやはり西欧人と日本人の言葉の違いと息遣いの違いだろう。子音中心の言語を操る西欧人の息遣いと母音中心の言語を操る日本人の息遣いはリズムにおいて違う。西欧人の方がよりリズミカルで指にもそれが伝わっているのだと私は思う。
今回、教授はうちのサロンに入るなり、私の絵の一つ、「ジャズシティー」に見入って、それをスマホに収めていた。絵と音楽は共通している。私は私で教授のピアノに聴き入り、上記のような絵を頭の中に描いた。

17966695_10210653369023598_2938108882970299720_oIMG_1655

今晩は(4/15)。今、家に帰りついたところです。遅くなってもいつもの通り、今日のことは今日中に更新しないとおいしいお茶にはなりません。

今日は私の大好きなイヴ・アンリ先生客演のジョイント・コンサートがうちのサロンクラシックでありました。今はとりあえず、アンリ先生のピアノ演奏の部分だけについて述べます。いつ聴いてもほれぼれするイヴ・アンリ先生のショパン、多くの人が弾くショパンですが、先生が弾くと別物になってしまいます。たとえてみればそのショパンはフランス料理です。どの素材も均等に均質に火が回っています。一音一音が火を通して得も言われぬ光を放ち、全体として計算されたハーモニーの美味しい味となり、また美しい盛り付けになっています。 音を紡ぐという表現があります。先生の糸はどれもこれも一本一本がピカリと光り、それで美しい刺繍を編んでいます。花になり蝶になってとても美しい。音が均質だからだと思います。多くの人の弾くショパンを聴きますが、火の回りが均質といえないのでしょう。ということが先生を聴いていると解ります。刺身のような生部分とウエルダンといえる焼き部分が混在しています。そこが先生のショパンと違うところのように私には思えます。素人の私がいうのですから間違っているかもしれません。でもともかく私はこのアンリ先生の音色にはいつも断然弾き込まれてしまいます。

ホテルで一緒にワインで乾杯し食事をしました。いろいろ話しているうちに、この8/22から8/29までの一週間、彼の スタジオがあり、ショパンがジョルジュ・サンドと過ごした 想い出の地、ノアン、パリから2時間弱南下したところに グループで行くことになりました。ショパンの作品の多くが作られたところです。帰りにはパリに寄って、ショパンが最後の息を引き取った場所を見、祭られた寺院を見ようと思っています。イヴ・アンリ先生はフランス文化庁から二つもの文化勲章をもらったピアニストで、ショパンやシューマンの国際ピアノコンクールの事前審査員も務めています。先生レッスンを受けたい方はもちろん、単に観光の人も含めて13,4名で行きたいと思っています。希望者はTMCJまでお申し込みください。 www.tmcj.jp

17966372_10210653375463759_6709351898003871833_o FullSizeRender

もっと見る

2017年2月26日 (日)
梯剛之ピアノリサイタル

今日(2/26)は2時からSalon Classicで盲目のピアニスト、梯剛之氏のリサイタルがあった。外は未だ寒いが、内は熱い一日だった。剛之氏を追って遠くは東京、小田原、岐阜、岡山からここ芦屋にやって来たファン・クラブの人たち、それに近隣の人たちら約50名の百の瞳が、茶褐色のニューヨークスタインウエィの前に座る黒装束のピアノ名手、梯剛之に一斉に注がれる。立ち上がって曲説明をする同氏。サロン全体を暗くしてこの部分だけにスポットを当てると、客席の前にぼっと大きな幻想が立ち現われた想いがした。そこから発せられるピアノ音は向こうの方で鳴る音ではなく身にもろに降りかかってくる音の詩であった。

プログラムはモーツァルトの幻想曲ニ短調、ソナタニ長調、ショパンのノクターン第2番、休憩、ドビュッシーの二つのアラベスク、ベルクのソナタOp.1、ショパンのスケルツォ第2番。これらの味を私なりに一言づつで表わしてみよう。

モーツアルトの曲は優しくまろやかで口あたりがよく口の中が春らんまんになった。次にショパンのノクターン、酸味も甘味も効いて絶妙の味。ドビュッシーのアラベスク、仄かな甘み、しこしこと歯触りが新鮮。ベルク、苦みの中に独特の香りがありコクがあった。今日の中で二番目に好きな曲だった。最後はショパンのスケルツォ第2番。フルーティな風味があり、とろけるようで一番好きな曲だった。アンコールにショパンの「遺作」とノクターン第8番。いずれも梯の真骨頂が顕れていた。

終演後、20名ほどのファンクラブの人たちが剛之氏を囲み談笑。剛之氏もよく喋りよく笑った。本当にファンは有り難いもの、どこまでも追っ掛けてくるその熱意に人は動かされるのだと痛感した。

IMG_1428 IMG_1431 (2)

IMG_1393

昨日は2時からSalon Classicで小澤真智子の「旅するヴァイオリン」~南米アルゼンチンの音楽を聴く~、ピアノ霜浦陽子のコンサートがあった。この二人とはもう長い付き合いだ。私が定年なった直後の2000年に、小澤真智子の、また2002年この二人の演奏会を湘南国際村の自宅ホール、Salon Collinaでやったから、私は私なりに二人の成長ぶりを見守ってきたし、この二人には私の退職後の生活ぶりを知られている。こんな二人の関西デビューを今回手伝うのだから親御になった気分である。

「旅するヴァイオリン」と銘打ったのはなぜだろう。思えば、真智子は東京藝大でクラシックを学んだ後、ロンドン・ギルドホール(ピアニストの霜浦陽子はここで学んだ)で学び、次にニューヨーク・ジュリアードで勉強、それからメキシコの一交響楽団のコンサートマスターとして同地で活躍、さらにブエノス・アイレスでタンゴ音楽を追究しながら数年暮らしたのだから「旅する」と称するに値するだろう。なかでも一番長かったニューヨーク生活でニューヨーカーに変身、自らアメリカンと称するほどだ。今回のトランプに幻滅したと、しばし私とアメリカ政治談議をしたほど。

彼女はいわゆる正統クラシック派ではないが、クラシックをベースにしながら、自由に独自の音楽境地を切り開いてきたことに対し私は高く評価している。

その芽生えはすでに東京藝大時代にあった。今でこそピアソラはどの音楽家からももてもての存在だが、在学中の1990年代に早くも着目、それを取り入れたのだからさすがである。またタップを踏みながらヴァイオリンを弾くという一風変わった独自スタイルで2002年にカーネギーホール(ワイル)デビュー、続いてThe Music Center Japan主催で東京文化会館デビューを果たした。2008年には、アルゼンチンタンゴの魅惑的なメロディーとダンスリズムが彼女の中を流れる血の川と一緒になっていよいよ彼女独自のタンゴ世界を追究することになった。ピアニストはアルゼンチン出身のオクタヴィオ、南米の魂を教えてくれた彼氏と婚約、彼の故郷で結婚するつもりだったが彼氏が大病で急逝。悲嘆にくれた真智子、長い苦悩の末ついに日本への帰国を決意。その苦しみがこれからの再起への原動力となった。

今日の演奏ぶりはわずかな時間だが、ビデオを聴いてもらいたい。実にエネルギッシュ。その哀調は彼女のオクタヴィオを想う悲しみと同時に明日からの再起を誓う祈りでもあった。

IMG_20170220_0001IMG_1316

IMG_1327

今日のSalon Classicは玉手箱に化した。急遽決まった本場オペラ歌手のコンサートに観客がどれほど集まるかも分からなかった。蓋を開けたら結構な人数、中から立ち上ってきたのは煙ではない、声量豊かな歌声だった。この声に年を取るどころか、たちどころに物凄く若返った。役者はヴェネツィアから来たバリトン歌手のロベルト・ボルトルッツィ氏。Bravo(うまいぞ!)そのものだった。最初のBはBaritone(バリトン)のB、raはradiance(輝き、艶)のra, VoはVo(volume)のVo、野太く低く、それでいて艶のある、圧倒的な声量に、玉手箱のように小さいホールは大きく揺れた。どんなに上手な日本人のオペラ歌手もこのロベルトにはついて行けない。でっかいオペラ舞台で張り上げる声を峯川知子さんのピアノとともにこの狭いサロンで轟かせたのだからたまらない。私にはまさにビックリ玉手箱だった。アンコールに「荒城の月」を歌った。 ロベルトと一緒に出演したのは女性三人。渡邉栄子さん、宮本有紀子さん、永田桂さん、どなたも実に素晴らしかった。私たち日本人に馴染み深い「オー・ソレ・ミヨ」を渡邉さんが、「帰れソレントへ」を宮本さんが、ロベルトと一緒に歌った。私の心は太陽となり若き日の私へ帰っていった。 明日はロベルトによるレッスンもこのサロンである。またオペラ全盛時代の極秘テクニックを伝授するサルバベルカント の合唱参加者を只今募集中でもある。興味のある方は連絡してください。www.tmcj.jp 今年はわれわれ夫婦のThe Music Center Japanも設立30周年を迎え、色々企画中だがその一環としてのこのサロンオペラガラコンサートに勢いを貰った。絵を描くのもおもしろいが音楽を聴くのも最高だ。

IMG_1158IMG_1161IMG_1169IMG_1188IMG_1192IMG_1196IMG_1199IMG_1208IMG_1213IMG_1225IMG_1232 (2) IMG_1149 (2)29acb65701e3f4093eeb99701ba4502d[1]

 

今日(2017.01.29)fd3db3f8295092e81a6e81baa4f51fb8[1]39d9b61cae083dbcb3c21f9f1e90de32[1]8b84ab5e69c8cd2da6a5b9451549a353[1]002c06c74edfb6d337550ee5d8c27b1a[1]31a3b1a4c29952c8a0cc81f562e84b46[1]3f921cdaddc13266e54203d5780fb3dd[1]はSalon Classicで宮崎剛コンサート・シリーズ2016の最終回があった。
大町 剛(チェロ)と井上 春緒(クラリネット)と宮崎 剛(ピアノ)のトリオ・リサイタルだ。プログラムは都合で順番が入れ替わったが、全曲演奏された。
久しぶりに最前列のかぶりつきで聴いた。迫力満点だった。
同じ生演奏でも、演奏者、楽器、会場、その座席の違いで響きは変わってくる。バッハやベートーヴェンの時代にこんなピアノはなかった、当時はどんな音色をしていたのだろう。
それにしても作曲家という人種はどのような頭の持ち主なのだろう。今日のベートーヴェン曲は若い時の作曲だというし、ブラームス曲はブラームス最後のソナタという。そこにどんな成熟の差があるのだろう。若くしてすでに人生を知り尽くしたような味わいを感じるし、また年老いてもなお若さが漲っている感がした。…
クラリネットアンコールの日本演歌調チャルダッシュに続いて、お待ちかね、宮崎 剛による今日の即興演奏は、シューマンの献呈、アルプスの少女、ハイジー、サン=サーンスの動物の謝肉祭、ワグナーの愛の死、それに川の流れのように、の5曲だった。

2016年12月24日 (土)
杉江俊太郎piano recital

今日12/24は午後2時からSalon Classicでの今年最後のリサイタルがあった。主役は杉江俊太郎さん。京都市生まれだそうだが、4歳からサンディエゴ(南カリフォルニア)で育ち、それからロサンゼルスへ、さらに今はドイツのフライブルグで勉強中とか。今回は日本への一時帰国中のリサイタル。大入り満員の人が待ち受けていた様子がよく解かる。貴婦人然とした芦屋マダムのような両手の花に挟まれて、一生懸命、シューマンの幻想曲ハ長調op.17とJ.S.バッハのゴルトベルグ変奏曲BWV9880のキーを叩いた。あっぱれ、あっぱれ。

fe20df7686cc6c448e9012715c6eea6d1cf770cd9886b0ca9133300205f72c2861395ac15f49e5a7483270cbd7432d779b12b56936852ed66108d5a9191d9a6d3f21

 

 

 

今日(12/23)は天皇誕生日。Salon Classicではクリスマスコンサート、その名も風変りな「ホイリゲコンサート2016」。何だ、これは。ウィーンの森のワイン酒場の名前だそうで、その雰囲気を今日はここで出そうというもの。いつもの華やかな女性の出番じゃなくて今日は黒装束の若手の男性ばかり三人。豆電球に照らされたクリスマスツリーにはこの方が却って映える。それにしてもなぜウイーンの森なの?プロフィールを見ると三人の共通項はウィーン国立音楽大学出身の錚々たるメンバー。お互いに向こうで知り合いチームを組んだとか。

なるほど聴けば聴くほどウィーンの香がして雰囲気が漂ってくる。音が再現できないのが残念だが、プログラムをとくと見てご想像あれ。

60d57fc8e2fe987adda8ab61a882464b128a6ee4554001febed6fc65e5fe481641f8cdfc246211a3a400b980ffb670cbc810f9c238583d385b26f28404eda8f70841de8d191f6f0727b3da9e2b9b702e30801827638d85901ca34c5ad808c192e9a2f124d9a874b7ecabf455afa73d1cdf99311c5b53588840b03f95de077d05b7cc9b01ea0bfb6929d3aa8968ffa853545ce0ce1

2016年12月21日 (水)
クリスマスミニコンサート

75885b9978f1c7bcb49be2090bad41541和泉万里子さんと楠木稔さんによる今年(2016)のクリスマスミニコンサートがSalon Classic1階の多目的サロンで12月18,19、20日の三日間ありました。ピアノ伴奏は崎谷千恵さん。客と出演者が一つになれるアットホームな空間、和やかで優雅なひとときが流れました。

このお二人(実はご夫婦)が高らかに歌ったのは全部、今となっては懐かしい映画音楽ばかり。聴いているうちに私にもこれらの歌を歌った若い時代があったなぁと感無量でした。

歌が終わって中休みのお茶の時間にはお二人からクリスマスプレゼント、ただし2名様のみということでジャンケンポン。

後半は楽しく皆でクリスマスソングを歌って終わりました。

img_20161221_00020001 img_20161221_00030001img_0755img_0752img_0799img_0736img_0740img_0791

今日は3時からプロジェクト・楽彩主催の鈴木智恵(Tomoe)と堀内早苗のピアノ・コンサートがSalon Classicであった。曲はバッハの18世紀音楽から19,20世紀のクラシック、それに現代曲まで網羅していたが、現代曲は実は有史以前、2500万年ぐらい前の世界の表出であった。 今日は一つ、この人類出現以前の曲に注目してこれだけの感想を述べてみたい。これはまさに鈴木智恵の世界であった。まずは山本裕之の「Tokyo Concerto(1993)」より。乾いた無機質な音がしばらく続いたかと思うと、突然、ぎょっとするような土割れの音がした。まさにこれは先日の福岡駅前で起きた不協和音的道路陥没音だ。次は近藤浩平の「海とカルスト(2008)」、ここにも白い無機質な世界が広がっていた。これを聴いているうちに私はかつて住んだことのある三浦半島の葉山国際カントリー付近を思い出していた。ある高台に立つと、下方に樹海、遠くに油壺の海が見える。道の片側は上り斜面で白い石灰岩が顔を出し上方は緑の木々に覆われている。脆そうな白い岩石を見るにつけ、ここは太古の昔、海底だったことが分かる。風がわずかに吹いて木々を揺らす音が無意識の通底音となる中、いやがおうでも聞こえてくるのが喧しいカラスの声だ。耳を澄ましても他の鳥の声は一切聞こえてこない。こんな風景を思い浮かべていた。次に宇野文夫の「破片Ⅱ」、そして最後は鈴木英明の「心象」だ。前者は乾いた地にポソポソと湿った雨がかすかに落ちる風情。後者には心底もっともっと続けて聴いていたい想いがした。解説に「言葉を超え、言葉が行けなくなった地点から、これらの音楽は出発している。」とあった。そこで過ったのが、ル・クレジオ描くインディオの世界(ル・ケレジオ著、悪魔祓い)だ。インディオは本能的に沈黙の力を知っている。インディオが言葉や表現を警戒するのは、言葉が呪術的でその表現にともなう危険を意識しているからだ。沈黙は呪術的なものではない。それは動物的であり、植物的であり、元素的なものだ。それは大地に根差している。沈黙は、いうなれば裏返しにされた言語である。インディオの沈黙は、多くの音楽を消す。インディオたちにとって、本当の楽器は、音楽的でない楽器である。単音の竹筒、穴の二つあいている鳥笛、太鼓、撥。ほら貝、鈴。インディオたちは旋律に興味がない。旋律は彼らを退屈にさせる。旋律は罠であって、自己愛にもとづく。こんな世界が突如出現した。鈴木英明が作曲し、鈴木智恵が弾く、Ⅲ対話、Ⅳまつりにこれらが出現し、インディオの音楽を聴いた思いがした。img_06404647ad8d74122853a0b7519350adda2d1a79d2d70cb279f1e6ab329abd180669014c882691db6cae1a5ab978a2cd35a3dc1img_0303

この一学年上の先輩(82,3歳)の声の若さよ。卵か鶏か、歌うから若いのか、若いから歌うのか。何も見ないで一時間強、正調で歌い切る。それも和漢洋の曲を。そこに籠る情感表現はこの年齢に達したものの特権かも知れない。洋ものもさることながら、和漢ものでも、たとえば昔の都都逸、常磐津、詩吟などの音色、情感を知らなくては、これは出せない味かも知れない。そこへ特別出演された中山和彦氏の哀愁を含んだオーボエの音色が混じって雰囲気が盛り上がった。万感の思いを込めて歌う自らの歌にどっぷり浸っている先輩、その準備も大変だっただろう。何よりも「秋風に想う」曲の選択。そして漢、洋ものの解説。自らそれらの歌詞の大意をまとめて観客に配った。原語で歌われたら分からない歌の情景を日本語で解説している。例えば、ブラームスの「教会墓地にて」は、嵐の夜、すべての墓が嵐をよそに静かにまどろんでいたとか。また、「歌の調べのように」では、そっと何かが私の心をよぎったが、それを言葉で捉えようとすると、灰色の霧のように色あせ、鏡の前の吐息のくものように消えて行くとか、今、書いている言葉がそれだ。鏡の前でくもっている。伴奏された奥様のドレス色がチラシ色と同じだったのも嬉しかったし、プログラムに乗せた二枚の写真も先輩の清澄さを象徴するようでよかった。紅葉は芦屋で撮った最近の写真、もう一枚は一週間前、箕面で撮った滝の写真だった。

聴きながら描いたスケッチ、これが描けるほど、姿勢を崩さないし、派手なジェスチャもなかった。img_0617img_0608img_0605img_20161119_0001_new5a596fce399b418941223eaf6e96be2117b72f7789756c89e4f786e88c48bd6421e4acfef6029b7059d243c7196b1cb6f51

img_0581img_0584img_0587img_0592今日(11/16)はいよいよ最後の最後、アンサンブル・メンデルスゾーンの一員であるサンダー・ヘールツとヘールツ高橋康子夫妻の「デュオ・アギネコ」によるヴィオラ・リサイタルが高槻の摂津響Saalであった。目立ち、自己主張の強いヴァイオリンやチェロと違って、ヴィオラはその間に挟まれていつも大人しく自己抑制している人格者だが、昨日と今日は違った。主役で一人舞台だったからだ。ヴァイオリンの繊細な音色を表現するのに私はよくシルクの光沢やピカっと光る川魚の鱗を比喩に用いるが、ヴィオラを聴いてはそのような連想は少しも湧かなかった。これはもっと渋く暗く、昨日はチョコレートといったが、今日はその質感がビロード地の柔軟な手ざわり、深みのある色調に想われた。ピアノも今日は同質に思われ、アンリ・ヴュータンの「ロマンス」ではピアノ音が胸にずしりときたし、シャルル・ド・ベリオの「バレエの情景」ではピアノもヴィオラもダイナミックでそのボリューム感に圧倒された。サンダーのバレリーナ並みのスタイルについては昨日も大いに述べたが、この「バレエの情景」で、彼が舞台でロシアバレエを踊っている情景を想像せずにはおれなかった。この迫力はヴィオラであってこそ初めて表現できるものとの手応えがあった

今日は二時からSalon ClassicでDuo Agineko(アジネコ夫婦)によるヴィオラ・リサイタルがあった。アンサンブル・メンデルスゾーンの面々は昨日で公式行事を終わえ、散り散りに別れたが、サンダー・ヘールツ(ヴィオラ)とヘールツ高橋康子(ピアノ)が居残りここでリサイタルを開いた。今日のプログラムは「ベルギーで生まれたロマンスの傑作選」とあるように普段あまり聴かない曲だが、陰影の濃い人生の喜怒哀楽をヴィオラならではの深く低い音色で綴ってくれた。その音色は、地味な二人が醸す外見とは正反対に、内面的には非常に滋味に富み、色に譬えればチョコレート色をしていた。音楽に没入した二人、なかでも康子の夢うつつとした表情で弾く姿にこちらもうっとりし、そのままサンダーに目を移すと、かれもまたかれの性格そのままに深くたゆとうとした調べを奏でている。足の長いスタイリッシュなサンダーに驚いていたが、後で聞くとバレエをやっていたとか、道理で様になっていたのだ。

205e1a049cc50d85d2841b79937f0dc01img_0532img_0245-2

 

 

終演後、サロンでアジネコ夫婦を囲んで小パーティを開き、今、ベルギーで住んでいる二人と四方山話をした後、我が家に移動し、サンダーが好きだという日本酒で乾杯した。その中にベルギー・日本の比較文化論にもなった。昨日は若いソフィーが日本の芦屋駅前のデパートでmade in Japanの品物を見て目を輝かし、日本の幼児向け絵本を買っているのを目撃した。われわれがヨーロッパに行くと向こうのものに目を輝かすのと全く同じ。 珍しいものを初めて見る目と先入観、今やmade in Japanは世界のブランド商品なのだと再認識したことだった。

img_0248img_0249

 

 

アンサンブル・メンデルスゾーンの昨夜の公演は奈良大和西大寺の秋篠音楽堂であった。もう福岡、京都、神戸、大阪、奈良が終わり、残るは明日からの東京、横浜だけとなった。

秋篠音楽堂は造りがよい。お蔭で多くの観客に来ていただいた。フランクの甘酸っぱいヴァイオリンソナタに始まり、次に勇壮なリズムで青い情熱が迸るドヴォルザークのスラヴ舞曲、浦瀬奈那子とヘールツ高橋康子の連弾が続いた。その調べはいまも耳に残っている。次はモーツァルトのピアノ四重奏曲。松川暉のヴァイオリンが冴え芳醇な香りを放ち、どこか秋篠寺の風情を感じた。次のソプラノ歌唱では山本昌代の「からたちの花」が美しい日本語の情感を西洋的メロディに乗せて美しく伝え、続く渡邉栄子が自作のマスクを着けてヨハン・シュトラウスの「こうもり」よりロザリンデのアリアを歌った。カスタネットを打ち鳴らし舞台で舞う姿はオペレッタそのもの、今日の公演に大きな色を添えた。最後はアンサンブル・メンデルスゾーンによるモーツァルトのピアノ五重奏曲、もうこれには昨夜すっかり陶酔してしまった。モーツァルト自身、この曲が1784年の初演で拍手大喝采を浴びたと満足そうに父親に報告しているが、私も大喝采した。全身耳にして聴きその丸みをどのように表現しようかと演奏中ずっと考えていたが、それは大きな赤い葡萄の房のようでもあり、熟して中身が流れ出そうな柔らかい柿のようでもあった。

img_0283img_0295img_0301img_0311img_0314img_0319img_0341img_0342img_0349 budou%e7%86%9f%e6%9f%bf331c5e3613be6ff290c49ef6c0d747fb1

昨夜の茨木市福祉文化会館オークシアターは、一昨夜の華やかな神戸とはうって変って黒が目立つ粋でスマートな器楽演奏だった。舞台は荘重な緞帳で覆われ、それが上がると明るく照らされたベージュ色の舞台が現われ、その真ん中に黒光りするピアノが鎮座していた。弦楽器とピアノの中にあって今夜一人気を吐いたのはクラリネットだった。

最初はベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ。ピアノとヴァイオリンの囁き合いが心の深みに触れ襞に触れた。そんな高雅な心に次に落ちたのはシューマンのピアノ四重奏曲の弦滝だ。この滝にわが心はこすられ、けずられ、かきむしられて浄化して行く。ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロが整然と一斉に奏でられる一方、それぞれの個性がいかんなく発揮される。なかでも日本側から参加した木越洋のチェロは底を打つような低音でアクセントを付ける。永江泉のピアノがみなを支えてまたいい。次はベートーヴェンのクライネット三重奏曲。先ほどまで痛いまでに滝に打ちひしがれた我が心や魂が森健太郎のクラリネットの叙情的で明るい音色で癒され、救われ、撫でられ抱きしめられた。最後のフランクのピアノ五重奏曲は昨日も触れたので割愛する。

img_0226img_0214img_0223img_0239img_0252-2img_0225img_0259ea0f3798091638b9459ed607cfc1bc291

昨晩(11/5)は神戸市東灘区の「うはらホール」で日本・ベルギー友好150周年を祝う記念の両国合同演奏会があった。多勢の聴衆が見守る中、ベルギーから来日したアンサンブル・メンデルスゾーンの面々と日本側の七人の出演者が華やかに演奏した。日本側の出演者には本職がお医者さんで、趣味で歌われる方々もおられた。全員のコメントは長くなるので割愛するが、フォーレのピアノ三重奏曲は演奏者の赤、黄、青の三原色衣裳が舞台に映え、曲はフーシャピンクに染まり淡麗な味がした。シューベルトのピアノ三重奏曲は華麗で荘重、セレナーデ「学生王子」を歌った青山先生の迸るようなテノールの美声、最後のアンサンブル・メンデルスゾーンによるフランクのピアノ五重奏曲ヘ短調は五重奏曲ならではの美そのものだった。音楽美を表わす語彙が少なく私の感激を伝えにくいが、複合した弦の風合いが何となくサトウキビの束を思わせ、そのフィラメントのようなデリケートな明るい筋が陰のように寄り添うピアノの暗色で立体感を醸し美しいコントラストを作っていた。img_0130img_0146img_0157img_0159img_0164img_0173img_0197img_0202b3b9dfa603012231c22fa4265a31b2c71

今日は午後3時からSalon Classicで漆原啓子のヴァイオリンリサイタルがあった。ピアノはドイツ人、ヤコブ・ロイシュナー、絶妙のコンビだ。大きなコンサート・ホールで向こうの方に見る彼女の小さな姿ではない。億の単位のするストラディバリウスを持った彼女が目の前にいる。その音に耳を澄ます最高の贅沢。わざわざそれを聴くために東京からはるばるやって来てくれた人もいた。曲はモーツアルト、ベートーヴェン、シューマンのヴァイオリンソナタである。ストラディの音はまさに天上の音だ。細く繊細で光沢のある音色、その何本もが長く耳に心に快く響く。聴いているうちにクモの巣を思い出した。そんなものを思い出すのは冒涜と思われるかも知れない。でも下の写真をみて頂きたい。このクモの巣の美しさってない。これこそ彼女の今日の音だった。さらに宇宙のひも理論が過った。この箱(サロン)に散乱する“ひも”はまさに魔法のひも、クモの巣にひっかかったようにみなうっとりと目を閉じて聴き入っている。後であらためてネットで「宇宙のひも」を調べてみると次のような下りがあった。なるほどこんな連想も理由なしとしない。

物質はごく小さな粒子(素粒子)から出来ている、と長い間考えられていました。しかし、粒子ではなく、小さなひもであるとなったのです。素粒子の正体は、『目に見えない小さなひも』でした。これは、『ひも理論』と呼ばれています。「物質は、小さなひもから、音楽のように紡ぎ出される」という考え方です。「ヴァイオリンやギターの弦を、イメージして下さい。弦は、一定の振動で音が出ます。別のポジションを押さえれば、別の振動になり、別の音になります。宇宙は、目に見えないひもが奏でる、色々な音(振動)で出来ているのです。」私たちは突然、『宇宙は交響曲であり、物理法則はひものハーモニーである』と気づきました。

今日のこの演奏を今日ここに着いたばかりのベルギーからの室内楽団、アンサンブル・メンデルスゾーンが熱心に聴き入っていた。

img_0097img_0115img_0120-3img_0118-2img_0094

2016年10月22日 (土)
三舩優子ピアノリサイタル

img_0066img_0047img_0058img_0069img_0070

昨日に引き続き今日も私は音楽漬だ。今日は三舩優子氏のお好きな曲ばかり。バッハのフランス組曲、ドビュッシーの沈める寺、花火、ブラームスの三つのインテルメッツォ、ラウマニノフの前奏曲にシューマンの交響的練習曲など。彼女はニューヨークに生まれ、帰国して桐朋学園大学に学び、後に文化庁派遣研修員としてジュリアード音楽院に留学したニューヨークっ子。そんな彼女だから私は彼女に会うといつも私の好きなニューヨークの香と風味(フレーバー)を味わう。昨日の漬物は望米酒(モーツ・ベート・シューベ)漬けだったが、今日のはエネルギッシュでダイナミックなニューヨーク風味の圧力漬けだった。そうそう、今日のドビュッシーの演奏中、頭を過ぎったことがあった。それはこの曲が画家デュフイ(Dufy)の絵の色調に似ていると思ったことだ。帰って調べてみると、案の定次のようにあった。

「クロード・ドビュッシー頌

デユフイがいかに深く音楽を愛していたかは、-中略―ドビュッシーの知性と感性のアラベスクを、デュフィはもっともフランス的な洗練された色彩で象徴した。-略―と。

私の描いたニューヨーク(20号、油絵)の前で記念の写真をパチリ。

 

img_0039img_0016-2

 

今日(10/21)は18時よりSalon Classicで福間洸太朗氏のピアノリサイタルがあった。さすがパリ国立高等音楽院、ベルリン芸術大学、コモ湖国際ピアノアカデミーで学んだだけあってその迫力は違った。追っ掛け人気のあることも道理だ。今日は三大楽聖のキセキ~幻想~と銘打って、モーツァルトの幻想曲Kv397と475、ベートーヴェンの幻想曲Op.77と『月光』、休憩を挟んで、シューベルトのグラーツ幻想曲D.605aとさすらい人幻想曲D.760だった。まことに魅力満載のプログラムだった。

モーツァルト曲の美しさは人間レベルで味わう美というより神様レベルで味わう美だ。こんな重厚で荘厳な曲を30歳未満で書き上げたとは!動と静、陰と陽で作るファンタジーとドラマをたっぷり聴いた。私の受けた印象カラーは赤紫だった。

ベートーヴェンの名言に「苦悩を突き抜けて歓喜にいたれ」というのがあるそうだが、まさにそれだった。ベートーヴェンが聴覚障害を感じ始めたのは28歳ごろで、この『月光』が作曲されたのは30歳、音楽家にとって致命的な聴覚障害を乗り越え、突き抜けて作曲したのがこの曲。それだけに曲終盤はこの世の全てが崩れ落ちるかのように音楽が衰退し、そこから一気にエネルギーを爆発させて終わる。これぞ歓喜である。印象カラーは青黄だった。

シューベルトが有名な歌曲「さすらい人D.489」を作曲したのが、1816年10月、ちょうど今から200年前。この曲の中に「私はどこにいてもよそ者だ」というフレーズがある。これを単一モチーフにして切れ目なく劇的に展開していくのが、この「さすらい人幻想曲」である。この曲が作曲されたのはシューベルト25歳の時。彼は寝ても覚めても新しいメロディが次々に頭の中に流れていたそうである。印象カラーは橙灰。

今日(10/5)はウィーンから来たハーピストのエリザベス・プランクさんを迎えての秋のジョイント・リサイタルがSalon Classicであった。エリザベスさんはウィーン国立音楽大学を出たパリパリの若いピチピチの美女だった。出演したのは関西の音楽大学に在学中や卒業後間もない音楽学生さんたちでこれからが楽しみな人材ばかり。長くなるので皆さんの演奏ぶりは割愛するが、エリザベスについて少し感想を述べておきたい。

ハープは紀元前3千年も昔からメソポタミアやエジプトに存在していたといわれる。太陽神アポロが、狩猟の女神ディアナの引く“弓”の発する音色に魅せられて創ったのが最初だという。その音色は、天上的で、天使が雲の上で一音ずつ掻き鳴らすさざ波のようだという。なかなかうまく表現したものだ。今日のエリザベスの手付き、左右10本の指で掻き鳴らす音が部屋中にこだましてまさに天使がSalon Classicに降り立ったようだった。

10/6は西宮北口の松尾楽器店リサイタルルームでオータム・ジョイントコンサートがあった。

ハープと聞くと直ぐに連想するのがポセイドンやニンフ、サイレンなどギリシャ神話に出てくる神々である。とくにホメーロスの『オデュッセイア』に登場するサイレン(セイレーン)は昔見た映画を思い出させ、あの岩間から聞えてくる人魚のブヨヨヨーンとした響きこそ私の耳に今も残るハープ音である。そんな音の再現と人魚のイメージを昨日のエリザベス・プランクが思い出させてくれた。これは西宮北口の松尾楽器店リサイタルルームで行ったオータム・ジョイントコンサートの彼女の演奏である。

当日、みなさんの写真をタブレットで撮ったが、残念ながら、タブレットが壊れてここに掲載できなくなった。「中西隆夫」名のフェースブックを見て頂ければ、エリザベスの演奏の一部を聴いていただけます。その代わりに両日のチラシを掲げて置きます。

83e043e32ca7c7885f152bbb67c0f5881409e8aac5bc5d69efd43425b7a504d4b1

 

今日は午後2時から宮崎剛さんの演奏活動25周年を記念するピアノソロリサイタルがSalon Classicであった。テーマは~「愛」を奏でる~で、前半はR.シューマンの結婚する前日までの作品、「子供の情景」より「異国から」「トロイメライ」、「幻想小曲集」より「飛翔」、次に「アラベスク」それにリスト編曲の「献呈」と続いた。次にショパンのバラード4番。小休止の後、エルガーの愛の挨拶、クライスラー(ラフマニノフ編曲)の「愛の悲しみ」だった。

私の今日の印象として、ショパンがきらびやかに夜空を飾る星座とすればシューマンは鏡のように静かに水を湛える湖面を思わせた。一方がより叙情的とすれば他方はより思索的に思われた。

さていつものようにこれからが宮崎さんの真骨頂。客の皆さんからジャンルを問わず色んな曲をその場でリクエストしてもらい、15曲(写真参照)集まったところで一呼吸置き、次から次へとそれらを順番にメドレーで弾くという芸当をやってのけるのだ。どのような曲が飛び出すか分からないのにそれを全部暗譜で一思いに弾くかれの頭の中はどうなっているのだろう。うっとりとその快いピアノ音に聴きほれていた。

image-7image-6

(9/20、9p.m.)先ほどイヴ・アンリと芦屋川駅で別れました。来年はここでなくノアンで会おうと約して。今日は彼を客演にジョイント・リサイタルを開きました。どの出演者もレベルが高く、その素晴らしさを高く評価しながらも音楽評論家でもない私には個々に論じることはできません。ただ客演で弾いたイヴ・アンリの素晴らしさをここでもう一度語りたいと思います。

私の音楽の聴き方は絵画の見方に通じ、小説を読むに等しいのです。絵画には構図があります。どんよりした今日のような曇天の向こうに明るい青空が覗き、明日への希望を抱かせる光の一群がカンバスの上方に現われるように、ピアノが沈んだ音の中から突然澄んだ明るい音群を響かせます。彼はまたピアノによるストーリーテラーと言いますか、物語のナレーターです。小説には出だしがあり山場があります。彼は落ち着いた、しっとりした口調で聴く者の胸に迫るように話を静かに進めて行きます。一本調子では全くなく、また息をつかせないせっかちさも見せません。余裕の間を充分に取りながら、味のある声でまろやかにゆっくりと小声で語ることもあれば、怒気を含むような大声で話すこともある。寂しい孤独な音が途中で一つなることもある。その一音に万感を感じ、そのメリハリに酔うこともありました。日本の巻紙のように時間とともにただ単に単調に流されるのではなく、私は一つのカンバスの構図を眺めるように、また小説の浮き沈みを探るように音のハーモニーと強弱を心行くまで味わうのでした。

img_2849img_2850img_2855-2img_2860img_2862img_2866 yves-henry

 

今日(9/18)はうちのSalon Classicにショパンがやってきた。迎えたのは彼の親友、画家のドラクロワだった。そんな関係を思わすイヴ・アンリと私の仲だ。イヴ・アンリはあのショパンの恋人、ジョルジュ・サンドの住処、ノアンに別宅を持つ有名なピアニストで、フランス文部省より「芸術と学問騎士勲章」を二つも受賞した誉れ高い、私より二回り若い大音楽家である。しかし極めて気さくな男で、4年前に知り合ったその日から有馬温泉に一緒に出掛けて温泉に浸かった仲だ。私はフランス語などできないが、とにかく波長が合うことは互いに合った瞬間から認め合ったようだ。

とにかく、かれのピアノ演奏は素晴らしい。文句なしにいい。優美で流麗であり、聴く人を恍惚状態に陥れるほどの魔力を放っている。夢見心地の旋律は、聴く人を一瞬にして惹き付ける。本当に美しく甘く、そして一抹の切なさと不安をないまぜにして、恍惚とした極上の旋律が絶え間なく流れて行く。こんな美しい旋律がこの世にあっていいのかと思うぐらいである。

彼と今晩一緒にワインを傾けながら話していると、パリ市内にある彼の自宅から徒歩2分のところにサロン・ロマンティークという45名しか入れない音楽サロンがあるらしい。うちのSalon Classicとかなり似ているという。ショパンの時代、特にピアノの詩人と言われたショパンは好んで小さなサロンで繊細な音を出すプレイエルという名のピアノで演奏をした。今日はイヴ・アンリ氏のレクチャーリサイタルで、ノアンで暮らした歳月に作曲した曲を、プロジェクターでノアンの光景を写しながら演奏した。画家のドラクロワがショパンを愛したように私はイヴ・アンリーをこよなく愛す。アンリーがこの11月にリリースするCDのジャケットに私の油絵を使う予定と今日言ってくれた。大変名誉なことである。

img_2787

 

img_2804img_20160919_0001_new

今晩(8/14)は7時よりSalon Classicで武庫川女子大学の宮下朋樹准教授とその門下生お二人(木村奈緒子さん、横山愛沙美さん)のコンサートがありました。IMG_2542

IMG_2546IMG_2563IMG_2575IMG_2580e08e06bb85479ad09138e247cff4edde[1]

今日(8月14日)は第27回アゼリア音楽会がSalon Classicでありました。

今日は男性群、なかでも高齢男性の歌唱が圧巻だった。それぞれのプロフィールは別紙に見る通りだが、小林和生さんは79才、サラリーマン定年後の活躍は見事。その堂々たる姿勢、歌いぶり、高音もものかわの熱唱。テノールの魅力を見せつけた。松岡茂雄80才も負けじと歌う。こちらもプロではないらしいが、男性合唱歴60年、その迫力に圧倒された。お二人ともまだまだこれからの感じ。自らの高齢をよそに老人ホームで老人を歌で慰めている由。変わっては若手の本チャン、新屋良太さん。ドイツで勉強した本格派。その迫力は鬼気迫るものがある。鬼のような顔つきなのだから。失礼、失礼。

一方、女性では田林可奈子さんがピアソラやヒナステラを弾いた。大学は農学部、大学院は人間環境部、頭のいい人は何でもこなす。曲も一味違った。とくにヒナステラでは機関車がシュシュポッポ、シュシュポッポと走るように、機関銃がバリバリバリ、バリバリマリと発砲するように聞こえた。IMG_20160815_00010001IMG_20160815_00020001IMG_2484IMG_2488IMG_2499 (2)IMG_2503IMG_2516IMG_2517IMG_2521IMG_2507

ec420cdf52ff9ec71e3d2e241e71e670[1]

今日(8/13)は甲東ホールで上記のプログラムで新進気鋭の若い人たちによるコンサートがありました。

 

 IMG_2459IMG_2468

IMG_2471IMG_2480

IMG_2437IMG_2439IMG_2444IMG_2448IMG_2453

8月12日昼間の打ち上げは我が家の自宅でしました。国際色豊かで、昼間の三人に加え、今、ドレスデンの合唱団で歌っている古田昌子さんらが加わり、飛び入りの余興も入り会が盛り上がりました。音楽の世界も狭いと見えて、あの人知ってる、この人知ってると、一度に友の輪が広がった感じでした。スイス、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、ドイツ、オーストリアのあちこちで住んだ経験のある彼女たちはスケールが違います。話題も豊富だし、決然と自分の意見を披露します。そうしないと向こうでは生きていけないのでしょう。日本人のお人よしだけでは世界は回っていかないようです。

JR芦屋駅近くに「サロンclassica」という会員制クラブがあります。われわれのSalonClassicと紛らわしいですが、昨日はそこでコンサートがありました。出演は元眼科医でピアニストに転身したライプチヒからの坪井真理子さん、東京藝大を出て、今、マドリッドの王立歌劇場の専属オーケストラでヴァイオリンを弾いている伊藤真由美さん、それにベルギーから来たブリュッセル王立音楽院准教授のニコラ・デルタイユ(チェロ)の三人でした。

サロンclassicaはビルの3,4階吹き抜けの天井が高く、明るい、広い空間で五十人ほどの聴衆が演奏に聞き惚れていました。曲はいずれもみなに馴染み深い美しきロスマリンやチゴイネルワイゼン、子犬のワルツ、愛の挨拶、夢のあとに、白鳥、最後は三人によるメンデルスゾーン、ピアノ三重奏曲でした。

音楽家という人たちは舞台で演奏を始めると一度に芸術家に変身します。先ほどまで朗らかに談笑していた普通の表情が、演奏に入るやぐっと引き締まり何かに陶酔したような無我の境地に変わります。その変化の妙が私には堪えられません。今日の舞台はとくに赤と青の衣裳がよく映えてチェロの褐色とチェリストの黒とともにルネッサンス期の絵を見る思いがしました。

IMG_2338IMG_2344IMG_2350IMG_2356IMG_2360IMG_2370IMG_2402IMG_2414

IMG_2244 IMG_2252 IMG_2256 IMG_2268IMG_2285

夜の部(19:00から)

武庫川女子大学で今ピアノを勉強している三年の和才愛佳さんがR。シューマンのアベック変奏曲Op.1を、また同学年の中北真帆里さんがC.シューマンのロベルト・シューマンの主題による変奏曲Op.20を弾いた。一生懸命に弾く姿勢に好感が持てた。これからの逸材である。次は三浦颯太君のピアノ。今はまだ高校生だが幼少の頃から数々の賞を受賞している。名前の颯が示す通り颯爽と弾く。曲はショパンのスケルツォ第3番、バッハの平均律クラヴィーア曲集第2巻第20番、ショパンの練習曲作品25-8、スクリャービンの練習曲作品42-5.ダイナミックで将来が楽しみな期待の星である。

ニコラ・デルタイユは野村昌子さんのピアノで、エルガーの愛の挨拶、フォーレの夢のあとに、ドヴォルザークのユーモレスク、ラフマニノフのヴォカリーズ、サン=サーンスの白鳥、それにアンコールとして浜辺の歌だった。

チェロの音色ってほんとにいい。ピアノは段々と音が減衰して行くが、チェロは逆にボボボーンと次第に盛り上がって行く。その二つの楽器音の微妙な高低バランスがよい。チェロは非常に繊細だが複雑で音に甘味な厚みがある。倍音が幾重にも重なるからだろうか。それが赤紫色して私の心を打つ。とくにフォーレの「夢のあとに」とサン=サーンスの「白鳥」にそれを感じた。

 

IMG_2202 IMG_2205 IMG_2211 IMG_2219IMG_2221IMG_2225IMG_2227IMG_2232IMG_2234

古田昌子さんが観音様ならその右の森上芙美子さんはアヴェマリアだ。

今日(8/7)から立秋とはいえ外の暑さといったらない。しかしSalon Classic内は涼しい。ベルギーから来日のニコラ・デルタイユ(チェロ)を客演に迎えて今日は昼と夜、二回のジョイント・コンサートを開いた。今年はベルギーと日本が友好関係を樹立してから150年になる。この11月にはそれを記念してメンデルスゾーン・アンサンブルによるコンサートがThe Music Center Japan主催で関東、関西、九州で行なわれるが、それに先んじて、そのアンサンブルメンバーの一人でもあるニコラが美しいチェロの音色を響かせた。

その模様をざっとお知らせしよう。

昼の部(14:00から)

最初の演奏者ははるばる鳥取から駆けつけてくれた中一の岩間澄怜さん(ピアノ)、ショパン国際ピアノコンクールin Asiaの地区大会で金賞を取っただけあって、弾くハンガリー狂詩曲にはしんみりと聞かす情感に溢れていた。

二番目は森上芙美子さん。国立モスクワ音楽院大学院を修了し、京都市交響楽団と共演されるだけあってその演奏の流麗感はすごい。曲はショパンの即興曲、ノクターン、エチュードなどで、これがロシアピアニズムというものなのだろうと感心した。

次にニコラのチェロ演奏が続いたが、このコメントは夜の部と一緒にしよう。

最後は古田昌子さんのメゾ・ソプラノ、鎌田史子さんの伴奏で、「浜辺の歌」「初恋」「しぐれに寄する抒情」それからグルックの歌劇“オルフェオとエウリディーチェ”から「エウリディーチェを失って」とサン=サーンスの歌劇“サムソンとデリラ”より二曲、「あなたの声にわが心は開く」と「愛よ!か弱いわたしに力を貸して!」だった。

もうこれは圧巻そのものだった。堂々とした舞台度胸と低音で彼女の存在感を聴衆に強く印象づけた。イタリア・ミラノで勉強し、A.カタラーニ国際コンクール現代オペラ部門で第2位受賞、現在はドイツ・ドレスデンに居を移し、ザクセン州立歌劇場の合唱団に所属しているそうだから舞台慣れをしているのは当たり前だろう。

私を印象づけたのは歌っている時の顔の表情。大げさなジェスチャーは一切なく、常に両腕を体の両脇に付けたまま、顔の表情だけで歌を歌い上げる。歌う直前の表情にこれから歌う心の魂が乗り移つり、歌い出すと没我の境に入り陶酔している、思わず観音さまを想像した。音を観るとはこのことだと悟った。まさに古田昌子は観音様そのものの表情をしていた。

IMG_2023 (2)

IMG_2052

今回のデイヴィッド・コレヴァーの公演は今晩で全て終わった。ご苦労さん、お疲れ様と我が家で缶ビールと19度の日本酒で乾杯した。もう二十年以上も付き合っているアメリカの息子のような存在のピアニスト、ディヴィッド54歳。彼と酒を飲んで、今日は新しい単語を学んだ。Metierだ。彼曰く、「ボクのMetierは音楽だけど、たかおさんのmetierは創造だ。」と。「Metier?、何じゃ、それは」と訊くと「専門分野のこと」だという。かれは私のサラリーマン時代から知っていて、会社から帰ってきた時のあの浮かん顔の隆夫が、定年後、生き生きして、音楽や絵画、詩、エッセーに手を出している。この男は道を間違ったらしいと思っているらしい。まぁ、それは当りだろう。家内ともども話が弾んで今夜は楽しいひとときを過ごした。
さて、本日(2016.7.3)の本論。今日は2時からSalon Classicでディヴィッド・コレヴァーのソロリサイタルと18:30からディヴィッドを客演にしたジョイント・リサイタルがあった。
今晩のジョイント・リサイタルは私という素人音楽鑑賞家にとっては大変よかった。アマチュア…とプロの腕前が比較できたからだ。以前にも言ったことだが、日本人というか素人のピアニストはみな、鍵盤を叩いた時、パシャという、水面に皿をぶつけたような、水が四方八方に飛ぶ、拡散した、ひしゃげた音がする。一方、プロのディヴィッドの音は、水底を目指したような、ゴボゴボと言った求心的な音がする。一方は拡散、他方は求心と丸反対の音がする。そんな風なことを考えながら、今日のイサイタルに臨んでいた。
ディヴィッドのソロ演奏会の最初はベートーヴェンの『熱情』。これを聴くなり、あぁ、これはナイアガラ瀑布だと思った。高みから何百もの筋となって大音響とともに落下する滝、ごつごつした黒い大岩に当って砕ける水煙、次に調子変わって静かに流れる抒情的な川、かつて見た渓谷の姿を思い出す。再度、また滝、観光船が上下左右に揺れ動くミストの中、綺麗な虹が射した。そんな勇壮な姿を『熱情』に見えた。
処変わって今度は1924年のナポリ。南イタリアは昔のギリシャの領土。そこに根付く土俗的で土臭い世界。この世に生きた限りは上も下もあるものか、古い教会の前で男女が歌えや踊れやと大変な賑わい。マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコのナポリ狂詩曲だ。いつ果てるともなく戯れるムードにこちらが酔う。
次はベニス。ゴンドラに揺られ、舟歌を聞きながら、たゆとうとした気分で、しばし周囲の海水の動きを追う。波頭はみな同じ大きさで一面に統一感があり、青々した紺碧の海に吸い込まれそう。まさしくデイヴィッドの弾くピアノ音こそ、底に向けて求心的に発する統一的なゴボゴボという音だった。これがピシャでは締まらない。マネの印象画を見るようなショパンの舟唄だった。

76f25b79d38915a3ec5811ae9ce32094[1]fdb26d7bc13bc8e3f117a73fd21dfb77[1]

IMG_2016

今日(2016.7.2)は2時から漆原啓子とDavid Korevaarのデュオ演奏会がSalon Classicであった。 もうこの二人の仲立ちをして20年以上になる。いつもながらの名コンビである。 二人を評する言葉はもはやなくなったが、今日はまた新たな感想が湧いた。それは「音は光」であるとの再認識だった。漆原啓子が弾くヴァイオリンは、数億円はするストラディバリウスだが、それが人形浄瑠璃の人形に見えてきた。物体に過ぎない人形も後で操る黒子によってあのように生き生きとした豊かな表情を見せるように、この楽器も、一つの物体に過ぎないが、黒子の漆原啓子の手に掛ると、こんなにも表情豊かな生き生きとした音を発する、その見事さに感心してしまう。物もよければ黒子もよい。あの弦を弄る左手の指の動きを見よ。ずっと振動し放っぱなしである。あの弦を上下する弓の右手を見よ。弓が左に傾き、右に傾くとき、鮎の鱗が向こうでキラキラ、こちらでキラキラする感じではないか。あの光沢あるか細い糸は黒いピアノの布地を縫う絹糸の金糸、銀糸の光のようだ。木をかんなで削りに削ったときに見せるあの艶々した赤っぽい光沢の木肌、頭を何かにぶつけた時、目から飛び出すあの光、そんなあらゆる光が音となって、いや、反対、音が光となってフェルメールの光のように私を襲ってくる。最初のモーツアルトのヴァイオリンを聴いては、どこか19世紀のサロンで二人の貴婦人が上品な会話を交わす光景に見えてきたし、二番目のドホナーニのヴァイオリンソナタを聴いては、墨絵で描かれたどこか竜虎の幽玄さが感じたし、最後のフランクのヴァイオリンソナタを聴いては大勢が群がる華やいだダンスパーティの夜を思い浮かべた。

0a23ffbf14ce6eb18eb11d10da7eaaee[1]

今日(2016年6月22日(水)は7時からSalon ClassicでDavid Korevaarさんを客演に迎えて、神戸女学院出身の方々によるフルートの演奏会がありました。前半がフルート、後半がピアノでした。後半のパワフルなピアノに比べると前半のフルートは雅で、そのくすんだ色がひらがなの草書を見る想いでした。かすれた部分、まろやかの部分が平安朝のお公家さんの遊びを見る想いでした。

一方、ディヴィッドのショパン(バラード、ノクターン、舟歌)演奏は今日もメリハリが効いていて、水面に音がコボッと白い水柱を立てて深く沈んでいきました。時々、ハッとするような光さえ発していました。決してお皿を水面にぶつけたようなへしゃげたパシャンという音ではありませんでした。多くの人たちが弾くショパン、やはりDavidの音は一味違いました。先ほどまで二人で家で飲んでいましたが、今日の感想は今日の中に述べないと忘れてしまいます。いつものように独断と偏見の素人評論です。

Davidの音IMG_1902IMG_1920IMG_1927IMG_1928 (2)

 

 

IMG_1841

今日は2時からSalon Classicで武岡徹氏の歌曲、(伴奏:登士子夫人)コンサートシリーズVol.2があった。もう圧巻も圧巻、言葉を失った。

白いタキシードに黒蝶ネクタイの細身の紳士、齢、何と八十ニ、三、肘をグランド・ピアノの上にわずかに置き、悠々迫らず、抑制の効いた美声を轟かす。その声は正調そのもの。昔、カーネギー・ホールで見たピアニストのバイロン・ジャニスそっくりの品格を客に放つ。

驚きはその暗譜力、暗唱力。八十二、三にしてその身の回りには一切紙切れ無し。身一つで、ブラームスからベッリーニ、赤いサラファン、はるかなるサンタルチアときて、フォスターの「夢路より」で前半が終わる。(ごく一部を挙げた)後半はぐっと趣を変えて、狂言風の「鴉」、李白の「山中問答」、やっとお馴染みの日本歌曲「ゆりかご」「城ケ島の雨」「初恋」「この道」とくる。(これもごく一部)

ブラームスの「如何にいますやわが女王」から李白の「早に白帝城を発す」まで徹氏自ら明治調の古式豊かな日本語で訳している。その文学的才にも感心する。

今回のシリーズ2の表題は「緑の葉影」。その題名の示す通り、この爽やかな五月に相応しい曲ばかりを選んだ眼力、いや声力か、ドイツ、イタリア、ロシア、アメリカ、中国、日本の曲の中に棲み込み、清澄に、純情に、しかし凜として、情感豊かに、いささか裏声的に唄い上げるその実力は長い長い鍛錬の賜物だろう。八十を過ぎた男の総決算的歌唱にこの人の蒸留水的真骨頂を見た。おぉ、忘れていた。登士子夫人の可愛い姿。その夫に伴うピアノは只者ではない。元大阪音楽大学教授なのだから。次回シリーズ3は今秋だろう。今からもう愉しみである。このシリーズは永遠に続くだろう。

16.05.14武岡サロン(表)IMG_20160514_0001IMG_20160514_00020001

2016年4月15日 (金)
Tokyo-Bruxelles Trio

IMG_20160415_00010001IMG_20160415_00020001IMG_4165 (3)

2016年4月2日(土)開演14:00

 

2016年4月11日 (月)
The Spring Joint Recital(8)

2016年4月10日(日)開演14:00

IMG_4288IMG_4289IMG_20160411_00090001

2016年4月9日(土)開演19:00

IMG_4265IMG_4268IMG_4274IMG_4281

IMG_20160411_00060001

2016年4月9日(土)開演14:00

IMG_4254IMG_4258 IMG_20160411_00080001

2016年4月8日(金)開演14:00

IMG_4228IMG_4232IMG_4234IMG_4240IMG_4243 (2)IMG_4248IMG_20160411_00070001

2016年4月6日(水) 開演19:00

IMG_4207IMG_4212IMG_4215IMG_4216IMG_4221IMG_4226IMG_20160407_00010001

2016年4月5日(火)開演19:00IMG_4175IMG_4178IMG_4181IMG_4183IMG_4186IMG_4191IMG_4204IMG_20160405_0001

2016年4月4日(月)開演19:00

写真ナシ

IMG_20160411_00060001 (2)

2016年4月3日(日)開演:19:00

IMG_1725IMG_1727IMG_1731IMG_1739IMG_1742IMG_20160411_00020001

ベルギーから来日したチェリストのニコラ・デルタイユ氏とのジョイントコンサートなどがSalon Classicで4月2日から10日まで連日連夜催された。筆者、風邪のためレポートが遅延した上、感想や印象も書けないが、写真とプログラムでコンサート模様をご覧ください。

2016年4月3日(日)開演14:00

IMG_1707IMG_1709IMG_20160411_00010001

 

 

 

2016年3月21日 (月)
梯 剛之ピアノリサイタル

今日は午後から有名な梯 剛之氏のピアノリサイタルがSalon Classicであった。さすが有名なピアニストだけあって遠く東京、岡山、石川から駆けつけてくださったファンもあり、80名近い超満員の聴衆の前で美しい音色を響かせてくれた。落ち着きのある端正で清澄な響きの中に同氏の魂が籠っていてそこには何の衒いもなかった。

IMG_1601 (2)

IMG_1603 (2)

今日のプログラムはモーツァルトのサルティの主題による変奏曲、ショパンの幻想即興曲、子犬のワルツ、シューベルトの楽興の時、ベルクのソナタ第一番、それにベートーヴェンのソナタ作品110等だった。

これらを聴きながら各曲が醸し出す独特の色彩感をカラーチャートの中から探り出し、その部分を写真にしてみた。どの曲を聴く場合も、出だしから一、二分間、瞑想して聴き、そこに現われるいろんな色彩感にできるだけ似た範囲をカラーチャートの中から選び出したものである。これらはもちろん主観的色彩感だが曲によりかなり大きな違いが生じること自体が非常におもしろかった。今後も同じような実験をしてみようと考えている。

モーツァルトモーツァルトショパン幻想幻想即興曲ショ子犬子犬ワルツ楽興の時楽興の時ベルクソナタベルクソナタベートーヴェンソナ1ベートーヴェンベートーヴェンソナ2ベートーヴェン

終演後、梯氏を囲んで懇親会を開きアットホームな雰囲気の中で話に花が咲いた。明日は私の80歳の大台に乗る誕生日、その前夜祭に臨んでいるようで本当に楽しかった。

IMG_1605IMG_1608

今晩は。今日は午後2時からドイツ、ライプチヒより坪井真理子教授を迎えて早春のジョイント・コンサートをSalon Classicで行いました。坪井先生は京大医学部ご出身の眼科医でいられましたが、ドイツに留学中、すっぱり医学を辞めてピアニストに転向されました。情熱的でエネルギッシュ、迫力満点でした。出演された方々の中にも本職は医者、ピアノは趣味という人もいました。できる人は何でもできてしまうのだと感心しました。プログラムは下記の通りですが、私は先日、自分で作ったアートチャートの初適用をしてみました。主観的なものですがおもしろく感じました。

IMG_1426IMG_1429IMG_1431IMG_1435IMG_1440IMG_1444IMG_1447 (2)IMG_1456IMG_20160228_0002_NEW0001IMG_20160228_00030001

IMG_20160218_00020001

もう夜中12時10分前だ。しかし今日の印象は今日綴っておかなければ明日はもう印象が薄れる。今晩はアンソニー・ヒューイットのソロリサイタルが7時からあって終わったのが9時前。それから我が家でワインを傾けながら雑談して今やっとパソコンの前に座った。アンソニーことトニーと親しく話すのは今晩が初めて。彼の45歳の誕生日がこの3月27日なら、私の80歳の誕生日は3月22日で同じ3月生まれということで気が合った。

さて、今晩の彼の数々の演奏は非常に楽しかった。プログラムは以下に掲げるとおりだが、私は始まる前から一つのチャート・アートを用意していた。それも下記するが、食事をしながらトニーにそれを見せると非常に喜んで、stone henge の絵のようだという。Stone Hengeとは彼の故郷、イギリスの(古代先住民族の環状巨石群遺跡)である。そのstoneからsを取るとtoneになり、音を指す意味となる。音のチャートというわけでなかなかのウイットの持ち主だ。そのチャートを写真にとりながら彼いわくこんなの初めて、非常に独創的だ、きわめておもしろいといった。くどくどしい説明は避ける。このイラストを見て想像して欲しい。これはあくまで私の独断と偏見であり皆に通用するとは思わない。しかし、彼の数々の曲を聴きながら私の視点、いや聴点で一つの作図をすること自体が極めて面白かった。音に集中しなければならなかったからだ。そしてこのチャートに相応しい色付けを蝶々の色から取って当てはめてみた。彼との今晩の会話内容は豊富で非常に面白かったがそれはもう遅いから割愛する。

IMG_1340 IMG_1349IMG_20160218_00010001  美しい蝶-10_0BH美しい蝶-16_1DH美しい蝶-4_0BS

美しい蝶-18_0DS Stonehenge_Closeup

 

IMG_1319 (3)IMG_1321IMG_1328 (2)IMG_1330IMG_1332IMG_20160216_00010001

今日(2/16)は夜7時からイギリスよりピアニストのアンソニー・ヒューイット氏を迎えて冬のジョイントリサイタルをSalon Classicで開いた。アンソニーは、イギリスは北のカンブリア育ちだが、17歳で米国フィラデルフィアの難関カーティス音楽院を卒業した偉才、なかなか立派な腕を披露してくれた。一番バッターはフルート二本とピアノ、柿本夏奈、森脇佑季それに森脇貴幸の皆さんだった。F.ドップラーのDuettino onAmerican Motifsでアメリカ国歌が出てきて思わず姿勢を正した。アメリカに住んだ名残りがこんなところでこんな風に出るとは!次の細川利恵子のフランク:プレリュード、コラール&フーガがよかった。やはり私はどちらかというとフランス的なのだ。次にアンソニー。なかなかなものだ。今日はピアノの調べを聴きながらあらためてクラシック音楽の聴き方について考えた。大勢の観客の中には自らピアノを弾く人も多かろう。その人たちは彼のピアノにテクニック上のヒントを求めているかも知れない。しかし楽器のガの字も知らない私などはただ音の調べに流されながら聴いているだけだ。しかし、今日はクラシック音楽が長編詩に思えてきた。詩を読むとき、読むなりわが情感にすぐ響く詩もあれば、しばらく沈思黙考して初めてそのよさが分かる詩もある。長編詩になるほど情感への訴え方が読み進むにつれて違う。これを音楽にあてはめれば、たとえば、ショパンやベートーヴェンの曲は情感直接型だがシューマンやブラームスの曲となると私の場合は沈思黙考型になる。そういう意味で、今日の細川利恵子のシューマンやアンソニーのシューマンやブラームスは奥深くてじんわりと来る味わいを教えてくれた。

 

IMG_1294IMG_1299IMG_1308

今日(2/12)は比較的暖かい日、午前11時からSalon Classicでアコーディオニストのヴォルフガング・ヘルツレ氏とともに午餐会コンサートを催しました。何年振りかでお会いしましたが元気そうでした。どこかで聞いた名前とおっしゃる方も多いかと思いますが、そうです、彼はかつてNHKドイツ語講座の音楽担当でした。日本に長く住んで日本各地でアコーディオン・エンターテイナーとしてつとに聞こえています。今日はいつものクラシックと違って私も楽な気持ちで聴けましたし、また今や珍しくなったアコーディオンの音色に懐かしい思いをしました。もう目の前にバレンタイン、今日はそのバレンタインに因んで第一部は世界の愛の名曲の数々を弾いてくれました。

ウィーンわが夢の街、ボンジュールアヴィニオン、オーシャンゼリゼ、オ・ソレ、ミオ、アムステルダムのチューリップ、上を向いて歩こう、などなど、聴いている中に少し初め硬かったお客さんも次第にほぐれその中に手拍子を打ってリズムに乗ってきました。奏者もお客さんの間に出てきて一人一人の顔を見ながら奏でます。第2部はドイツ音楽、お馴染みのローレライ、菩提樹、野ばらのドイツリードメドレーが始まると皆さん一斉に口々に体を左右に揺らしながら歌い始めました。盛り上がったいい雰囲気です。エーデルワイスではヘルツレ氏の奥さんが多くの大中小の鈴を鳴らして演奏に加わりました。インデンベルケン、サーカスレンス、ドイツポルカとテンポの速い曲が続きました。今日の様子はビデオに収めました。

終演後、部屋を変えて軽食、お茶菓子で皆さんと楽しい団欒のひとときを持ちましたが、皆さんどなたからもこんな楽しいコンサートはなかったとか久しぶりだと伺い、主催者側として大変ありがたいことでした。

今日(2/10)は午後7時からSalon Classicでオフィス・ルチェーレ主催の若手実力派3人によるPiano Trio Concertが開かれた。ヴァイオリンの高瀬真由子はロンドン育ち、向こうでヴァイオリンを始め、帰国後、桐朋女子高校、桐朋学園大学で学んだ国際派。チェロの寺田達郎は愛知県岡崎市出身でやはり桐朋学園大学卒。ピアノの大野真由子は東京藝術大学卒。三人とも間違いなく言葉通りの実力派だった。
このホールは大きさから言ってこのピアノ三重奏辺りが一番適しているのかも知れない。三種の楽器が奏でる、違った弦の、違った太さの、違った音色が気持ちよくきれいに調和してホールを埋め尽くし、その音糸に我が身が完全に縛られてしまった。曲はドヴォルザークのピアノ三重奏曲第4番ホ短調「ドゥムキー」とメンデルスゾーンのピアノ三重奏曲第2番ハ短調作品66だった。どちらの演奏も甲乙つけがたい素晴らしいものだったが、私の曲の好みからいえば、どちらかというとドヴォルザークだった。この「ドゥムキー」は、ウクライナ起源の憂鬱な叙事的な歌謡バラードを指すようだが、スラヴ的な…愁いを含んだ美しい旋律が全篇に流れジプシー音楽やチェコの民族舞曲に影響された激しいリズムが織り込まれていて、それに酔わされてしまった。
この他ヘンデルのパッサカリアやアンコールではピアソラが弾かれた。

IMG_1282 (2)IMG_1291IMG_1293 (2)

IMG_1236IMG_1238IMG_1241IMG_1244IMG_1248IMG_1252IMG_1254IMG_1257IMG_1262IMG_1264IMG_1269

今日(2/6)、Salon Classicで当社(The Music Center Japan)の運営する各種音楽教室の合同ミニミニ音楽発表会がありました。受験その他で参加できなかった人も多くほんの一握りの出席者でしたが実に楽しい会でした。やがて八十歳になる私から見ればひ孫といってもいい可愛い中村陽佳ちゃんから私たちの年寄り仲間と言ってもよい上原秀雄さんまで年令もバラバラ。楽器もいろいろ。ピアノに珍しいハープ、それにヴァイオリン。思わずどの演奏にもニコッとしてしまいました。ほのぼのという言葉はこんな時に使うのでしょうね。上手下手はおよそ関係ない。だってレッスンを始めたばかりの人もいれば退職後再開した人たちもいるのですもの。音楽、中でもクラシック音楽は、こうして一生懸命、無心に演奏しているみなさんに、またそれをじいっと聴いているみなさんにどんなことを語りかけているのでしょうか。きっときっと素晴らしいことを囁いていることでしょう。

7番さんは欠席でした。IMG_20160206_00010001

IMG_1224IMG_1229

2月5日、夜7時から始まったバロックギターの世界的名手、マルコ・メローニのリサイタルが先ほど終わりました。久しぶりに聴くバロックギターの音色は寒く暗い夜に慰みを与えてくれました。観客は多いとは残念ながら言えませんでしたが、参加された々方はどなたも熱心なバロックギターの愛好者とお見受けしました。終演後、マルコを囲んで熱心に質問されていました。 ところでこのギターの音色をどう表現したらよいか、大いに悩みます。決して派手ではなく、むしろ物静かで単調ですが、どこかに豆のような華があり、それがしんみりと心に響いてきました。 やはり曲がJ.S.バッハのものばかりだったからでしょうか。

線香花火が                          Small fireworks

物静かに心に                      Of classical guitar

赤黄紫の豆粒                      Quietly sparkle inside

火花を散らす                      Colorfully yet naively

バロックギターな夜            At dark night

お客さんからこんな声が聞こえてきました。

とにかくすばらしいというしかありません。最近はバロックオペラやバロック歌曲などの伴奏に盛んにバロックギターが登場します。リズム楽器的な役割が多かったのですが,独奏楽器として,これ一本でコンサートを持たせることが,まず奇跡です。ともかく,関西で企画してくれた方に感謝。もちろん,メローニさんにも。

昨晩(急遽)バロックギターのコンサートへ行きました。

素晴らしかった。。 もっと早く知ってたら宣伝したかった、、

彼は古楽の楽譜タブラチュアや奏法も研究していて、出版されていない曲から、 バッハのパルティータやシャコンヌをバロックギターvar.で聴かせてくれました。

やっぱり弦の音色はたまりません(´Д` ) 私達ピアノ弾きは、弦を響かせる事→いかにタッチを大切にしないといけないか という事を感じました。

弦が9本もあって湿度温度にデリケートで調弦が大変だそう。彼は「ギタリストは人生の半分は調弦している」と笑っていました(^-^)

素晴らしかったです。

 

16-01-31-15-42-53-975_photo16-01-31-15-52-37-134_photo
宮崎剛 コンサート・シリーズ2015の最後を締めくくる村上奈美(フルート)と宮崎剛(ピアノ)のデュオが1月31日、午後2時からSalon Classicで行われました。私は残念ながら都合により出席できませんでしたが、当日のお客さんから頂いたレポートを下記させて頂きます。
宮崎先生の本番はいつも雨…といわれて(?) いますが、今日は快晴でとても気持ちの良いお天気でした。順番にお聞きした解説と感想を述べたいと思います。
1.ドップラー:田園幻想曲
優れたフルート奏者であったフランツ ドップラーの代表作である、ハンガリー田園幻想曲はフルートの豊かな音色と表現力がふんだんに織り込まれていました。冒頭のメロディは日本の民謡にも似ていて、小節(こぶし)を思わせるかのような細かい音の動きや息づかいが、まるで尺八の響きを彷彿とさせました。
後半には、爽やかな風のような澄んだ高音と華やかで美しいメロディが会場のグリーンの絨毯と相まって、まるで草原にいるかのような広がりを感じました。
2.ショパン:ノクターン作品48-1
ノクターンには穏やかな曲が多い中、この曲は、恋人ジョルジュ・サンドへの熱い想いが込められており、平安なだけの曲ではありません。
小さな音を楽しむかのようなショパンの静かな内面を表す曲想から始まり、情熱をぶつけるような後半へと、ショパンの狂おしい心情が心に響いてくる演奏でした。
3.ショパン:バラード第1番作品23
ショパンのバラード第1番はショパンが20才の頃、ポーランドに住むショパンの友達が作った物語をイメージして作られた曲だそうです。
その物語とは、リトアニアの王子が奪われた祖国を想い取り返すも命を落とすと言う悲しいお話ですが、ただ悲しいだけではなく、祖国を想う王子の心がとても気高く尊く感じられます。
また昨年、羽生結弦選手が演じた曲でもあり、震災にあった故郷を想う羽生選手と王子とが重なり、それをイメージして聴いたバラード1番とても素晴らしかったです。聴きながら物語が進行していきました。
悲しみ、迷い、怒り、希望、いろんな感情がピアノを通してビンビン伝わってきました。クライマックスで命を落とすシーンさえも荘厳で胸に響きました。ピアノならでは、また宮崎先生ならではの芸術だと思いました。
4.ショパン:序奏とポロネーズ作品3
ショパンが若い時の、技巧を駆使した作品。
本来はチェロの曲ですが、フルートの透き通った高い音色にも、チェロとは違う趣きが感じらました。のどかな部分はフルートとピアノが寄り添うように語り合い、激しい部分はお互いが主張しつつも溶け合い、駆け抜けるような演奏で、ショパンの歌的なフレーズと息づかいが見事に表現されていました。
5.フランク:ピアノとフルートのためのソナタ
元々はヴァイオリンとピアノのためのソナタでですが、フルートにも編曲されています。弦楽の曲をフルートで吹くのは息継ぎなど難しいところも多いのだそう。この作品はフルートは独奏、ピアノは伴奏、ではなくあくまで2重奏的に奏でられるのですが、お二人の掛け合いがなんとも言えず絶妙で、本当にワクワクさせられました。
アンコール1.モンティ:チャルダッシュ
アンコール2.リクエストコーナー
フルートの村上さんにも参加して頂いてのリクエストコーナーでした。
北国の春→思い出がいっぱい→神田川→クシコスポスト→北国の春→「アルルの女」よりメヌエット(withフルート)→歌の翼に(withフルート)
2016年1月10日 (日)
David Korevaar Piano Recital

2016年1月9日(土)午後2時からSalon Classicで今回来日最後のソロリサイタルがあった。

それはもうすべてが圧巻だった。こんなあらゆる意味で強烈なコンサートは私のコンサート観を破ってしまった。凄い、の一語に尽きる。その素晴らしさは筆舌に尽くし難いが、ディヴィッド・コレヴァーの真骨頂、真価が今日ほど発揮されたことはかつてなかった。ディヴィッドから予め送られてきたプログラム解説を訳しているときから、内容の複雑さ、訳し難さを痛感していたが、なるほどこれがその実体だったのかと知って唖然としてしまった。ともかくパワフルでダイナミック、緩急自在、目に留まらぬ速さもあれば急ブレーキを掛けた遅さもある。明るさはあくまで明るく暗さはあくまで暗かった。それは音による現代絵画だった。たとえばワリシー・カンディンスキーやパウロ・グレーあるいはジャクソン・ポロックの作品を見る思いだった。ディヴィッドは音で詩や物語を書く詩人、文士であり、同時に絵を描く画家でもあった。聴く方も同じく曲を聴くというよりそれを通じてそこに何を見るか何を読むかを迫られたような気持ちがした。ヒンデミットの新鮮さもさることながら、今回、一番強烈な印象を持ったのはラヴェルの「夜のガスパール」だった。今までに何度も聴いた曲ではあったが、その重厚な暗さの美にとくに圧倒された。私が抱いた印象を上記の画家たちの作品で表すと次のようになる。1の着物はシューベルト曲、2の線画はヒンデミット、3はラヴェルのオンディーヌ、4は絞首台、5はスカルボ、6はリスト曲である。

IMG_20160110_00010001

IMG_1164 (2)

 

Today’s concert was the best I’d ever heard David playing. It was superb!  So powerful and so dynamic. The splendor is beyond description but David showed unmistakably the best and greatest part of him. He is not only a pianist on the keyboard but also a poet writing beautiful poems by pen and a painter of modern arts by brushing on canvas. I was today especially charmed by Paul Hindemith but more fully intoxicated by Maurice Ravel’s Gaspard de la nuit. They were like works by contemporary artists such as W. Kandinsky, Paul Grey or Jackson Pollock.

シューベルト 即興曲

シューベルト 即興曲

ヒンデミット ソナタ第3番

ヒンデミット ソナタ第3番

ラヴェル: オンディーヌ

ラヴェル: オンディーヌ

ラヴェル:夜のガスパール 絞首台

ラヴェル:夜のガスパール
絞首台

ラヴェル:夜のガスパール スカルボ

ラヴェル:夜のガスパール
スカルボ

リスト:メフィストワルツ第1番

リスト:メフィストワルツ第1番

今日は昼からある個人宅のベヒシュタインピアノのある広く綺麗な客間で寛いだサロンコンサートをさせていただいた。弾き手もピアノもともに喜び満足し合い美しい音色を奏でてくれた。最初のバッハのプレリュードとフーガでは部屋の最後部にいる私の眼前まで曲の幻がホノグラフのように彷徨い出てそれを私は掴みそうになった。また次のシューベルトの即興曲ではオレンジ色した満開の花園が目の前に現れ、艶のある花々の咲く光景は見事だった。ラヴェルのオンディーヌに至ってはコボッ、コボッとした少し高い、ゴボッ、ゴボッとした少し低い音がし、あざけるような笑い声が聴こえた。まさに水の精のオンパレードだった。次のショパンのバラードでは夜空に煌めく宝石の数々を見る想いがし、甘くセンチメンタルな気分になった。このような美しいイリュージョンを呼び覚ましてくれるピアニストも少ないが、それ以上にこのようなカラッとした音色を醸してくれた今日のようなベヒシュタインもそう見掛けない。非常に印象に残ったサロンコンサートだった。

IMG_1148

IMG_1156

2016年1月7日 (木)
New Year Concerto

12419000_793752270736843_6101682384312565347_o

1月6日(水)午後7時から横浜のリリスホールで2016年度Happy New Year Concertoが家内が立ち上げた湘南チェンバーオーケストラによって演奏された。残念ながら、小生は留守番役で参加できなかったため個人的感想は述べられないが、写真が送られてきたので、それらを掲載する。いずれDVDを聴いたときに感想を述べたい。

16.01.06湘南チェンバーリリス(表)12471493_793751154070288_2211961467880929384_o12493866_793751570736913_8434633206136467258_o12466241_793752570736813_3492441155647659371_o12484823_793752597403477_3570373686534681936_o

2016年1月4日 (月)
2016 New Year Home Concert

今日一月四日は午後一時半から自宅で新年ホームコンサートを催した。2日に来日したディヴィッド・コレヴァー氏が客演である。

周囲の窓からカーテン越しに冬の柔らかい自然光が差し込み、黒いピアノの上に白く落ち、居座った2ダースほどの聴衆を淡いいぶし銀の空気で包んでいる。それはどこかフェルメールの世界にも似て、密室のホールとはまた違った薄明るい開放感のあるアトホームな雰囲気を醸している。演奏が始まるとカーテンの一部が閉められたが、なお明るい。お正月明けにこのような新年ホームコンサートが開けること自体が嬉しいことである。

同じ音楽でも聴く場所と雰囲気によって味わいが違う。ラウンジとダイニングとキッチンを一つにした30畳弱の空間でいわばお仲間たちと一緒に聴くクラシックは一人で聴いたり大小ホールで聴くのとは違って聴衆同士が家族に思え、音楽を聴く以上の喜びを与えてくれた。

今日のプログラムは、岩本美子と岡崎尊子がモーツァルトのソナタKV521第1楽章とドヴォルジャークのスラブ舞曲よりOp.46-1、Op.72-2を弾けば、渡真美がハイドンのピアノソナタ第62番Hob.XⅥ/52を弾いた。続いては森上芙美子がショパンのワルツ4番Op.34-3、6番Op.64-1、7番Op.64-2、5番Op.42を弾き、最後に客演のディヴィッド・コレヴァーがショパンの舟歌Op.60、ノクターンOp.15-2、スケルツォ第4番Op.54とアンコール曲にシューベルトを弾いた。

ピアノを聴いている私が今日かってにつけた音楽用語がある。音楽に素人の私が生意気にもつけた不遜な用語で恐縮の至りだが、そう感じたのも事実なので感じたままを述べさせてもらう。それは音に起きているというかタテに立っている音と寝ているというかヨコになっている音があることである。姿勢と同じで立っている音は濁りがなく縦に深く鮮明でクッキリしているが、寝ている音はいささか平板で横にひしゃげ若干濁りも感じる。それはピントのあった写真とピンボケの写真を見る思いだった。

終演後はお正月に因み、ワインで乾杯、自己紹介の後、小一時間ほどみな思い思いに歓談し、楽しいひとときを過ごした。

IMG_1105IMG_1111

IMG_1117IMG_1120IMG_1121

今日はイケメンのオペラ歌手、バリトンの楠木稔と東京二期会所属の美女、ソプラノの和泉万里子によるクリスマスミニミニコンサート(~芦屋で優雅なひとときを~)がSalon Classic一階サロンであった。ミニミニどころか私の耳には大コンサートだった。その声量豊かな澄明な高音と低音は私を30年前のニューヨーク生活に連れ戻してくれた。今頃、あのいつも上から見下ろしたロックフェラーセンター辺りはクリスマスツリーが点滅してアイススケーターたちで賑わっていることだろう。またハドソン川に沿った郊外の古い町は一面真っ白な雪に覆われ、文字通りのホワイトクリスマス、その中をちょろちょろと燈の動くカンテラを下げて教会への一本道を一列に並んで歩いて行った、あの頃を思い出す。あの厳粛な祈りの場面、響いた讃美歌、今日の二人の歌と重なった。もう一度マンハッタンへ戻ろう。ちょうど30年前、私の50歳の誕生日は多発テロで崩れたあのワールド・トレード・センターの107階レストランで家族で食事をした後、今日、和泉万里子が歌ったミュージカル『キャッツ』を見た。あの「メモリー」は忘れようがない。「美女と野獣」も42丁目辺りで見たし、また、メトロポリタンオペラで今日の『フィガロの結婚』も『ジャンニ・スキッキ』も見た。遠い昔の世界が突如一度に脳裏へ蘇ってきた。和泉万里子はウィーンへ5年間留学していたというし、楠木稔も関西歌劇団に所属して全国を歌いまくっているという。またピアノの三浦奈津美もニューヨークのミュージックフェスティバルに出演したという。みなプロとしての腕前、喉前をいかんなく発揮してくれた。有難う。

IMG_1039 (3)IMG_1046 (2)IMG_1030IMG_1033IMG_1049IMG_1044

今日は2時からSalon Classicでアイルランド出身のライア奏者、ジョン・ビリング氏によるクリスマスライアーコンサートがありました。案内役は演奏も兼ねて八幡理恵子さん。

珍しい楽器に吸い寄せられた満席のお客さん、キラキラ輝くクリスマス・ツリーを眺めながらライアの癒しの音色にうっとりしていました。ハープの妹でしょうか。ハープを椎茸としたらライアはエノキタケです。その小さな楽器をタテにして裏から表から大柄なジョンの右手左手が抒情豊かに奏でます。そよ風がそっと頬を撫でるようなどこまでも癒しの音色でした。ギリシャ語源の楽器の英語綴りはlyreですが、そういえば英語のlyricは抒情的という意味でした。IMG_0993IMG_0994IMG_0999

頬を撫でる

微風に似て

ライアは

どこまでも

癒しの音色

 

As breeze

Gently

Kisses cheeks

So lyre sounds

Healing forever

 

IMG_0960

IMG_0963IMG_0965IMG_0966

よかった。将来は大物。まだ23歳の新星。ロンドンで勉強中の彼。一杯生演奏を聴いてきた私がいうのだ、間違いない。目を瞑り眉間に皺を寄せて、陶酔し切った表情で弾く若きヴァイオリニストに栄光あれ。聴衆はみな大きなオルゴールの中に入れられた気分。思わず終演後、CDはないの、と訊いてしまった。お姉さんのような美人のピアニストに支えられて無心に弾く。このピアニストのしなやかな手の動き、身体の傾斜。雰囲気があった。彼氏いわく、壁の絵も演奏雰囲気に一役買ったとか、嬉しいことをいう。学生時代居場所がなかったという彼。これから一杯あるじゃないか。

IMG_0944 (1)IMG_20151205_00020001

今日は上記のようなプログラムで二人の演奏があった。世界でもてはやされるだけのことはある。私たちは蝋燭の灯を知っている。火というより「あかり」であり「ともしび」である。火がゆらめき、よく見ると火の中に火があり、火の芯が筋のようでもある。青じんでいるところもある。そのような灯を眺めていると神聖な祈りの気分になる。ダヴィデのフルートの音色はいわば蝋燭の灯である。音の中に音の芯があり、揺らめきながら筋となって上っていく。アンコールで吹いたグノーのアヴェ・マリアなど聴いていると祈りそのものを聴いているようだ。それぞれの曲については私が翻訳し要約した解説をご覧頂きたい。

IMG_0934 (2)

 

 

IMG_20151205_00010001

上記のようなプログラムで皆さん素晴らしい演奏をされました。

IMG_0909 (1)北岸さんは農学博士、元大学教授。IMG_0911益々腕を上げる野村さん。

IMG_0913IMG_0917 (3)華やかなお二人IMG_0920 (3)まろやかないい音IMG_0924後期高齢者のオールドパワーもらった。IMG_0923 (3)

IMG_0930このスタイル、このイケメンぶりIMG_0938

今年もついに師走入りしました。一年が経つのは本当に早い。今年も欧米から多くの音楽家がこの小さなサロンに来てくれました。最後はイタリア、ドイツからです。かつてミラノスカラ座のトップ・フルーティストで現在ドイツ・シュトゥットガルト音楽大学の教授をしているダヴィデ・フォウミザーノとベルリン・フィルのコレペティをしていたフィリップ・モルが13年ぶりに来てくれました。ダヴィデは昨日ドイツから直行便で関空に着き、疲れた身体を我が家のタタミ部屋で癒し今日の演奏に臨んでくれました。タタミが気に入った理由を訊くとミラノの自宅もシュトゥットガルトのアパートも寝室はタタミ部屋とか。男一匹、フルート一本持って世界を駆け巡る背の高いイケメンがタタミとは!料理も日本料理がイタリア料理の次に好きだとか!!28歳だった彼氏ももう41歳、こちらもそれだけ齢をとったわけだ。この忙しい二人、今日のここでの演奏が終わると、直ぐに次の公演場所、福岡に飛んで行きました。

IMG_0955OLYMPUS DIGITAL CAMERA 2002年9月21日湘南国際村

のSalon Collinaにて

 

 

 

今日は久しぶりに正調の声を聴いた。タキシードに身を包み、凛として歌うその姿には気品が漂い、81歳と思えぬ美声が響いた。この光景はホールによくマッチして絵になり、歌う歌には花があった。根っからのロマンティストと見えて、ドイツ歌曲もイタリア歌曲も自ら翻訳、お蔭で歌の雰囲気がよく楽しめた。中学入学の頃(昭和23年)流行ったオールド・ブラック・ジョーに久しぶりに出会った。古今東西を網羅したその選曲に並々ならぬ意欲を感じ、アンコールに去り難い思いを感じた。本日の歌い手の名は武岡徹、元高校教師、ピアノ伴奏は奥方だった。

IMG_0889IMG_0897 (2)

IMG_20151128_00010001IMG_20151128_00020001

今日(11/8)もダニエル・ルービンシュタインとのジョイントリサイタルがありました。これで芦屋で三日目となるダニエルとの秋のジョイントも終了しました。今日も昨日に引き続き歌のプログラムが多くありました。女性の声もいいが男性の声にほれぼれしました。ダニエル・ルービンシュタインのヴァイオリンを今日、眼前で聴くとまた少し印象が違いました。そのほんとに電球のフィラメントのように細く純正の音は一切濁らず、微妙に長く繊細で豊か、まるで平安朝の鞠の糸のようでした。 終演後、簡単な打ち上げをやり、自宅に戻るとウクライナから九州交響楽団のクラリネット奏者がやってきてダニエルらと話に花が咲きました。

IMG_0850 (2)IMG_0812IMG_0821 (2)IMG_0832IMG_0833 (2)IMG_0844IMG_0848 (2)IMG_0856

2015年11月8日 (日)
The Autumn Joint Recital 2

今日(11/7)は将来有望な少年ヴァイオリニストから熟達のプロのヴァイオリニストまで登場し、他方、ウィーンで5年間もオペラを学んだ美人のオペラ歌手が表情豊かに色んな歌を披露した。

IMG_0801IMG_0858IMG_0759 IMG_0765IMG_0772daniel3 IMG_0775  IMG_0791  Daniel1

IMG_20151025_0001IMG_0663

 

 

こんばんは。今日(10/25)も充実した芸術の一日でした。

今日は午後3時からSalon Classicで漆原啓子とヤコブ・ロイシュナー(ドイツ)のデュオ・リサイタルがあった。もう漆原啓子との付き合いはかれこれ20年以上に及ぶ。そんな彼女の熟達ぶりをずっと眺めてきたわれわれには名器ストラディバリウスもスタインウエイもそのままこの二人の姿だ。澄明で繊細、光沢を放つ絹糸のヴァイオリンの白糸の滝、その裏側で見え隠れするピアノの黒岩、そんな滝シャワーに心が洗浄されうっとりと聴き惚れる。ヴァイオリンとピアノで織り成す西陣織の四季の花。後半、ドビュッシーやサンサーンスを奏でる漆原の演奏姿をスケッチしながら彼女は花芯、その周りに開く色んな花の花弁。ドビュッシーは月見草から桔梗、クレマチス、百合、カサブランカに変化したし、サン=サーンスは鶏頭、ディジー、カーネーションを経て大輪の菊へと発展して行った。満席の観客の表情にも満足感が溢れていた。

IMG_0649 (2)IMG_0653IMG_0656IMG_0658

IMG_20151024_0002_NEW今日はSalon Classicで午後6時から福間洸太朗さん(ベルリン在住)のピアノリサイタルがあった。開場時間前から多くの客が受付前に並んだだけでもその人気の高さが分かった。今日のプログラムはプロジェクト4回シリーズのうちの第1回目で『三大楽聖のキセキVol.1つぼみ』と銘打って、モーツァルトとベートーヴェンとシューベルトの初期作品の演奏だった。

アイススケーターの高橋大輔と間違いそうな、長身のイケメンで青い蝶々を思わすような衣裳をつけた同氏の三大楽聖の話から始まった。18世紀後半から19世紀前半、つまり古典派から前期ロマン派に掛けて活躍した三傑の初期作品の演奏だった。このプログラムを見るなり、私はどの順序でこの三傑が好きか、今日こそそれを決しようと自問自答しながら熱心に聴いた。みなそれぞれ好みがあって違うだろうが、私の場合は、結局、ベートーヴェン、シューベルト、モーツァルトの順になった。ちなみに家内に訊くと彼女はシューベルト、モーツアルト、ベートーヴェンの順だという。みなで六通りの組合せになるが、観客それぞれ異なった好みになるも…のと思う。今日のリサイタルでこのような比較ができたのは非常におもしろかった。モーツァルトが私の場合、最後にくるのはそれが単調に感じられるからだが、当時の楽器の様相を想えばそれもやむを得ないのかもしれない。 洸太朗氏の演奏はその人柄通り優美で繊細、名前の如くみずみずしく光輝いていた。

もっと見る

客演にシャンドル&アダム・ヤヴォルカイ兄弟を迎えてSalon Classicで。

北岸恵子(ピアノ)ボロディン:小組曲より 第2曲、第6曲 ショパン:練習曲Op.10-3「別れの曲」スケルツォ第3番嬰ハ短調Op.39

IMG_0379したものです。二足のわらじを履いて。

谷川由岐子(ソプラノ)伴奏:上岸芳子 モーツァルト:楽しい安らぎをK152、歌劇「フィガロの結婚」より”とうとう嬉しい時がきた~恋人よここに~””喜びに踊りて”、ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いたときK520、木下牧子:夢みたものは

IMG_0381この可憐な姿と声

山内瑤子(チェロ)高橋裕(ピアノ)ベートーヴェン:チェロソナタ第3番イ長調作品69より第1楽章

IMG_0382 (3)聞かせました

丹野桃子(ピアノ)ハイドン:ピアノソナタHob.ⅩⅥ:52より第1楽章、ヒナステラ:ピアノソナタ第1番Op.22より第1、3、4楽章

IMG_0385フェルメールの絵を見ているような。ヒナステラよかった。

國枝千加(ピアノ)モーツァルト:フランスの歌「ああ、お母さん聞いて」による12の変奏曲(きらきら星変奏曲)K265

IMG_0387文字通りキラキラと金色に輝いて。

 

湯気がもう立っていませんが…

10/4、18:00より開いたヤヴォルカイ兄弟のデュオ・リサイタルに霜浦陽子がピアニストとして登場した。彼女のピアノソロにシューベルトの即興曲ヘ短調作品142-1、ラヴェルの「水の戯れ」「亡き王女のためのパヴァーヌ」があった。私は元来絵画的なラヴェルの曲が好きだが、中でも今回の「亡き王女…」が好きだった。高尚な雅を感じるからだ。私は今、芦屋で「ヨーロッパ歴史研究」のサークルに入っているので、この表題には特に関心がある。パヴァーヌとは16,7世紀、宮廷で流行った舞踏で、その言葉の響きがよい。この王女は後の神聖ローマ皇帝レオポルド1世の皇后となるスペイン王フェリベ4世の娘で、その幼い頃の絵、ディエゴ・ベラスケスが描く「マルガリータの肖像」を胸に描きながらこの曲を聴くと一層その雅を感じるのだった。 ヤヴォルカイ兄弟と霜浦陽子のトリオは、ハイドンのジプシー風トリオ作品39番。 ヴァイオリンとチェロとピアノが相性よく睦み合い、明朗で軽快、流麗な心を洗うような調べが流れる。どこか部分的に讃美歌を聴いている趣となり、一瞬、ここは教会の堂内かと錯覚した。

IMG_0411IMG_0414

お早うございます。私の耳にはまだ昨夜の醜美音が響いています。

10月4日、5日の二日間に亘る昼夜都合4回のヤヴォルカイ兄弟によるリサイタルが拍手喝采のうちに終了した。何といってもこの二人の愉快なキャラがものを言った。どっちも太っちょだが兄貴のシャンドルの方が弟のアダムより一回り大きい。そのバランスを取るように兄貴は小さなヴァイオリン、弟は大きなチェロを抱えている。二人はいわばボケとツッコミの弦楽器漫才師だ。二日とも同じプログラムをベースにしたが、昨夜は最後とあってその軽妙味をいかんなく発揮したので、その印象を持って今回のリサイタルの総括としたい。 前回述べたサラサーテの「ティゴイネルワイゼン」が正とすればドゥブロヴァイの「ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲」は反、あるいは合だった。 現代曲というべきか、とにかくシュール、シュール、絵画にシュールレアリズムがあるごとく音楽のそれはこんなのをいうのだろうか。二人して想像できる限りのあらゆる音を出す。キーキーウウウー、グジュグジュグジュ、シュー、キャッ、キャッ、キャッと奇音が発せられる。即興のでたらめ…かと思ったら二人ともちゃんと譜面を見ている。すべての美音を否定した醜音の音のコラージュとでもいうべきか、しかしそこにはちゃんと美しい秩序があって快い、メロディにならないメロディで作るメロディだった。お能かと思わす部分もあれば神妙な氏神さんの音もあってまさに掛け合い漫才的デュオ演奏だった。 ハチャトリアンの「剣の舞」、リムスキー=コルサコフの「熊蜂の飛行」どちらも目に止まらぬ速い弓の動き、さざ波に揺れる棒杭の水面に映る反射のようだ。まさにエンターティニングだった。 この二人はわれわれ夫婦のために都合4回もアンコールとして「チャルダシュ」を弾いてくれた。「チャルダッシュ侯爵夫人」は、エメリッヒ・カールマン作曲のオペレッタ。1915年11月17日、 ウィーンのヨハン・シュトラウス劇場で初演されたもの。われわれがこの曲をこよなく愛していることを先刻承知していたのだろう。この好意にどう答えたらよいか一瞬迷ったが、エーイ、書を書いて二人にやろうと筆を握った。「音驚天動地」(Yavorkai brothers’ /Sounds/ surprise the Heaven and/tremble the earth/why not human-being)IMG_20151006_0001_NEW (2)IMG_20151006_0003_NEWヤヴォルカイIMG_0449IMG_0456IMG_0466

IMG_0406IMG_0409 (1)ヤヴォルカイ兄弟の演奏について小出しに触れよう。ジョイントの模様や霜浦陽子とのトリオについては追々述べるとして今は次をもって総論とする。

ヤヴォルカイ兄弟の演奏についてはごたごたと書き連ねるよりも、アンコール曲の一つとして弾いたお馴染みの『ツィゴイネルワイゼン』一つを取り上げればもう十分だろう。ご存知の通り、これはスペイン生まれのヴァイオリニスト、サラサーテが1878年(筆者の祖父の2歳の時だ)に作曲した、非常に派手で劇的なヴァイオリン曲である。題名は「ジプシー(ロマ)の旋律」という意味だ。いくつかのハンガリー民謡・大衆音楽の旋律を組み合わせて作曲したものだから、この曲をハンガリーロマ出身のヤヴォルカイ兄弟以外のだれが本物中の本物の演奏ができるだろう。  それをこのSalon Classicの小さな空間でライブで聴くのだから昨日の午後は至福の中でも最高の至福を味わった。 哀愁(まさに秋の心)に満ちた悲しげながらも堂々とした旋律。起伏に富み抒情的で、激情的な部分もあれば、歌謡的な部分もある、これでは見せ場というより聴かせ場に事欠かない。拍子のことなど筆者には十分分からないが、緩いテンポからいきなり急速なテンポとなったり遅くなったりすると何だかブランコに乗ってスゥッと落ちる気分になりスリル満点だ。それに右手指、左手指で爪弾く弦音の心地よさってない。ヴァイオリンの弓が垂直とすればチェロのそれは水平でいつも横T字型になっている演奏に見入っていた。

2015年10月5日 (月)
トルコレストラン

今朝は昨昼よりも昨晩の話からしよう。今晩のおもしろいエピソードだ。

昨晩、ヤヴォルカイ兄弟のリサイタル終演後、芦屋川駅近くのトルコレストランに食事に行った。なんでもここは昨昼、偶々この兄弟がこの近くを歩いているとトルコ人店主に呼び止められて入ったレストランという。トルコとハンガリーは元来仲良しで、二人の風貌から二人をハンガリー人と断じた店主が二人を親切にもてなしたので、そのお返しに今晩はヴァイオリンを持ってまたくると約束してきたものだった。

そこで兄のシャンドルが背中にヴァイオリンを担いで入って行くと、店内の20人ほどの人が手を叩いて歓迎してくれた。なんと店主がもうそろそろ現われるころだとみなに告げ待っていたものらしい。その人たちがどなたかわれわれが知るはずもない。トルコビールなどでのどを潤してからやおら立ち上がったシャンドルが皆の前でヴァイオリンを弾き始めた。品のよい白髪の人、黒装束の人、知的な壮年の男女、夫々、真剣な眼差しでシャンドルの音色に耳を傾ける。

私はついに隣の中年女性に、「皆さんご一緒ですか」と尋ねると、「私たちは音楽関係者や宗教関係者で今日はキリスタン大名、高山右近の400年祭を記念して芦屋で演奏したりコーラスで歌ってきました。今、ここで打ち上げをしているところです。高山右近をご存じですか」と来た。私にとって高山右近は知るも知らぬもない。高山右近は私の生まれた高槻の高槻城主。その城跡に出来た中学の卒業生だと答えたら、一同その奇遇にビックリ、同時にこの二人が超絶技巧でギネスブックの記録を超えた世界的に有名なヴァイオリニストとチェリストだと家内が説明すると、話の盛り上がること盛り上がること。皆が曲に合わせて手を叩くと、シャンドルも一段と調子に乗り17世紀末の名器を手に縦横無尽に弾きまくる。

客の何人かが、これは日本で努力してマスターしたヴァイオリンとは次元が違う。努力よりも生まれつき。その血が今、湧いてきている。普通なら昼間本番で弾いたら夜はもうヘトヘト、弾く元気などないものだがいくらでも無尽蔵に弾く。何よりそれがその証拠だと感心していた。その通り。チェコ辺りで私も経験したが、真っ暗の夜中、林に吊るされた裸電球の下、いつ果てるともなく弦楽器を弾きまくっていた楽師たちを思い出していた。IMG_0430IMG_0429

すっかりお馴染みになった宮崎 剛のコンサート・シリーズ2015の第2回は宮崎 剛のソロピアノ・リサイタルだった。追っかけ的宮崎ファンが居並ぶ中、解説もなく静かにバッハのフランス組曲BWV.817で始まり、モーツァルトのピアノソナタK.310が続いた。バッハ曲はいささか内省的に聞こえたが宗教的ではなかった。

モーツァルトはきわめて流麗だった。休憩を挟んでプロコフィエフのピアノソナタ第7番作品83(戦争ソナタ)が始まった。宮崎の解説や感想通り、この曲はいささかうるさすぎてこのホールには向かなかったかも知れない。解説によると、この曲は「戦争ソナタ」と言われはするが、直接、戦争とは関係ない。ただ世界大戦中に作曲されただけのことらしい。もう機械文明の響きがした。

さてエンターテイメントの時間がやってきた。ファンからの今日のリクェスト曲は数多く、順番など覚えてられない。リゴレット、花の歌、赤とんぼ、からまつ、スワニー、日本昔話、イパネバ、展覧会の絵、この道、函館の人、ボレロ、最後はシャンソン枯葉。

それに今日は飛び入りで演歌のピアノ。弾くは吉原千景、曲は吉 幾三の「酒よ」。吉原は宮崎を師として精進しているそうだが、その師を「宇宙人」呼ばわりしているらしい。偶々、私の描いた「異星人」を見て、これだと思ったという。

その通り、宮崎の芸当ぶりを見聞きしていると、「異星人」に思えてくる。私たちは日常ごく自然に色んな話をしているが、その際、話したいことをイメージするだけで、自然に口が開き舌が動き声が出る。それと同じで宮崎は弾きたい曲をイメージするだけで、自然に手が動き、指が動いて音が出る、らしい。目は口ほどにものをいうというが、異星人の宮崎は手指が口ほどにものをいうらしい。その異星人のボレロが特によかったし、吉原の「酒よ」がよく、酔ってしまった。IMG_0204宮崎 剛の演奏風景

IMG_0208宮崎 剛と吉原千景

IMG_0209吉原千景の演奏風景

IMG_0213花束をファンからもらった

IMG_0218これが「異星人」

それにしてもを

 

イヴ・アンリは私が知る限りの最高のピアニストだ。その演奏にピアノ芸術の極致を見た。とにかく詩なのだ。いささか我田引水に聞こえようが、私は絵を描くとき事物自体よりも、それらが醸しだす雰囲気、つまり空気、言い換えれば詩を描きたいのだ。それと同じでイヴも雰囲気、つまり詩を奏でている。器楽はそもそも抽象的で具象的ではない。その抽象性に詩的世界を発見するかどうかだ。

今日(2015.9.19)のレクチャー・リサイタルで、ショパンは「舟歌」をベニスのゴンドラからインスピレーションを得て作曲したと言う。たしかにこの曲を聴いていると夕日を受けてキラキラと光る波間、たゆとうとしたベニスの運河の光景が浮かんだ。最後のドドーン、ドドーンと鳴らす印象的な音はサントロペに打ち寄せる波の音だろうか。

次はリストのペトラルカのソネットS.123。ルネッサンス期のイタリア叙情詩人、ペトラルカの詩からインスピレーションを得て作曲したという。厳かな出だしから精神を浄化するような調べ、最後は神妙な顔つきになって静かに静かに消え去って行く。

ラヴェルの「夜のガスパール」より“オンディーヌ”“絞首台”“スカルボ”。これは昨日も書いたので繰り返さないが、イヴの演奏を聴いているとその奇妙奇天烈な様がなぜか非常に艶めかしい。昨日、スカルボを義足一本足と書いたが、今日の図ではそうではなかった。イヴの前で色紙を取り出し私の五行歌を書いて進呈した。「イヴの奏でる/ラヴェルの/スカルボは/艶めかしい/浮世絵」と。大笑いしながら嬉しそうに受け取ってくれた。

最後のボロディン作曲イヴ・アンリ編曲の“ダッタン人の踊り”も昨日書いたので、多くは語らないが、カスピ海の北を彷彿とさせる、自由奔放で賑やかな野性的踊りを見た想いがした。それが私の描いたモラヴィア地方の踊りにそっくりだといってスライドの1枚に加えられた。

曲名を覚えるのに見るイメージよりも聴くメロディで覚える人もおれば、逆に聴くメロディよりも見るイメージで覚える人もいるだろう。今回、このレクチャーを通じて私は決定的に後者だと自覚した。

Prof. Yves Henry is the best pianist I’ve ever known. I found his performance the ideal of piano art, which claims that piano is poetry. Whenever I paint, I don’t want to depict the object as it is but want to draw an atmosphere the object produces around it. That is a poem. Likewise, Yves Henry creates a poetic atmosphere through his piano performance for pleasing not only my ears but also my eyes to see imaginary pictures. Music by instruments is essentially of abstractive, not materialistic nature. So if you feel poetry in its abstract, you would deserve to appreciate it. His today’s lecture-concert revealed the secrets how F. Chopin, F. Liszt, M. Ravel and A.Borodin=Y.Henry composed or arranged their pieces by showing many picture slides they were inspired by. He kindly added to those slides one of my oil paintings called “Village Festival in Moravia region in Czech Republic”, because it so resembles the image of Polovisian dances. In return, as a token of my appreciation of his performance I presented to him a square piece of cardboard for writing a poem (five-line poetry) saying that / Yves performance of/ M.Ravel/ Scarbo is/ a sexy/ Ukiyo-e painting.

IMG_0177ショパン: 舟歌

IMG_0181リスト: ペトラルカのソネットS.123

IMG_0184ラヴェル: 夜のガスパール

IMG_0186オンディーヌ

IMG_0187 (2)絞首台

IMG_0188スカルボ

IMG_0192ボロディン=イヴ・アンリ編曲ダッタン人の踊り

IMG_0194ダッタン人の踊

IMG_0197イヴ・アンリと筆者

 

2015年9月19日 (土)
The Autumn Joint Recital

今日(9/18)のジョイント・コンサートは非常に聴き応えのある、いずれがあやめかかきつばたと言う感じだった。今日、あらためて感じたのは音楽は文学と絵画と一緒に味わう芸術的総合美であることだった。私がイヴ・アンリのピアノが大好きならイヴは私の絵が大好きと言ってくれる。色彩に共通点があるらしい。近い将来、イヴのCDジャケットに私の絵を使うと言ってくれている。今日はコンサートの前にピアノ・レッスンがあり少し私も聴講したが、そこで感じたのは、ピアノ演奏はピアノによる詩の朗読だということ。同じ詩でも黙読で味わうのと抑揚の効いた強弱朗読で味わうのとではわけが違うように、同じ楽譜でも一本調子に弾くのと感情を込めて弾くのとでは雲泥の差がある。感情の込め方は曲目の詩質を知ることだろう。たとえば、今日のラヴェルの「夜のガスパール」の“絞首台”や“スカルボ”。曲名に縁起でもない絞首台とは!一体全体、スカルボって何だ!「夜のガスパール」とは。これらを知らずして演奏はない。これこそ文学なのだ。ルイ・ベルトランの詩集の中から引用した詩だ。かつてピアニストのディヴィッド・コレヴァーがうちで練習をしている時、私をピアノの傍に呼んで、ピアノを弾きながら解説してくれたのを思い出す。“絞首台”は、鐘の音に交じって聞こえてくる死者のすすり泣き、頭蓋骨から血のしたたる髪の毛をむしり取っている黄金虫の詩だと。また“スカルボ”は、義足一本で部屋中を笑いながら自由に飛び回っている小悪魔の詩だと。そんな詩を引用するラヴェルとはどんな男か。バスク地方に生まれた風変りな男で、アパッシュ(=アパッチ、ならず者)という1900年頃にパリの音楽家や詩人で結成した芸術グループの一人で、その中心人物の一人だったらしい。なるほどそれで解った。こんな曲が生まれたのが。

客演のイヴ・アンリが今日弾いた曲はA.ボロディンの「ダッタン人の躍り」でイヴ自身が編曲したものだ。数年前に韃靼そばが流行ったが、その韃靼である。タタール人、カスピ海近くのトルコの遊牧民を指す。イヴ曰くそのイメージが私の描いたモラヴィア地方の村祭りにそっくりだと。この演奏で私がイメージしたのは絢爛豪華な色彩で覆われた森、いやほとんど音のジャングルだった。今日の出演者に対するコメントはまた後ほど書こう。

先ほどの続きを書こう。伊東くみが弾いたラヴェルの「夜のガスパール」よりの“絞首台”や“スカルボ”については先にも述べた。これらの曲には10本の指で一分間に1800回の打鍵が必要という。指一本、1秒に3回叩くという計算となる。なるほどめまぐるしい動きだ。白鷹里衣子のショパン、バラード第2番。Op.38.上半身全体から息遣いが聞こえてきて、止まったかと思うとキレよく大音で急発進する。そのドラマチックな演奏に痺れた。新屋良太のドイツ仕込みで歌う光沢のあるドイツ語テノール、シューマンの告白、シューベルトの鱒、H.ヴォルフの船乗りの別れ、いずれも情感豊かで声量豊か、その堂々とした歌いぶりにしばし拍手鳴りやまず。吉井明美のショパン、ノクターンOp.48-1,2.夢想表情で弾く演奏姿には内面美が零れ、その濃淡とアクセントのある演奏にいつの間にか吸い込まれていった。シューマンのピアノソナタ第2番ト短調Op.22-1,2,3を弾いた橋田歌壽美はまだ若木の音大3回生、表情は少し硬かったが長い曲をそつなくこなした。これからの逸材だろう。最後に客演で弾いたイヴ・アンリについてもすでに述べた。その円熟した演奏ぶりを今回もまた目の当たりにしてみなとは次元が違うと言わざるを得なかった。みなが音の林、ブッシュとすれば、彼は音の森、フォレストでありジャングルだった。濛々と立ち込める音の蒸気、そのパワフルな音量、響きに聴衆一同が有頂天になった。アンコールはついに四曲に達した。今日のレクチャーリサイタルはプロジェクターを用いての解説もある。どのような話が展開されるか楽しみだ。

IMG_0146 伊東くみ

IMG_0150 白鷹里衣子

IMG_0152 新屋良太

IMG_0155 (1) 吉井明美

IMG_0159 橋田歌寿美

IMG_0169 (2) イヴ・アンリ教授

IMG_0173 モラヴィア地方(チェコ)の村祭り

IMG_0171 一部欠席

IMG_0174 芦屋竹園ホテルにて

2015年9月15日 (火)
木越 洋チェロリサイタル

 

IMG_0126 (3)IMG_0116 (3)IMG_0117IMG_0118IMG_0129IMG_0134 (2)IMG_0136

 

今日は摂津響SaalとThe Music Center Japan共催による 有名な木越洋のチェロコンサートをSalon Classicで昼夜に亘って開いた。

これぞ人生だと木越はチェロで語り、チェロが自らそれを語った。チェロが、キラキラと輝くヴァイオリンの音色に比べ、グッと下腹に響く滑らかな低音で深いコクとまろやかさを持っているというのは一般論だ。木越の演奏はそんなものをとっくに超越している。木越のチェロは楽器も音色も彼の身体の外でなく内で一体化している。まるで野球選手のバットが選手の腕の延長であるがごとくに。その弓捌きを見よ。その縦横無尽にくねくねと柔らかく激しく動く軌跡は腕そのものだ。音色を聴いてみよ。あぁ、動脈を走る血の音も静脈を走る血の音も聴こえてくる。それどころか毛細血管を走る血の音さえも聴こえてくる。あるかなしかの音。か細い、か細い音。この音の中に生命の鼓動を知り、チェロの奥深さを知る。

チェロの音色はまた虹に似ている。どの音にも七色が滲み、その中に身を呈していると、虹に漬かり虹に吸い込まれて行く自分を感じる。木越の熟達した演奏にはその風貌と同じく風格があり、風雪を感じる。滑らかでいてよく聴くとそこに起伏があり、そこに人生を感じる。今日のチェロを聴いていてはたっと気付いたことがある。それは私の描く油絵の音化だ。私の絵の色調はどちらかといえばブライトよりもダーク調でいわばチョコレート色だ。重厚でいて甘みを持つこの色調がいつの間にか自分のカラーとなった。チェロの音色がそれにそっくりだと巧まずして感じてしまったのだ。

今日聴いた曲の多くは平素から聴き慣れた曲だったが、木越による解説を聴いてあらためてその良さを感じた。今日のバッハの組曲全体に言えることだが、これら舞踊曲は決して派手な動きはなく、わずかに顔を動かす程度のいわば楚々とした風情が日本の茶道に通じるという。なるほど上手く表現したものだと感心した。私の音楽鑑賞法は極めて簡単明快。いい演奏かどうかは、その演奏を聴いて波を被った感じになるかどうかだ。今日はその意味で久しぶりに波を被った。サン=サーンスの「白鳥」はよく聴く曲の一つだが、青い水面に白い白鳥が黒い影を落とす感じを味わったのは初めてだった。またラフマニノフの「ヴォカリーズ」の一種暗鬱な調べに人生のエレジーを感じたし、カサドの「愛の言葉」に先輩カザルスに捧げる「艶のある」惜しみない讃辞に感じ入った。

プログラムは

バッハ: 無伴奏チェロ組曲第1番、 E.エルガー:愛の挨拶、E.ボルディーニ=クライスラー編:踊る人形、宮澤賢治/林光編:星めぐりの歌、フォーレ:シチリアーノ、サン=サーンス:白鳥、カサド:愛の言葉、チャイコフスキー:メロディー、ラフマニノフ:ヴォカリーズ、モシュコフスキー:ギターレ、トスティ:セレナータ

2015年9月6日 (日)
青木美樹ピアノリサイタル

IMG_0074IMG_0078IMG_0091

今日はSalon Classicで国際派ピアニスト、青木美樹のピアノ・リサイタルがあった。プログラムは多彩でラヴェル:水の戯れ、リスト:巡礼の年(第1年スイス)嵐、グリンカ=バラキレフ:ひばり、シューマン:森の情景 作品82、ショパン:練習曲 作品10-3「別れの曲」、ピアソラ:アディオス・ノニーノ(タンゴ・ラプソディー)プーランク:メランコリー、プーランク:ナザレの夜だった。

この中で私が特に気に入ったのはピアソラの曲と最後のプーランクの曲、ナザレの夜だった。

ピアソラの曲はタンゴにクラシックとジャズの要素を融合させた独自のもので、センチメンタルなメロディを強いリズムの乗せて奏でるうっとりとした心地よさに痺れた。

プーランクの曲はフランス人らしくエスプリの効いたひねりにいつも魅力を感じる。ナザレの夜は、以前自らそのプログラムノートを書いたこともあるので音楽というよりサロンのピアノの周りに佇む八人の人たちを語る言葉のように響いた。

 

IMG_3825IMG_3828

ディヴィッドの最後の最後を飾るリサイタルは大阪音楽大学准教授の土井緑さんとの二人のジョイントだった。同じホールの同じピアノで両雄が奏でるショパン曲の数々。聴く立場からしてもいい勉強になった。キーを叩くタッチが違うとこうも違うものかとあらためて感じた。土井緑さんはショパンのほかフォーレやラヴェルも弾かれたが、異色に感じたのは大澤壽人作曲の小デッサン集だった。私は寡聞にしてこの作曲家を知らなかったが、家内はよく知っているという。同氏は1906年、神戸生まれ。ボストン大学、ニューイングランド音楽院、フランスのエコールノルマル音楽院卒と当時の日本では考えられない世界の最先端音楽を究めた人らしく、時代を先取りしすぎたが故に余り知られていないという。昨夜のリサイタルには同氏のご家族の方も聴きにこられた。

15.07.05Joint土井緑DavidSalon(表)

 

IMG_3816

いよいよ明日帰国するディヴィッドの最終日の昼のリサイタルはオールショパンプログラムのソロ演奏だった。Salon Classicが19世紀ヨーロッパのサロンに想え、40名ほどの聴衆の前で弾くディヴィッドがショパン自身に見えてきた。静かで優しく、柔和、優美、華麗、憂愁、夢想的、壮麗、魅惑的、抒情的、輝く高貴さ、時には激烈な感情の表出、色彩的とあらゆるこれらの形容詞があてはまる。それらの甘い響きがいつまでも余韻を残す。強弱、高低、緩急自在に弾く指は鍵盤の端から端へ目にも止まらぬ速さで走り、暗譜した表情は斜め上を眺めて夢想したり鍵盤の上に落ちたりしている。きめ細かく紡いでいく音はまさしく音のパレット、絵画での色濃淡がものいうように音も強弱の間の中間音が美しい。実は私も負けずに数日前にロマン派を想わすような抽象画を描いた。もちろんショパンを意識してのことでピアノの傍に初めて飾り、ディヴィッドの音を聴きながら自分の絵を眺めていた。どうも哀愁を帯びた音に対応しそうな紫が今一つ不足しているように感じたが、視覚的に私がショパンをどのように感じているか大体のところはお解りいただけるだろう。

David-KorevaarFullSizeRenderIMG_3820

2015年7月5日 (日)
July 4th Joint Recital

今日はアメリカ独立記念日。客演に迎えたディヴィッド・コレヴァー氏がアメリカ人でその演奏が今日のジョイント・リサイタルであったために名付けた名前だった。

最初の演奏者は伊東くみ。ラヴェルの「夜のガスパール」より”水の精”、フランクの前奏曲、コラールとフーガ。IMG_3797 (2)

二番目は谷 真子。シューマンの幻想曲ハ長調Op.17。IMG_3799

次に客演のディヴィッド・コレヴァー。マズルカOp.50、舟歌Op.60、子守歌Op.57、ノクターン 嬰ヘ長調Op.15-1、スケルツォ第4番ホ長調Op.54らであった。IMG_3801

 

2015年6月27日 (土)
David Korevaar氏レッスン

David Korevaarは奏でてよし、教えてよし、暮らしてよし。つまり演奏(performance)、教育指導(tuition)、性格(character)、すべての点で素晴らしい。優しく丁寧に生徒のためになる指導をすることで定評がある。リピーターが多いのも肯ける。

IMG_3647

IMG_0970

IMG_0973

 

今日は私の故郷、高槻の摂津峡近くにある摂津響ザールでディヴィッド・コレヴァーのオールショパンプログラムのコンサートがあった。演奏に先立ちディヴィッドが「本日は日本人の好きなショパンを弾きます」と挨拶した。とっさに思った。どうして日本人はショパンが好きなのだろうか、よし今日は一つその理由を探ってやろうと。ノクターン、バラード、マズルカ、舟歌、子守歌、スケルツォ、別れの曲など80分程の演奏に通底するショパン音楽の特徴は何だろう。自らピアノを弾く方々にはそれなりの見解があるだろうが、それができない私はあくまで聴くだけの立場でそれを見付けようと考えた。以下はおのずと私の独断と偏見のショパン観である。
ショパンの曲にはいずれも気品が漲り、キラキラとした光沢がある。しかし手放しの明るさではなくどこかに陰を引きずっている。ロマンチックながら哀切な気分を誘うのはそのせいかも知れない。われわれ真面目な日本人は開けっぴろげよりその哀愁が魅力なのかも知れない。39年という短い生涯に祖国ポーランドは揺れに揺れ、ウイーンやパリにいても望郷の念に常に駆られたショパン、また個…人的にも波瀾万丈の人生を送ったショパン、それがゆえに美的感覚を持ちながらもどこかに陰を宿したショパンの音楽が生まれたのかもしれない。ショパン一家はショパンの幼少時、父のフランス語を教える学院がワルシャワの宮殿内にあったため宮殿の庭園に住んでいたという。気品があり光沢のあるピアノ曲が生まれたのも道理か。シューマンがショパンを評して次のように言っている。「美しい花畑の中に大砲が隠されている音楽」と。何となく解る気がするが私が持つピアノ詩人、ショパンのイメージは言葉では言い尽くせない。もし何かで示すとすれば、ドラクロワ描く絵の色彩を帯びた青(ロイヤルブルー)と茶(アンバー)のガラス器だ。
さて今日のザールは木ばかりでできた優しい癒しの空間、木の香がほんのりと匂い、天井からは木の節の星が輝き、窓からは森のみどりが笑っていた。少年の頃駆け巡った渓谷は健在、この季節にはホタルが舞うという。残念ながらまだ日暮れず見ることができなかったが。

IMG_3710

slide_big3

漆原啓子さんとDavid Korevaarが逢瀬を楽しむのは毎年この七夕の時期、琴座のベガと鷲座のアルタイルだ。二星を会わせるのがThe Music Center Japanの仕事、もう20年になる。昨夜のコンサートの盛り上がりはどうだ。大入りの観客の前で奏でる二人、もううっとりとしてしまった。
私の印象を述べよう。
●ブラームスのヴァイオリンソナタ第2番イ長調Op.100
ボクは今どこにいるのだろう。雄大なスイスのアルプスを眺めながら、花咲く美しい庭で詩の韻律を楽しむようにうっとりとヴァイオリン・ソナタを聴いている。あの昔見た映画、アルプス越えをしているエリザベス・テイラーを想い出しながら。
●コルンゴルトの組曲「から騒ぎ」Op.11…
こんな曲聴くのははじめて。名前覚えられない。そうだ、コンコルドにしておこう。プログラム・ノートを私が作ったので、見当はついたが、なるほど「から騒ぎ」だ。シッチャカメッチャカの面白味を味わった。
●ヴィエニャフスキ:伝説曲Op.17
しんみりとして湿っぽい曲。このヴィエニャフスキとその名に因んで付けた国際コンクールの最年少優勝者、漆原啓子を重ね合わせた。彼は12歳以下では入れないパリ音楽院に例外的に8歳で入学、最年少かつ最優秀で卒業した天才。このコンクールも今年で180年。可哀想にこの男、惚れた女性の父親の反対に会って結婚許されず。そこで一案。自分の生い立ちをこの「伝説曲」に仕立ててその両親に聴かせたら、成功、成功。なるほどこの曲はしんみりしているわけだ。
●ストラヴィンスキー:バレエ音楽「妖精の口づけ」よりディヴェルティメント
良かった。バレエの場面を彷彿とした。雪の精が可愛い少年に口づけ、大きくなって村祭りで婚約者と踊っていると、またもや現われた雪の精。婚約者と青年の奪いっこする。ニューヨークシティバレーでも見ている気分だった。

IMG_3654 (2)IMG_3687IMG_3689 (2)

2015年6月13日 (土)
プーランクな午後

 

a22e5358-s IMG_3581IMG_3593

 

プーランクな午後

何とも素晴らしい形容詞を付けたものだ。プーランクな、とは。これは1899年に生まれ、1963年に没したフランスの作曲家、フランシス・ジャン・プーランクの世界を聴かせて進ぜようと意図した形容詞だ。プーランクはパリのど真ん中で生まれ育った生粋のパリジャンで都会派。20世紀を象徴する作曲家だ。その楽風は、クラシックはもとよりオペラ、バレエ、シャンソン、ジャズとあらゆる主要音楽ジャンルを混交し、ユーモアとアイロニーに富んだ独自の世界だ。

このプーランクの世界を今日は、ピアノの宮崎剛、クラリネットの井上春緒、ファゴットの松本静香の三人が披露してくれた。すべて本日の曲はプーランク作曲で、クラリネットとピアノ、またはクラリネットとファゴットのデュオ、それにクラリネットとファゴットとピアノのトリオだった。このところシャンソンともどもフランス付いている。

プーランクは弦楽器よりも管楽器の音色を好んだようだ。その軽快な旋律、軽妙な諧謔、それは言葉ではなかなか言い表せそうもない。演奏を聴きながらこのような音楽の感触を表わす絵画はないかと思案していたところ、二十世紀のフランス抽象画家、ロベール・ドローネーが思い当った。この画家もプーランクと同じくパリ生まれで、1885年~1941年だから時代もちょうど重なる。知名度は低いが、印象派からフォービズム、キュビズムそれに未来派を加えて抽象絵画へと昇華させた画家だから絵画のプーランク編と言えないこともない。

筆者はプーランクについてはほとんど無知だが、過日、そのピアノ曲、「ナザールの夜」のプログラムノートの翻訳をアメリカのピアニストから頼まれ、調べてみると、日本語訳があるにはあるが、もう一ついただけない、そこで独自訳を試みたが、そのとき、初めてこのプーランクの諧謔性をみた。それを今日、あらためて、まざまざと見た思いがした。参考にその私訳を載せておく。

市販訳               私訳 

変奏1. 分別の極み       分別臭さプンプン匂う

2. 手の上の心臓        感情露わに思ったことズバズバ抜かす

3. 磊落と慎重と        無頓着かと思いきやなかなか慎重な御仁

4. 思索の続き         屁理屈一杯並べやがって

5. 口車の魅力         人を煽てるのがお上手

6. 自己満足          一人悦に入ってら

7. 不幸の味          人の不幸を喜んで

8. 老いの警報         抜け目のないお年寄り

 

今日は、この他、プーランク作曲の声楽(愛の小径)を客の一人が歌い、サン=サーンスの「白鳥」をクラリネットの井上春緒が、ドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」をファゴットの松本静香が、サティの「ジュ・トゥ・ヴ」をピアノの宮崎剛が演奏した。

 

 

 

 

 

 

2015年4月25日(土)14:00より芦屋のサロンクラシックにて客演に横浜よりコンサートピアニストの横山美里さんをお迎えして上記のコンサートを行った。プログラムは以下の通り。

出演者の表情写真を掲げておく。いずれも熱演だった。

IMG_3381 藤田恵子さん

IMG_3382 岩本美子さん

IMG_3384 芳ケ迫多津代さん

IMG_3385 藤尾苑子さん

IMG_3387 藤尾苑子さん、藤中律子さん

IMG_3389 中町淳子さん

IMG_3392

IMG_3394 練山智恵さん

IMG_3397 (2)

IMG_3400

IMG_3402 横山美里さん

4月19日(日)午後2時から催した霜浦陽子とニコラ・デルタイユとのデュオ・リサイタルは今回のニコラ来日の主イベントだったので特別に記したい。プログラムを見ただけで了解できるように多くの人が知っている最初のフォーレ:「夢のあとに」を除いては、どれもあまり一般に知られていない曲のようである。しかしだからこそ今回のリサイタルに意義があったのに違いない。

IMG_3327 IMG_3339

筆者もこれらの曲には馴染みが薄く正直にいってどこまで味わい切れたか疑問だが、曲の地平を広げられたことに感謝したい。また絵画のたとえになるが、よく見慣れた印象派のモネの「睡蓮」やゴッホの「ひまわり」の目には現代の抽象画がいささか解り難いのと一緒で、聞きなれたショパンやモーツァルトの耳には少し味わいが違った。筆者は音楽においてもどちらかというとドイツロマン派よりもフランス印象派好みだから、十分味わい切れないまでも今回のプログラムは面白かった。

プーランク:ソナタ  フランシス・プーランク(1899~1963)はフランス音楽の大家の一人で、音楽(ピアノ)ばかりでなく文学に対する感受性にも富み、バレー音楽にも秀でている。第一次世界大戦で兵役に服した経験もあり、フランス的機知に富んでいる。曲から受けた印象は粘っこくなく、淡泊で爽やかっだ。

マルティヌー:ロッシーニの主題による変奏曲  ボフスラフ・マルティヌー(1890~1959)はチェコの作曲家でプラハ音楽院卒。パリやニューヨークでも学び、48年には再渡米してアメリカ市民権を得ている。作風は全体として新古典主義的で個々の作品にはチェコの民族性、印象主義、ジャズの影響が大きいという。曲から受けた印象もたしかにその通りに思えた。

ピアソラ:ル・グラン・タンゴ  アストル・ピアソラ(1921~1992)はアルゼンチン生まれで、幼少時代をニューヨークで過ごす。アルゼンチン・タンゴ前衛派の旗頭。タンゴにクラシックとジャズの要素を融合させた。よく聴く「リベル・タンゴ」とは趣を異にするもっと乾いた曲の印象だった。

アンコール曲にはラフマニノフ:ヴォカリーズ、サン=サーンス:白鳥が演奏された。いずれもチェロにもっともにつかわしい曲だった。チェロの印象は別途記した通り。そのチェロ演奏にアクセントをつけるピアノもおそらく難しいものだろうに、さすが霜浦陽子、あっぱれな演奏だった。

 

工西美穂(ソプラノ)片岡和子(伴奏) 東城彩香(ヴァイオリン)河合由夏(ピアノ) ニコラ・デルタイユ(チェロ)

平井康三郎: うぬぼれ鏡  小林秀雄:落葉松 すてきな春に あぁ、プランタン無理もない 花の春告げる鳥 G.プッチーニ: オペラ「トスカ」より”歌に生き恋に生き”

工西美穂の声量豊かで澄明な美声、加えて軽妙な話、感情豊かな表情と動き、ニューヨークで彼女が受けたレッスン風景を思い出した。その姿を少し追ってみよう。

IMG_3307IMG_3308IMG_3309IMG_3310IMG_3311IMG_3313IMG_3314 IMG_3315

東城彩香(ヴァイオリン)河合由夏(ピアノ)   シベリウス:「五つの小品」作品81より”ワルツ”

河合由夏(ピアノ)東城彩香(ヴァイオリン)ニコラ・デルタイユ  メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番作品49

 

出演者: 渡邉栄子(ソプラノ)、藤澤篤子(ピアノ)、阿野由希子(フルート)、ニコラ・デルタイユ(チェロ)

1.春の小川(ソプラノとフルート)2.フランス歌曲(カディスの娘達、牧歌)(ソプラノ)、3.6つの花のロマンより(リラ、チューリップ)(フルート)4.懐かしのメロディ(青い山脈、銀座カンカン娘)(ソプラノとフルート)5.世界の国からコンニチワ(サンタルチア、オーシャンゼリゼ)(ソプラノとフルート)6.映画音楽(ムーンリバー、踊り明かそう)(ソプラノとフルート)

私のような時代者には懐かしのメロディや映画音楽がとくによかった。ソプラノの表情を追ってみよう。

IMG_3265 IMG_3267IMG_3271 IMG_3270IMG_3275 (3)

ベルギーよりブリュッセル王立音楽院准教授のニコラ・デルタイユ氏を迎えてこの二週間、たっぷりとチェロの音色を楽しんだ。ただし最初の一週間は東京だったため私は聴けなかったが、後半の一週間は芦屋のSalon Classicだったため、ほぼ毎日、昼夜のコンサートで同氏のチェロを聴いた。

大きな楽器であるチェロは航空券が一人分優に掛かるので持参せず、国際楽器社、松永修会長のご好意により同氏ご所有の名器をお借りすることにした。その名器を奏でる本人もブリュッセルのエリザベート王妃音楽院及びニューヨークのジュリアード音楽院出身の名演奏家。それを小さなアットホームなホールで聴くのだからこれ以上の贅沢はない。

チェロ漬けとなった私はその美しい音色をどう表現したらよいものかと悩んだ。大きな図体から溢れ出る奥深い艶やかな音色、力強い音量、いや、それだけではまだ十分言い尽くせない。ヴァイオリンのキラキラした音色を完全に覚醒したときの音だとすると、チェロはまだ半分眠っている、夢うつつの状態の甘い音色、魔法にでも掛けられたように薄いベールで被われた奥深い音色とでも表現しようか。

それに加えて演奏者の性格が音楽には滲み出る。ニコラは非常にソフトで穏やか、おっとりとした性格で絵画、写真など芸術一般に関心を示す。そのようなセンスのよさが演奏にも出て多くの人の、特に女性の人気が高かった。その証拠に持参した多数のCDが最後のコンサートを待たずして売り切れる状態だった。

今回はThe Spring Joint Recital またはConcertと銘打って多くの人たちと演奏をした。ピアニスト、ヴァイオリニスト、フルーティストと共演したほか、声楽家の人たちともコラボした。全部は到底追い切れないので、芦屋編に限り、そのいくつかを写真だけで追ってみよう。

IMG_3262IMG_3269IMG_3282IMG_3290IMG_3296IMG_3305IMG_3306 (2)IMG_3320IMG_3324IMG_3327IMG_3334IMG_3339IMG_3344IMG_3348IMG_3357

 

2015年4月18日 (土)
The Spring Joint Concert (2015.04.15)

2015年4月15日(水)開演18:30 今日は大阪府立夕陽丘高校音楽科2年の在校生四人による熱演がここSalon Classicで繰り広げられた.加わるはベルギーより来日中のチェリスト、ニコラ・デルタイユ氏だ。いずれの出演者も4,5歳からピアノやヴァオリンを始めた逸材で、その天賦の才能を毎日の厳しい練習で一層磨き、その成果を今日はエネルギッシュな若さに任せていかんなく発揮した。思わずその熱演に吸い込まれ始終感動、感激しっ放しだった。

IMG_20150415_202142 (2)

プログラム

シューマン:ソナタ第2番ト短調Op.22-1 ショパン: ワルツ第9番変イ長調Op.69-1 ワルツ第10番ロ短調Op.69-2      西本 絢音(ピアノ)

ショパン: エチュードOp.25-11「木枯らし」 スケルツォ第3番ハ短調Op.39   福岡 拓歩(ピアノ)

サン=サーンス: 序奏とロンドカプリチオーソ     井谷 珠綺(ヴァイオリン) 西本 絢音(ピアノ)

サラサーテ: ツィゴイネルワイゼン          沖本 みなみ(ヴァイオリン)福岡 拓歩(ピアノ)

バッハ: 二つのヴァイオリンのための協奏曲      井谷 珠綺(ヴァイオリン)沖本 みなみ(ヴァイオリン)福岡 拓歩(ピアノ)

クライスラー: 美しきロサマリン           ニコラ・デルタイユ(チェロ) 福岡 拓歩(ピアノ)

バッハ: G線上のアリア               井谷 珠綺(ヴァイオリン)ニコラ・デルタイユ(チェロ)西本 絢音(ピアノ)

ヘンデル: パッサカリア               沖本 みなみ(ヴァイオリン)ニコラ・デルタイユ(チェロ)

IMG_20150415_194128 IMG_20150415_194916

IMG_20150415_195220 (2) IMG_20150415_195825

プログラム

IMG_3214

作者不詳: 愛のロマンス              徳永詠子(ギター)                                                 タレガ:ラグリマ                                             バッハ:主よ、人の望みの喜びを

IMG_3216

 シューマン:花の曲                 上原秀雄(ピアノ)

IMG_3217

ショパン:スケルツォ 第3番 Op.39       鴨川己代子(ピアノ)
マズルカ Op.50-3

IMG_3218

リスト:ため息                   岩本美子(ピアノ)                                ラヴェル: 水の戯れ

IMG_3220

ドビュッシー: プレリュード第1巻より 第7番    進野 裕代(ピアノ)                           「西風の見たもの」                                              リスト:ノクターン第3番「愛の夢」                                     グリフィス: ローマのスケッチより「アクアパオラの泉」Op7-3

IMG_3221 (2) IMG_3222

中田喜直: “さくら横ちょう” “ゆく春”        宮崎 明子(ソプラノ)                         小林秀雄: “すてきな春に”                       竹田 慶子(伴奏)
P.A.ティリンデッリ:   “春よ”
プッチーニ:   オペラ「トスカ」より “歌に生き 恋に生き”
プッチーニ:   オペラ「ラ・ボエーム」より “ムゼッタのワルツ”
S.ドナウディ:   “私の愛する人” “麗しい絵姿”                               プッチーニ:  オペラ「蝶々夫人」より “ある晴れた日に”

 

                       ~~~~~プログラム~~~~~

IMG_3233

 

坂口 楓(ソプラノ)谷 真子(伴奏)

          モーツァルト: オペラ「フィガロの結婚」より“恋人よ,早くここへ”
ロッシーニ: オペラ「セヴィリアの理髪師」より“今の歌声は”

 IMG_3236 (2)       

Nicolas Deletaille(チェロ)谷 真子(ピアノ)

                          シューベルト:      即興曲Op.90-2   (ピアノ・ソロ)

エルガ―:          愛の挨拶

フォーレ:          夢のあとに   シチリア―ノ

サン=サーンス:    白鳥

バッハ:            無伴奏チェロ組曲第3番

ドビュッシー:     チェロソナタ

IMG_3245

 

2015年4月13日 (月)
The Spring Joint Recital (2015.04.12)

やっと春らしくなった今日、Salon Classicでは春のジョイントリサイタルが行われた。この多彩な顔ぶれをご覧あれ。一同、春の装いをして華やかに楽しさ一杯。声楽に管弦楽器、ピアノとバラヤティに富んでいた。

IMG_3210

十合翔子(メゾソプラノ)和田悠加(ピアノ伴奏)

IMG_3185 IMG_3195

艶があり伸びのある声量豊かな低音の魅力、ドボルジャークの「我が母の教え給えし歌」、サン=サーンスの「あなたの声に私の心は花開く」(サムソンとデリラより)。ピアノソロとしてラフマニノフの「楽興の時4番」。

木管五重奏: 喜 紗矢美(ファゴット)、陶器 香帆(フルート)、樋口 成香(オーボエ)、北尾 祐子(ホルン)、菅原 瑞紀(クラリネット)

IMG_3189IMG_3194

珍しい木管五重奏、ファゴットやホルンが入ると音に高低幅ができて楽しい。可愛い響きの音、おどけのおもしろさが漂う音、都会的なアンニュイを感じさせる音など普段聞けない音を堪能した。

 

大橋 俊介(ピアノ)

IMG_3197

ショパンの「ノクターン第2番Op.9-2」と「バラード第1番Op.23」ショパンの曲を聴くとまたもや脳が洗われ心が洗浄される。

藤森 友香(フルート) 丹野 桃子(ピアノ)

IMG_3199 笛吹く少年

尾高 尚忠のフルート協奏曲Op.30B 第1楽章、 A.ピアソラのタンゴの歴史 ナイトクラブ1960 フルートで何かお話しをしているような小気味よいテンポで進み、最後……だったのよね」で終わったような気がした。聴いているうちにエドワール・マネの「笛吹く少年」が脳裏に浮かんだ。

増田 佳子(ヴィオラ) 中川 裕美子(ピアノ)

IMG_3200 IMG_3207

R.シューマンの歌曲集「ミルテの花」より献呈 Op.25-1 同じくR.シューマンのアダージョとアレグロOp.70(ヴィオラとピアノ) ヴィオラとピアノが上手く溶け合って、夢見るような優しく柔和な曲。増田さんによる簡潔な話がよかった。

ニコラ・デルタイユ(チェロ)

IMG_3203 IMG_3226 (3)

今日のチェロは1706年物。チェロの腹を覗くとその年数が見えた。弓を弾くニコラも素晴らしいが楽器も素晴らしい。曲はJ.S.バッハのチェロ組曲第三番ハ長調BWV1009 ほかだった。チェロの床を這うような重厚な低音の魅力。音は低いが精神は高らかで神の存在を想わせる。そんな深遠な形而上の世界へと誘ってくれた。

IMG_3212 (2)

みなさん老夫婦を楽しませてくれて有難う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年3月26日 (木)
二人でシャンソンを

IMG_3094 IMG_3095

IMG_3098 IMG_3105

IMG_3118 IMG_3123

今日は待ちに待ったシャンソンの日(3/25)だった。私のシャンソン好きも年季が入っている。なにせ大学時代に枯葉、ラ・メール、詩人の魂、ラ・ヴィ・アンローズ、巴里の空の下など総なめにし、梅田コマ劇場で同い年の丸山明宏(今の美輪明宏)を目の前で聴いたものだった。長じては欧米の異国の空で聴き、東京でよく銀巴里に出没したものだった。 イヴェット・ジローが好きだった。若い時から洋趣味だったせいもあるが、あの何ともいえないアンニュイな感じが好きだったし、鼻音を効かせたフランス語の発音が好きだった。恋を語る若い時のシャンソンもいいが、齢重ね人生の甘辛を十分に味わってからのシャンソンもいい。今日はその久しぶりの再現だった。ディディエ・バイィはまさに正統派、まさかこんなところでフランス人の本チャンによるシャンソンが聴けるとは夢にも思わなかった。本場のフランス語によるシャンソンを芦屋で聴けたことに痺れた。今、またシャンソンがブームのようだが、あまり甘い歌より人生の哀切が滲み込んだ暗さを伴った歌の方が好きだ。

IMG_0001

今日のプログラムは添付の通りで、ディディェ・バイィさんとあおきけいこさんが歌った。それから本日の飛び入りとして大村礼子さん(吉田幸生伴奏)が ①残されし恋は②カーマ③生きる の三曲を歌った。会場は大入り満員、65名ほどで高齢らしき男性もかなりおられた。

 

IMG_3064 IMG_3060

今日(3/19)は春雨で外は鬱陶しかったが、Salon Classicの会場はいつになくメチャ(本当はこんな用語は使わず、”大変”とかにしたいところだが、何だか今日の雰囲気が出そうなので使う)楽しかった。その目まぐるしく動くお二人の指を見ていると本当に感心する。日本に来て長年になる中国人のエンキさん、指に劣らず口も達者、これも目まぐるしくよく動く。それに日本語がお上手、しゃれっ気十分で楽しませてくれた。たとえば、「分らない」を覚えるのに「稚内=わっかない」といった具合。今日のコンサートは昨秋11月に予定していたコンサートが、エンキになったものだが、今日はエンキにゲンキを貰った。

中国琵琶というものは形すら知らなかったが、それはバチを使わず素手の指で奏でる。マンドリンの兄貴分といった形だが、それはクラシックギター調にもロックギター調にもなる。また三味線や琴の音色にもなる中国の楽器の王様だ。しかし、中国の楽器はやはり中国の楽器、私の感じたその音色は胡弓にも似て中国の陶器、青磁のような陶質をしていた。

曲は前半が西洋調、後半は東洋調だった。前半は、エルガーの愛の挨拶、モーツァルトのロンドK485、それにトルコ行進曲、ブラームスのハンガリー舞曲第5番、それにピアソラのリベルタンゴ。これらの異国情緒豊かな曲を中国琵琶で奏でると一層異国情緒がいや増した。後半は洗星海のピアノ協奏曲「黄河」より第2楽章、王恵然のイー族舞曲、エンキさん自身のやさしい風、佐々木すぐるの月の砂漠、貴海懐の賽馬。宮崎さんもいっていたが、われわれ日本人にはやはり「月の砂漠」が一番心に沁みた。音楽は国境を越えて響く万国共通語とはいえ、アルゼンチン人にはリベルタンゴが、中国人には賽馬が一番心に沁みるのだろうと想像した。

いつもの宮崎さんお得意のリクエスト即興は、今日はトロイメライ、さくら、ルパン三世、スバル、麦の歌、もう一つの曲は忘れた、その6曲だった。最後のピアノと琵琶によるアンコール曲はハチャトリアンの剣の舞。耳はもちろん、琵琶を奏でる指の動きに、感心、感動し通しだった。

エンキさん、宮崎さん、シェ、シェ。新クーラ(New cooler)=中国語のお疲れ様。

 

 

 

2015年2月21日(土)開演15:00

15.02.21太田近藤ベヒ

春を告げるフキノトウが一斉に芽を吹くこの季節、そのためチラシにもこの山菜をあしらったのだが、今日は東京新橋近くの汐留ベヒシュタイン サロンで太田キッシュ道子と近藤直子のデュオリサイタルがあった。

IMG_3016 IMG_3020
最初に道子によるシューベルトの4つのピアノ即興曲作品90の演奏、次に近藤直子のソプラノ歌唱があった。
道子の第1番ハ短調が始まった。静かな出だし、寂寥感が漂うしっとりした、奥床しい、清楚な調べを聴いているうちに何故か京女のキモノの柄をイメージしていた。どうしてこのようなイメージが湧いたのか、おそらくそれはどんなに複雑な織物も美しい経糸と緯糸から形成されるように、いかに複雑な曲も右手と左手で機織られるように感じたからだろう。その思いは曲を聴き終わるまで付き纏った。

第2番変ホ長調は明るい派手目な、彩り豊かな小柄模様のキモノを着た乙女が青空に舞うイメージだったし、第3番変ト長調は妙齢のご夫人が空色の地に大柄な模様をつけた華美で優和な銘仙を着ている粋な姿に映った。

圧巻はやはり第4番変イ長調、気品に溢れた中年女性が煌びやかに光る重厚な西陣織の着物を纏って舞を舞っている風に感じた。まさに纐纈織大政所裂文(こうけちおりおおまんどころげきもん)の帯だった。(こんな言葉を知っているわけがない。なんとこれは偶然の一致。今晩の産経夕刊の「舞台の遺伝子」に載っていた西陣織の帯を指す用語で、その写真を見た瞬間、これだと思った)。きらびやかな赤地に立体的な花が浮き立つキモノ、それを着て大きく床を蹴って舞う姿は壮麗にして生き生きとしていた。

wst1502210014-p1
実はシューベルトは他の作曲家とどこか一味違うと常々私は思ってきた。それがこのキモノをイメージすることによって解けたような気がした。他の作曲家が洋服なのに対しこのシューベルトだけは和服の質感を持っているのだ。
近藤直子の歌う最初の曲もシューベルトの「春の信仰」「野ばら」だった。少年時代から聴き慣れてきた「野ばら」を想うにつけ、やはりシューベルトの曲には日本人に合う和服的質感があるのだと確信した。
ところで同じソプラノでも色々あるようで、近藤直子のそれはまるで蒸留されたように高く純粋で、その中で叙情性を醸し出していた。

IMG_3025 IMG_3024

 

2015年2月9日 (月)
第21回アゼリア音楽会

昨日(2/8)は音楽会のダブルヘッダーで17:30からはもう21回目を迎えるアゼリア音楽会をSalon Classicで催した。

アゼリア音楽会の面白さはバラヤティにある。プロもアマも一緒、年齢不問、楽器(声楽含む)も大型以外は自由とあって何が飛び出すか分からない。今回はピアノばかりだったが、内容は豊富だった。

70歳前後と思しき男性の上原秀雄さんが小学校時代まで習っていたピアノを66歳から再開、今日はラフマニノフの幻想的小品集 ホ長調Op.3-3「メロディ(Original version)」とショパンのノクターン集より 変ホ長調Op.9-2を弾かれた。立派だった。

IMG_3001

次は眞子千亜妃さん。曲はフェデリコ・モンポウの歌と踊りSong and Dance No.5とアルベニスのスペイン組曲 Op.47「グラナダ」セレナータ。前者は小生寡聞にして知らず。しかしいずれも新鮮な感じがした。

IMG_3002

喜久田通子さんの曲は徳山美奈子のムジカ・ナラ。初めて聞く日本人作曲の奈良をイメージした清澄な曲。光と空気に語らしたとか。鹿が出てきそうだった。この作曲者の好きな哲学者、フランスのメルロ・ポンティに沿った発想という。実は小生もこの現象学の大家が好きで現役時代読み耽った思い出があるので親しみを感じた。

IMG_3004

上田友紀子さんは京都芸大大学院生。研究熱心と見えてバッハ、ベートーヴェン、ショパン、ドビュッシー、武満徹、シューベルトを一時間かけて演奏した。

IMG_3003

 

今日(2/8)は午後2時からSalon Classicで宮崎 剛コンサート・シリーズ2014の第3回目、「山本綾(ヴァイオリン)と宮崎 剛(ピアノ)デュオ・リサイタル」があった。いつもの人気者、宮崎 剛さんがプログラムに先立ち愛の挨拶(エルガー)をし、ヴァレンタインデイより一足早くジュテーム(愛してるよ)(サティ)と囁くとホールは静かになり、いよいよフランス音楽花盛りのプログラムが始まった。

最初の曲はピアノ曲、ドビュッシーの「夢」。幻想的で神秘感漂う音色。あの画家、モネ描く風景の光や空気の音楽版だ。次もピアノ曲。ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」。パヴァーヌとは王侯貴族の踊り、まさにラヴェルらしい色彩に溢れた高貴な香のする曲だった。次はヴァイオリンのお出まし。山本綾さんの奏でるサン=サーンスのハバネラだ。ハバネラは西インド諸島の小島、ハイチからキューバにもたらされたキューバの民俗舞踊だ。19世紀末、プロシャとの戦い破れたフランスはドイツとは違うフランス独自の音楽を求めてエキゾチックなスパイスを音楽に加味した。このようなエキゾチックな曲をこんな小さなホールで聴くのは乙なもの。何だか鏡の中を走る朱色の線を見た。

休憩を挟んで、次はフランクの最高傑作と言われるヴァイオリンとピアノのためのソナタの全楽章。大作過ぎてその印象を短い言葉では言いつくせないが、演奏中、私の脳裏を何度かかすめたのは、20世紀前半ピカソやマティスなどとともに活躍した、光を求めてやまない画家デュフィだった。明るい色彩と軽快な筆さばきがどこかヴァイオリンの弓さばきに似ていて印象的だった。

いつものアトラクション、リクェスト曲は1.ハナミズキ 2.そりすべり 3.オーバー・ザ・レインボウ 4.ダンシングクィーン、そしてアンコール曲はチャールダッシュだった。

IMG_2995 (3) IMG_2997

IMG_2998  IMG

昨晩はアルゼンチン出身のギターリスト、リカルド・モヤーノのギターリサイタルがSalon Classicであった。久しぶりに聴くギターの音色にしばし陶酔した。「南米とトルコを巡る音楽の旅」と銘打ったプログラムだけにラテン・アメリカのフォルクローレ(民族音楽)の数々を満喫した。ラテン音楽と聞くと賑やかで明るいリズミカルな曲を想像しがちだが、リカルドが弾くギターを聴いていると決してそうではなく、この地方に先住していた民やスペイン等から移住してきた者たちの悲喜こもごもの感情が調べに乗って現れた。

平素、聴いているクラシック音楽が精神的で魂を揺さぶるものとすれば、今日の演奏はもっと身体的で人の情感に訴えるものがあった。曲名からして、コスタリカの「絡み合い」、ボリヴィアの「運命」、アルゼンチンの「見捨てられた牧場」、「帰郷」、バラジルの「憐れみ」などが示唆するように、どこか悲壮感や哀切感が滲んでいた。

ギターそのものの音色が金属質も木質も含んでいて、どの音もが孤独で寂しいが、瑞々しく、むらさき色やえんじ色に輝やき、糸のようなか細い響きを滲ませながら消えて行った。センチメンタルやロマンチックな気分に浸るのはこのような音質のせいかも知れない。

静かさという名の布にこのような細い糸で縫い上げられたリズミカルな凹凸のある刺繍模様はそのまま心の襞模様であり心の綾だった。リズミカルな音には陰影があり、明暗があり陽気と陰気の両性を見た。ギターを胸に抱えて指で掻き鳴らすリカルドの姿を見ていると、彼のもう一つのハートが外に出て内部感情をさらけ出しているように思えたし、それを一心に眺めている観客の眼差しを見ているとだれの心にもギターが常在しているようにも感じた。

IMG

IMG_2963   IMG_2969

IMG_2976 IMG_2984 IMG_2985 IMG_2986 IMG_2987

大寒の季節にしては春のような暖かい今日、Salon Classicではアテフ・ハリムさんと仁賀 環さんの楽しい新春デュオコンサートが行われた。エジプト人の父とフランス人の母を持つアテフはカイロ生まれのパリ育ち、1993年の今日、日本にやってきて今日から日本生活22年目に入るという大の日本ファン。かたや環さんは日本の音大を卒業して後、パリ国立高等音楽院に音楽留学、以来23年間パリ生活を送ったパリジェンヌ。この二人が今日、森 明美さんの名司会の下熱演を演じた。

IMG

一部の曲についてだけ少し印象を述べたい。ブラームスの”雨の歌”はその副題に捉われたのか、いささか湿っぽく、内省的に感じられた。バッハの無伴奏ヴァイオリンは何だか山深い木立の上で仙人が一人、天に向かって奏でている風で、その玄妙な響きに魂が揺さぶられた。

ドビュッシーはいかにもフランス的で、その曲名を見るだけで勝手な想像が膨らむ。ドイツ音楽が精神的だとすればフランス音楽は視覚的だ。「音も香りも夕暮れの空に漂うと、ロマンティックな気分に」なったし「アナカプリの丘にナポリ民謡が聞こえたきそうな感じ」がした。また有名な「亜麻色の髪の乙女を聴くと、モネの日傘をさす女が自然と浮かんで」きた。

IMG_2937 (2) IMG_2944 IMG_2948 IMG_2950

2015年1月14日 (水)
New Year Concerto 2015

1月4日、戸塚のさくらプラザで行われたディヴィッド・コレヴァー氏の 湘南チェンバーオーケストラとのピアノ・コンチェルトには出席できなかったが、今日、そのDVDを見聴いた。 生演奏ではないが、モーツァルトのピアノ協奏曲第25番ハ長調K.503に満足した。その煌びやかさというか豪華さ素晴らしさをどう表現したらよいのか、なぜかその時、トランプの絵柄が心に浮かんだ。これだ、これで雰囲気が示せるだろう。

 

 

五行歌にすると

モーツァルト                                                  ピアノコンチェルト                                               その煌びやかさ                                                 譬えてみれば                                                  ♠K、♥Q、♣J、♦10…

Mozart                                                                                                                                                                                                           Piano Concerto                                                                                                                                                                                                 Its magnificence is                                                                                                                                                                                                Likened a shuffled                                                                                                                                                                                            Deck of cards face up

コンチェルト IMG_2888 10906505_640998616012210_8647695141171080895_n

1月8日(木)午後7時よりSalon Classicでこの二人のジョイント・リサイタルを催した。阿見さんは2000年に初めて発表された世界的名器、最高級ピアノShigeru Kawaiを同年に購入した若手ホープのピアニスト、かたやDavidは1992年以来23年に亘り毎年来日するわが息子的存在の米中堅ピアニストである。

プログラムは阿見さんが、ショパンの3つのマズルカ作品59、舟歌 嬰ヘ長調作品60とシューベルトの幻想曲ハ長調 作品15《さすらい人》、David Korevaarが、バッハの平均律第2巻よりプレリュード&フーガ嬰ヘ短調とプーランクのナザレの夜だった。

IMG_2816 IMG_2818

阿見さんのプログラムの中、私のもっとも印象に残ったシューベルトの幻想曲さすらい人について感想を述べたい。後半終わり近いところで、音量豊かだが暗い音質の濁流の中で骨と骨が、肉と肉がしのぎを削るような、無茶苦茶なペシミズムの極みを見た。人生がさすらう旅ならば、そのような感に打たれる局面があっても少しも不思議ではない。もうそれは悲観美とでもいえそうな演奏部分だったが、そこが一番印象に残った。

IMG_2817

次にDavid Korevaarの「ナザレの夜」に触れよう。これは初めて聴く曲だった。プログラムノートを翻訳している時からこれはどんな曲だろうと勝手に想像していたが、予想にたがわず、フランス風エスプリに富んだプーランクらしい曲だった。ナザレの居酒屋に夜な夜な現れてはピアノの回りにたむろする連中8人をピアノで即興的にスケッチしたもの。曲に合わせて私も心の中で一筆画を描いていた。まずはこの男「分別臭さプンプン匂う」、お次「感情露わに思ったことズバズバぬかす」、次「無頓着かと思いきやなかなか慎重な御仁」、次「屁理屈一杯並べやがって」、次「人を煽てるのが上手い奴」、次「一人悦に入ってら」、次「人の不幸を喜ぶ嫌な奴」そして最後「抜け目のない年寄り」ばあさん、この居酒屋のオーナーてな具合。コミカルでユーモラス、いやシニカルか。クラシック音楽には崇高な美を求めがちだが、こんな曲を聴くと、なかなか機知に富んでいて小粋だなぁと思ってしまう。

IMG_2821

 

 

2015年1月5日 (月)
2015 New Year Concerto

TMCJ湘南Chamber Orchestraによる新年コンチェルトが2015年1月4日午後2時よりアメリカからDavid Korevaar氏を客演に迎え、横浜市戸塚区の区民文化センターさくらプラザホールで開かれた。

プログラム

W.A.モーツァルト: ピアノ協奏曲 第23番 イ長調 K.488 塩谷 遥

戸塚3

 

W.A.モーツァルト: ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466 工藤真希子

戸塚4

 

 

A.ヴィヴァルディ:二台のヴァイオリンのための協奏曲 イ短調Op.3 第8番 RV522 小野田さと(1stVn)君付理沙子(2ndVn)

戸塚6

W.A.モーツァルト: ピアノ協奏曲 第25番 ハ長調 K.503 客演 ディヴィッド・コレヴァー

戸塚1

 

 

IMG_2777IMG_2778IMG_2780IMG_2784

本年最後のSalon Classicでのコンサートが始まりました。大町 剛と宮崎 剛、両剛さんのデュオです。今年は自然災害はじめ多くのことがありました。一足早い除夜の鐘のような祈りの曲から始まりました。ブロッホの「祈り」です。サロンに集まった30名ほどの聴衆が息を合わせたように一斉にしっとりと落ち着いた静かなチェロの音色に耳を傾けます。そんな中、ピアノがバ、バーンと大きな楔を打ち込みます。コンサートホールでは味わえない小振りのサロンの良さです。他人の聞こえない息吹きが聞こえます。そこに一体感が生まれます。次はショパンのバラード第1番作品23、宮崎さんのピアノソロです。若きショパンが祖国ポーランドを思いに思って書き上げた作品です。宮崎さんの時にうっとりした、また時に真剣な眼差しで弾く向こうに、また黒塗りの音の響きの向こうに、ポーランドの地が現れました。私まで遠くポーランドの地に思いを馳せ偲びました。今度はショパンのノクターン。膨らみのある音色に眠り入りそうになった私、寂しく哀調を帯びた音が静かに尾を引きます。そんな夜を想わすチェロの音色が続きます。

調子が変わって次はサン・サーンスの白鳥。澄明な音に埋没したような両剛さんのうっとりした表情。こちらまでその音色とメロディに酔いしれました。次はショパンの序奏と華麗なるポロネーズ作品3.この曲はチェロとピアノのために作曲されたもの。降り注いでくる音のシャワーにまったりした味を感じつつ耳を澄ましました。休憩を挟んで、後半は日本のうたのメドレー。曲名を予め明かされずに始まりましたが、私だってこのぐらいは解る。荒城の月、月の砂漠、夕焼け小焼けでした。チェロはこれらの曲によくマッチした楽器と紹介されましたが、逆にこれでチェロがどんな楽器か解りました。次に映画音楽メドレー。イタリアのモリー・コーネンのディナーとか。私には全然知らない人、曲でした。ここで突如、登場したのがクラリネットの井上春緒さん。狭い客席を縫って、クラリネットの少しくぐもった音色でチャールダッシュを独奏してくれました。しょっちゅうヴァイオリンで聴く曲ですがクラリネットでは初物、なかなかいい、ほんとに嬉しくなりました。

次はピアソラのリベルタンゴ。私の大好きな曲。両剛さんのチェロとピアノだけと思いきや飛び入りの井上春緒さんのクラリネットが入って大いに盛り上がりました。もう最高。明るく飛び上がりそうになる曲ですが、一本どこかに哀愁線が引かれている。アルゼンチンの自由なタンゴとまでは想像つくが、南米の空気を思わすこの曲のよさをどう表現したらよいのやら。次は両剛による中国の競馬を意図した「馬」の演奏。今日は第59回有馬記念とか。それに因んで中国の競馬を題材にした。その最後にいななく馬の声、ヒイヒヒーン。

これからは恒例の宮崎節。レクエストに応じ臨機応変に弾くピアノ芸当。今日はよく覚えていないが、ドビュッシーの亜麻色の髪の乙女や鐘、エリーゼのために、赤い花などだった。盛り沢山な今日のプログラムだったが、そこには音楽というものを楽める綿密な計算があったのだと思う。どうか来年もよろしくお願いしたいもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年12月23日 (火)
上田友紀子ピアノリサイタル

今日は「聖夜を前に サロンで聴く」と銘打った上田友紀子さんのピアノリサイタルがSalon Classicであった。それはそれは素晴らしかった。上田さんは今、京都芸大の大学院生だ。今日はバッハ、ベートーヴェン、ドビュッシー、武満 徹、メンデルスゾーン、シューベルトと18、19、20世紀の作曲家を総なめにしたソロ演奏だった。多くの曲を空で上手に弾き分けるだけでも感動ものだったが、その上、プログラム・ノートも自ら達意の文で手掛け用意されたのは立派だった。

IMG_2769 141223-s IMG_2768 IMG_2767 (2) IMG_2763 IMG_2766

プログラム

バッハ: 平均律クラヴィーア曲集第二巻より 第22番 変ロ短調 BWV891

ベートーヴェン:創作主題による6つの変奏曲 ヘ長調 作品34

ドビュッシー: 映像第1集 Ⅰ.水の反映 Ⅱ.ラモーを讃えて Ⅲ.運動

武満 徹:閉じた眼

メンデルスゾーン: 無言歌集より 変ホ長調 作品67-1  嬰ヘ短調 作品67-2

シューベルト: ピアノ・ソナタ第19番 ハ短調 D958 Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ.Ⅳ.

考えてみると不思議なことだ。ヨーロッパという異国の地で2,3百年も前に奏でられた音楽が今、こうして日本で演奏されてその美しさを愛でている。当時のヨーロッパ人と同じ美感覚を現在のわれわれ日本人が持っているのだ。それが不思議でならない。そこまでわれわれが西洋化したのだろうか。今日のプログラム・ノートのメンデルスゾーンの解説箇所に次のような下りがあった。「その音楽活動の出発点はユダヤ系の裕福な家柄だったメンデルスゾーン家が催す、サロンコンサートだった。彼のピアノ曲にはソナタや変奏曲などもあるが、数の上で圧倒的に多かったのがサロン風の雰囲気を持つ「無言歌集」だ。少年時代から馴染んだサロンの親密な空気は、この曲集にも大いに反映されたことだろう。「無言歌」とは文字どおり言葉のない歌、言いかえれば、歌詞こそないけれど、まるで歌のように豊かなメロディーで綴った音楽ということになる。

2,3百年前にこのような音楽をサロンで聴くという贅沢は王侯貴族はじめ裕福な階層に限られていたはずだ。今、こうしてうちのサロンでではあるが、このように聴けるのは大変な贅沢かも知れない。有難いことである。私達夫婦は、この若きメンデルスゾーンのように、これから次世代を担う音楽家を育てて行くことに使命を感じている。

 

2014年12月15日 (月)
第20回アゼリア音楽会

今日は寒い中、午後6時からSalon Classicでフェリス女学院大学音楽学部教授の黒川 浩氏を客演にお招きして七人の出演者で開催、音大在校生からベテランの音楽家まで全員がピアノを弾いた。同じスタインウェイのピアノでも紡ぎ出す音は区々、まだ初々しさが残る緊張気味の人から名馬を乗りこなす感の人まで色々だった。そのような中でピアノ美を探った。優美な美から重厚で骨のある美まである。絵画で物の構成や色のコントラストが美を造る上で非常に重要なように、音楽でももっと大きなコントラスト、たとえば、火花が飛ぶような熱いアクセントから音が消え入りそうな無に近いアクセントまでもっと強いコントラストが欲しい。静かに曲後の余韻に浸っている時、拍手が早すぎると思うときもあった。ピアノはヴァイオリンのようなアナログ音と違って、ボン、ボンとなるデジタル音によさがある。そのボンを聴くたび心の扉が開かれ、内面へ内面へと誘われる。黒川教授の解説入りで軽妙に鳴り出す曲の数々、なるほどと合点が行った。

プログラム 窪川綾さんのブラームス:ラプソディーOp.79-1ロ短調、上田友紀子さんのバッハ:平均律クラヴィーア曲集第2巻より第22番 変ロ短調BWV891、ベートーヴェン:創作主題による六つの変奏曲 ヘ長調作品34、ドビュッシー:映像第1集より第2曲ラモーを讃えて、メンデルスゾーン:無言歌集より変ホ長調 作品67-1、嬰ヘ短調 作品67-2、シューベルト:ピアノ・ソナタ第19番ハ短調D958より第2,3,4楽章、野村美香さんのショパン:ピアノ・ソナタ第3番ロ短調 Op.58より第1,4楽章、岩本美子さんのリスト:”ため息””ラ・カンパネラ”ラヴェル:”水の戯れ”、松田あゆみさんのショパン:ポロネーズ第6番 変イ長調Op.53「英雄」、西 恵里夏さんのシューマン:幻想曲Op.17より第1楽章、客演黒川 浩教授のマルチェッロ:アダージオ、スカルラッティ:ソナタ ホ長調、ショパン:雨だれ、シベリウス:もみの木

IMG_2748

IMG_2749 IMG_2750 IMG_2751 (2) IMG_2752 IMG_2754 IMG_2755 IMG_2759

 

 

2014年12月13日 (土)
Yuletide Joint Recital

今日(12/13)は午後2時から客演に米コロラド大チャールズ・ウェザビー氏を招いてジョイントリサイタルをSalon Classicで行った。今日はたっぷりパフォーミング・アートのよさを味わった。パフォーミング・アートとは芸術家自身の身体が作品を構成し、作品のテーマになる芸術である。

FullSizeRender (1) FullSizeRender (3) FullSizeRender (2) FullSizeRender (7)  

ソプラノの渡邉 栄子さんは倉田 亜樹さんのピアノ伴奏で、中田 章の季節にマッチした「早春賦」と越谷達之助の古典的な「初恋」、それに別宮 貞雄の「さくら横丁」、ドヴォルザークの「ジプシーの歌」7曲を歌われた。その顔の表情がよかった。聴衆は耳ばかりでない、やはり視覚に訴えるものが重要だ、その遠くを見詰める目にあの昔の初恋の恋情が宿っている。あの腕の振り、首の左右、前後、上下の振りにジプシーの情熱が絡まる。今日はとくに「さくら横丁」の低音のゆっくりした声に聞き惚れた。今の日本にないちょっと昔の日本の美しさを彷彿とさせた。

IMG_2718

次はピアノの国枝千加さん。ドビュッシーの「ベルガマスク組曲」で”メヌエット”や”月の光”など、さらにメトネルの「忘れられた調べ 第2集 作品39より5. 悲劇的ソナタ」並びにラヴェルの「プレリュード」だった。私にはメトネルがよかった。

FullSizeRender (4) FullSizeRender (5) FullSizeRender (6) IMG_2727

次は客演のチャールズ・ウェザビーのヴァイオリン、ピアノは霜浦陽子さん。曲はサラサーテの序奏とタランテラ、ファリアのスペイン民謡組曲やスペイン舞曲、アルベニスのタンゴおよびアンコール曲のいろいろ、彼と一緒に来日したコリン・フジワラ作曲の作品も披露された。その腕前はカーティス音楽院出身と聞くだけで保証されたようなものだが、その爽やかさ、清潔感にいたく感心した。彼が今日はじめて弓で弦を鳴らした時、咄嗟に私の頭をかすめたのはあの飴(あめ)だった。艶やかな茶色、あれを細く伸ばしたときの白く光る感触、そんな感じがした。かれの演奏時の腕、肩、腰、脚の動きを見ているとまさにパフォーミング・アーティストだった。伴奏の霜浦陽子さんもかれの動きに合わせ肩をいからしたり、身体をくの字に曲げたりと視覚的なおもしろみを加えてくれた。

IMG_2740IMG_2747 (2)

 

今回のチャス・ウェザビーとコリン・フジワラに会うのは初めてだったが、おもしろかったのはチャスがディヴィッド・コレヴァーとコロラド大の同僚であること、それにコリンがワシントン大のピアノ主任教授、ロビン・マッケーブを知っていること、またコリンのハズバンド(カメロン・ベネット)が1980年代に私たちの娘が行ったヴィクトリアの音楽キャンプに行っていたこと、それでチェロのシャピロをよく知っていることだった。日本酒を傾けながらこんなことで話がはずんだ。またまたスモール・ワールドを実感した。

 

外はジメジメ小雨が降っています。いかにも冬の到来を告げる雨です。今日、三回目の午後のひとときコンサートはハーピスト、上田あず紗さんのハープでお楽しみいただきました。ハープの中でも一番大きなグランドハープを持ち込んでの演奏でした。ハープの音色はいいですね。癒しの音です。ゆったりと艶のあるまあるい音です。幅も奥行もあって得も言われぬ美しさがあります。

その音色で奏でられたのはアメージンググレース、グリーンスリーブス、Smoke gets in your eyes, クリスマスソングのほかショパンのノクターンやひき潮でした。目の前にあるハープの弦を上田さんが指のうらでつまびいて行きます。耳から入る美しさと目から入るハープの曲線美が一つとなって私の情趣を擽りました。

終演後は美味しいケーキとロンネフェルトの紅茶で演奏者と聴衆が一緒になって寛ぎ雑談を楽しみました。お近くの方にもお見えいただき、言葉どおり午後のひとときを愉しく過ごしました。

IMG_2706IMG_2707IMG_2709

今日(11月15日) は第61回明石市美術展の洋画部門に初めて応募し作品を搬入してきました。題名は「ゲラシメンコ彗星人」。果たして入選するやいなや分かりませんが、開催が間近なのでとりあえずご案内させていただきます。 展示は前期:日本画・工芸・書道11月19日(水)~11月23日(日) 後期:洋画・彫刻・写真11月26日(水)~11月30日(日)                    9時30分~17時30分                 (ただし23日、30日は15時まで)… 会場は明石市立文化博物館 2階ギャラリーです。(JR・山陽電車明石駅から徒歩5分)明石市美術展事務局は開催ご案内のハガキも用意しておらず、いささか呆れましたが、ポスターの写真撮りを認めてくれましたので、それをそえてここにご案内する次第です。

なお私の作品につき、ご興味がないかも知れませんが、参考に付記させていただきます。 昔撮ったNYマンハッタンのネオンの夜景が、不幸にもぶれて使い物なりませんでした。が、ぶれたお蔭で、幸いにも却って迫力ある写真(右の写真)ができました。この写真をいつか手で描きたいとパソコンのデスクトップに入れて始終みていました。ついに先月着手、描くうちに砂漠の火のようになり、月の砂漠よろしく月を描くと火が異星人のイメージとなり、「月を食む異星人」か「月に吠える異星人」となりました。タイトルにそのようなものを考えていたところ数日前に探査機ロゼットが歌うたうゲラシメンコ彗星を捉えたというので、それだ、これにしようと彗星名を拝借したものです。(20号)

IMG_2624 OLYMPUS DIGITAL CAMERA IMG_2685

2014.11.12 18:30 よりSalon Classicホールで開いた。

眞子千亜紀さんのピアノ、セヴラックの『日向で水浴びをする女たち』は私には馴染のない曲でしたが、一風変わった趣で印象派ないし象徴詩的な曲。「音で絵を描く」ような響きがありました。その絵はクールだが温かみがある、そんな印象を受けました。

次に野村さんがショパンのピアノソナタ第3番Op.58より第1楽章を弾き、仁賀 環さんがラヴェルの高雅で感傷的なワルツを弾きました。

その後に客演のアンジェイ・ピクル教授のピアノ、ショパンのノクターン、ポロネーズ 第4番と第6番「英雄ポロネーズ」。さすがショパンの本場から来られた人だけにそう思うのか大人の風格を感じました。落ち着いて弾くピアノは繊細で優雅、弱音が殊に美しく感じられました。ポロネーズ第4番は柔和な中に真剣な情熱が感じられ、第6番は抒情的で壮麗、生き生きとした新鮮さがありました。

IMG_2627 IMG_2628 IMG_2631

終演後、私がピクル先生に素晴らしい演奏だったと褒めると、今度は先生が私の絵を褒めてくださいました。ジャンルこそ違え、芸術という点では共通してると お互い共感し合いました。これからいい友達になるでしょう。

IMG_2635 IMG_2640 IMG_2638

 

今日はSalon Classic1Fのサロンでショパンの母国ポーランドから来日したアンジェイ・ピクル教授(クラクフ国立音楽大学卒業で現在その母校のピアノ科主任教授)のレッスンがあり、少しだけ覗いた。ピアノの後ろに掛かっている私が描いた花の絵を指し、同じ緑でも濃い緑もあれば淡い緑もある。ピアノも同じ、音の濃淡を弾き分けねばなりませんという。またベートーヴェンのピアノソナタ「告別」では、この別れを惜しむ曲をそう楽しく弾くものではありませんと。たしかにテクニックもさることながら作曲した背景や意図を理解し音楽性、つまりハートを出さなければならないと知りました。

IMG_2626 IMG_2625

 

 

今秋から始めたSalon Classic 一階サロンでの午後のひとときコンサートの今日は第2回目です。 肩の凝らない気軽さをモットーにして毎月第1木曜日1時から始めるコンサートです。 終演後は出演者、観客が一緒になって阪神間の有名スイーツとロンネフェルトの紅茶を頂きながら 自由におしゃべりを楽しんでもらおうというものです。

第2回目の今日は遠く広島から来て頂いたソプラノの工西美穂さんが長くパリに音楽留学して最近 帰国された仁賀 環さんのピアノ伴奏で日本の抒情歌を歌ってくださいました。

曲は
宵待草
もみじ(みなで歌う)
アヴェ・マリア(カッチーニ)
里の秋(みなで歌う)
からたちの花
オペラ、ジャンニスキッキ”お父様お願い”
でした。

IMG_2611IMG_2604

IMG_2607IMG_2610

 

 

 

Salon Classic で開かれた。

プログラムは下記のとおり。

1.  ショパン:     バラード第1番Op.23   田中 未殊(ピアノ)

 2.  小林秀雄:           落葉松       宮崎 明子(ソプラノ)

      中田喜直:           霧と話した       竹田 景子(伴奏)

      モーツァルト:   オペラ「コジ ファントゥッテ」より

                  ‘岩のように’

     ドニゼッティ:          私は家をつくりたい

     ヴェルディ:           ああ悲しみの聖母様

     ヴェルディ:           ひとつの星に

     ヴェルディ:       オペラ「ドン・カルロ」より

                 ‘世のむなしさを知る神

3.   E.グリーグ    抒情小曲集 第8集 作品65   斉藤 至(ピアノ)

  1)青年時代から  2) 農民の歌  3) 憂鬱 4) サロン   5) バラード風に  6) トロルハウゲンの婚礼の日

4.   ショパン: ピアノソナタ第3番Op.58より第1楽章    (ピアノ)

 

 

2014年9月8日(月)18:00開演 Salon Classicにて

本日は非常に充実した音楽会だった。客演として迎えたイヴ・アンリ教授がフランス政府から二つの文化勲章を受章した類稀なピアニストであることはもちろんだが、同時に出演した大橋美帆さん、伊東くみさん、冨樫三起子さんの演奏も素晴らしかった。音楽の表現力というのか、音を通じて絵画を、詩を、バレエを今日ほど彷彿とさせられてことはない。

伊東くみさんのピアノ、「リストのラ・カンパネラ」や「ドビュッシーの喜びの島」が私の心の中で絵となって迫り、大橋美帆さんのピアノ、K.シマノフスキーの「メトープ三つの詩Op.29」、が私の心の中でギリシャ神話のオディッセイ物語となって響き、そして冨樫三起子さんの「プロコフィエフのバレエ「ロメオとジュリエット」」のピアノが私の心の中でバレエの舞台となった。耳や脳を打つ音があたかも床を踏むバレエダンサーのタップの音となって聞こえた。私の油彩、「南葉山の海」を横目にしながら「ドビュッシーの「水の反映」を弾いてくださったとか。

客演のイヴ・アンリは私の大好きなピアニストで、彼のピアノを聴くたび「音楽性」とは何かを考えさせてくれる。今日もシューベルト、ショパン、リスト、ラフマニノフ、それに自ら編曲したポール・デユカス:交響詩『魔法使いの弟子』を聴かせてくれた。同じホールのピアノを使いながら、どうしてかくも音が違うのか。かれの奏でるピアノは一つ一つの音が磨き抜かれ、光輝く数珠玉となって滴り落ちる。それが時に束となってフィナーレの花火のようにダイナミックなエクスタシーを感じさせてくれる。

終演後近くのレストランで一緒に食事をしながら、われわれのゲストブックに一言書き入れてくれた。フランス語だからよく分からないが、彼の編曲した交響詩『魔法使いの弟子』のCDを来秋出す時には私の油彩「楽の音」をそのカバーに使ってくれるそうだ。78歳のこの年寄りに音楽はまたとない世界に誘ってくれる。

写真 (116)写真 (118)写真 (123)写真 (117)写真 (124)写真 (127)写真 (125)

宮崎 剛コンサート・シリーズ2014 第2回

写真 (121)写真 (123)

   2014年8月30日(土)

いつものことながら、宮崎氏の演奏に先立つ面白い曲解説が演奏自体とともに人気の的なのか、今日も多くの観衆が詰めかけた。

~~~~~~プログラム~~~~~~

リスト: なぐさめ 第3番

リストは女好きで、ついにはロシア女に惚れ、周りの多くから蔑まれる中で味方してくれる人もいた。この「なぐさめ」はその味方してくれる人にあてて書いたとか、ロマンチックな曲。

ショパン: スケルツォ第1番 作品20

ショパンは異国の空で一人、祖国ポーランドを想い、家族を想い、孤独を囲いながら不協和音も混じる当時の前衛音楽をこのように作曲したとか。

ショパン: バラード 第1番 作品23

バラードは文学、中でも詩、その物語風ポエムにインスピレーションを得て、空想の中で「祖国ポーランドよ、強くあれ」と祖国愛を示した曲であるとか。

シューマン: 子供の情景 作品15より「異国から」、「トロイメライ」

シューマンの前に実際に子供がいるわけではない。いるのは彼のハートの中だけ。早く結婚して子供に恵まれたいと夢を描いたものとか。ファンタジイを感じた。

シューマン: アラベスク作品18
アラベスクは、アラビア風の、模様のきれいな、を指す語。ハ長調のこの曲は模様がきれいで、色は白。白といえば花嫁衣裳。早く結婚したいとの願望が秘められているとか。

ショパン: ワルツ 作品69ー1(遺作)

「別れのワルツ」と知られるが、この別れは永遠の別れでなく「じゃ、またね」といって別れるようなもの。(遺作)は概して怪しい。

ショパン: バラード 第4番 作品52

ジョルジュ・サンドという年上の女性を熱烈に愛したが、ついに実らず。ちょっと話は聞き洩らしたが、エレガントでスイート、ドラマチックでもあった。

アンコールとして、いつも観衆から出たその場のリクエスト曲5曲をメドレーにして当意即妙に弾く、この技が大いに観衆に受ける。今日はダンシング・オールナイト、ドビュッシーのアラベスク、ショパンのノクターンなどだった。

 

ようこそ今日は

Salon Classicにお出でくださいました。

分かりやすかったでしょう!

芦屋川駅からほんの2,3分ですから。

パーキング場がないのが不便だった?

すみません。

作るスペースがなかったんです。

でも最近、裏方100歩ほどの所に

コイン・パーキングができました。

ちょっと入りにくかった?

ちょっとお澄ましのビルだった?

それは外観だけです。

どなたも暖かくお迎えします。

ホールはいかがでした?

ゆっくり楽しめましたか

窮屈でしたか

すみません

今回は大入り満員の日もあったんで…

椅子が固かった

すみません。

儲かったらいいのに替えます。

スリッパーに履き替えるの

面倒くさかった

すみません。

土埃を私に被らせないでと

スタインウエイが泣くんです。

絵が楽しかった

有難うございます。

私の絵でも

ヨーロッパ的雰囲気が

漂えばといいと思って

掛けました。

こんなところでよろしければ

どうぞ、どうぞ

いらしてください。

そしてホールやサロン

よければ借りてください。

何ならチラシもお作りしますよ

それから

もう一つ耳寄りな話

あのアンリ・シャルパンティエの

元・名パティシエが

Salon Classicのために

特製の洋菓子を作ってくれるんです。

何て名付けようか、そうだ

音楽とお菓子の共演だ

「シンフォニー」とでもしようかな

他の所では手に入りませんよ

写真 (116)写真 (120)

 写真 (114)  写真 (113)8月20日(水)18:30よりSalon Classicで最後は霜浦陽子さんと組んでシャンドルのヴァイオリン・コンサートは終わった。 三回のコンサートで今まで取り上げなかった曲についてその印象を述べよう。2番目のベートーヴェンのスプリング・ソナタは私の耳にもお馴染みだが、大作過ぎて歯が立たない。3番目はパガニーニの「悪魔の踊り」、悪魔どころか、平和のシンボルのハトが群れをなしてヴァイオリン上に急降下してきて、一斉に首を上下させてエサをコチョ、コチョ、コチョと啄んでいる情景が浮…かんだ。サラサーテの「序奏とタランテラ」。壜と壜をすり合わせたような妙な音だが、不思議と寒気はしない。7番目にラヴェルの「ツィガーヌ」。よかった。即興ができるシャンドルが少し編曲しての初演らしいが、聴いているうちに、せむし男が暗い森から出てきて奇妙で不可解な音を立てる。そこへピアノがさざ波を起こす。怒りに怒ったせむし男が奇妙なシュポ、シュポ、シュポという声を残して行ってしまった。8番目はバッツィーニの「妖精の踊り」。軽快で可愛い、明るい妖精が踊りを止めない。おどけて見せる者、大笑している者、おや、一人が延々としゃべり出した。ピイチク、ピイチク、カタゴト、カタゴトと。 この演奏が最後とあって大サービス。アンコールは今回の持ち歌のすべて、5曲を披露。観衆が喜ばないはずがない。こうして夏の夜のフィナールは終わっていった。38歳のシャンドル。これはアレキサンダーのサンダーが訛ったものだ。じゃ、また来年。今度は弟のチェリスト、アダムを連れてくるんだぞ。 もっと見る
写真 (115)
写真 (118)昨日に引き続き今日は二時から林典子さんの伴奏でシャンドル・ヤヴォルカイのヴァイオリンリサイタルをSalon Classicで催した。
人懐っこいシャンドルはすぐにみなのアイドルとなった。大きな体に不似合な小さなヴァイオリン。だからこそ自家薬籠中のものとして彼の一部になっているのだろう。
今日の演奏を画家スーラー張りの点描画で振り返ってみよう。弓が弦に触れて滴ち落ちる点の音で描いたロマンチックな図だ。 エルガーの「愛の挨拶」:音点が一本の赤糸、青糸となり、それが上下に波打ち…ながら挨拶をする。最後は丁寧に頭を垂れた。 クライスラーの「愛の喜び」:黄色と空色が隣合う点描、「愛の悲しみ」:薄紫に栗色が漂う点描、「美しきロスマリン」:ピンクに薄緑の美しい点描。マスネの「タイスの瞑想曲」:グレイに薄ピンクが効いた長い巻き物、祈りを込めて静かに開いていった。静謐。すっかり開き終わったとき、物音一つしなかった。
サラサーテの「カルメンファンタジー」:茶色の硬質なガラス片から変化して、美しいかな文字の草書となり、やがて粉末となってカルタシスを迎えた。「ツイゴイネルワイゼン」:弓も弦も指も目も止まらぬ速さでバイオリン上を小刻みに走り回り、哀愁に咽びながら遠い祖先の故郷に誘ってくれた。モンティのチャールダッシュ:擦って擦って、削って削ってハンガリー魂に磨きを掛ける、最後はか細い、か細い、あるかなしかの音で終わった。一連の演奏からなぜヴァイオリンの音色がかくも人の心を魅了するのか、私なりに合点がいった。
ベートーヴェンの「ロマンス ヘ長調」と、昨日、タルティーニの「悪魔のトリル」は述べたので割愛する。
写真 (119)

 

Salon Classicで8月19日(火)18:30から始まった。シャンドルがこのホールをヨーロッパの昔のサロンのようだと褒めてくれた。そこに60人の観衆がつめかけてくださった。

写真 (105)

 

最初に現れたのは仁賀 環さん。23年に及ぶフランス留学(パリ国立高等音楽院卒)から帰国しての初演奏会。曲はショパンの舟歌Op.60。 キラキラと光る波間に浮かぶ小舟、たゆとうとした、のどかな風情が漂う。長いフランス生活にもかかわらず日本の情緒を保ち続けた彼女に相応しい曲だった。… 曲は変わって次はシューマンのクライスレリアーナ。8楽章からなる長い曲。ロベルト・シューマンが熱烈に恋したピアノ教師の娘クララ、しかしその父親の反対に会い、文通もままならず、二人が想いを通わせるのは音楽を通じてだけ、ロベルトが「クライスレリアーナ」に託してクララに熱い想いを語ると、クララはその中に自分を発見して微笑むのだった。

写真 (103)

 

さて次はヨーロッパ中を沸かしたシャンドル・ヤヴォルカイ。なるほどその人気の秘密が解るような気がした。あの憎めないおおらかで朗らかな表情。ロマの血が騒ぐのか。大きな身体から心臓が飛び出してヴァイオリンに化けたのかと思うほど心の音だった。とにかく弦の上を走る弓さばきの速さの速いこと速いこと。まさに超絶技巧だ。その間に紡ぎ出される千万色の音。「艶」という字が示す通り豊かな色だ。これが最初に奏でたタルティーニの「悪魔のトリル」か。”神は細部に宿り給う”というが、まさに彼のヴァイオリンには神も悪魔も棲んでいる。彼は本当に音のマジシャンであり音のアクロバットだ。

クライスラー 愛の喜び、愛の悲しみ サラサーテ  序奏とタランテラ サラサーテ  カルメン幻想曲 サンサーンス 序奏とロンドカプリツィオーソ の他に

アンコールの大サービス エルガー   愛の挨拶 サラサーテ  チゴイネルワイゼン モンティ   チャルダッシュ

写真 (108)

彼のレッスン風景も見た。もの凄くエネルギッシュでダイナミック。 生徒さんにはいい勉強になると思った。

もっと見る

2014年6月29日 (日)
RAUM Quartet Recital

securedownload

紡ぎ出される音の雫

ヴァイオリン:  キム・ドゥラン、 福嶋令奈

ヴィオラ:          太田玲奈

チェロ:              細谷公三香

~~~~~プログラム~~~~~

エルガー:     愛のあいさつ

ボロディン:     弦楽四重奏曲第2番
第1楽章:Allegro moderato
第2楽章:Scherzo. Allegro
第3楽章:Notturno. Andante
第4楽章:Finale. Andante – Vivace

ボロディン:  スペイン風セレナーデ
~B-la-Fのテーマ~

ドヴォルザーク: 弦楽四重奏曲第12番 『アメリカ』
第1楽章:Allegro ma non troppo
第2楽章:Lento
第3楽章:Molto vivace
第4楽章:Vivace ma non troppo

2014年6月27日(金) 開演19:00

Salon Classic (芦屋市東芦屋町3―9)