2003年3月23日 (日)
クラッグ・シェパード ピアノ・リサイタル

ようやく春が来た感じの今日、満席の観客の前で精魂込めて弾くクラッグ・シェパード。さすが英国リーズ国際コンクールで銀賞を受賞しただけのことはある。その迫力溢れる演奏に観客一同喝采を 惜しまなかった。
2003年3月23日(日)14:00~       Salon Collina
初来日は昨年の6月、ちょうど横浜でワールドカップが 開催中だった。今回、この2回目はイラク戦争の真っ只中。20日、成田に着くなり第一波の攻撃が始まった。 こんな彼にとっても思い出深い日本、その日本で彼をもっと知ってもらいたい。

               プログラム
          スカルラッティ:   四つのソナタ
         モーツアルト:    ソナタ K330
         ベートーヴェン:   ソナタ Op.27-2 「月光の曲」
         ショパン:      バラード Op.52     即興曲 Op.51
         ブラームス:     ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ

 

ピアノ芸術の粋というものを見た。その演奏は圧巻としかいいようがない。余りの迫力に息を継ぐ間もない。彼の内面から迸り出た感情 エネルギーが反射的に手指に伝わり、感情の起伏にそって、緩急自在、強弱自在に動く。まるでそれは精密機械のピストンのようだ。2時間もの間、このピストンは動きを止めず、サロンを音の坩堝と化した。歌は歌詞とメロディーからなるものだが、ここには歌詞はない。しかし、彼の弾くメロディーからは歌詞も一緒に聞こえてくる。歌心と詩心が渾然一体となって、音はダイナミックに詩はドラマティックに追ってくる。 そうかと思うと、ピアニッシモな音にペイソスな詩を宿す。音楽性とはこんな渾然一体を指すのだろうか。そんなことを考えながら、音に引き込まれつつ、うっとり過ごす2時間だった。

Craig Sheppard’s piano recital was held at Salon Collina, a privately-owned  modest music hall in Hayama with full audience of 55 on March 23.  This silver medalist at Leeds International Piano Competition in which  Mitsuko Uchida also participated gave the audience such an impeccable  two-hour performance that his endowments proved most extraordinary.  His innate talent for music interpreting the works of the day surged up his feeling  with great intensity to transmit it with lightning speed to the keyboard with all his arms and fingers very dynamically and dramatically. This energetic performance has allowed the audience no time to take a breath, turning the hall  into the melting pot of all his sounds of Scarlatti, Mozart, Beethoven, Chopin,  and Brahms. Piano playing is, unlike singing, constituted only of melodies, lacking verses. But today’s performance of his articulate passages left the  audience with non-verbal impression intact of beautiful poetry.

 

 ( 日 ) クラッグ・シェパード ピアノ・リサイタル