2000年8月6日 (日)
イタリア、スイス、ドイツから帰ってきた若きオペラ歌手、高らかに歌う

古田昌子(メゾソプラノ)、樋口達哉(テノール)ジョイント・リサイタル    (伴奏:大坪由里)

8月6日(日)午後2時よりSalon Collinaで開催

<曲目>
G. Verdi:    「仮面舞踏会」より リッカルドのアリア―――― 樋口達哉
P. Tchaikovsky: 「オルレアンの少女」より「森よ、さようなら」――古田昌子
G. Verdi:     「リゴレット」より「女心の歌」――――――――――樋口達哉
F. Cilea:    「アドリアーナ・ルクヴルール」より――――――― 古田昌子
「東方のさまよえる星よ」
G. Puccini: 「トスカ」より「星のきらめき」―――――――――――樋口達哉
G. Menotti:  「領事」より「マグダのアリア」――――――――――古田昌子
G. Bizet:    「カルメン」より抜粋
「ハバネラ」「セギディーリア」「花の歌」「デユエットとフィナーレ」

<一口プロフィール>

古田昌子:  神戸女学院大学音楽学部卒業。スイス政府奨励金でスイス留学、
1991年から1996年までビール市立歌劇場と契約。その後、イタリア、
ベルギー、オーストリアにて研鑚。2000年6月よりオスナブリュック市立
歌劇場と 契約し、ドイツ在住。

樋口達哉:  武蔵野音楽大学卒業。同大学院修了。イタリア・ミラノに留学。
1999年、ミラノ・スカラ座にソロ出演。ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場
管弦 楽団と共演。現在ミラノ在住。

大坪由里:  武蔵野音楽大学首席卒業。同大学院修了。イタリア・ミラノに留学。
「平成12年度文化庁派遣芸術家在外研修員」に合格、9月より国費留学予定。

 ( 日 ) イタリア、スイス、ドイツから帰ってきた若きオペラ歌手、高らかに歌う