2004年8月29日 (日)
マルコ・メローニ バロックギターコンサート

2004年8月29日(日) 14:00~     Salon Collina

夏休みでしばらく休憩していたコンサートも夏の終わりとともに再び始まった。曇り空の鬱陶しい日ではあったが、今日は遠くイタリアサルディニア島出身の、バロックギターの名手、マルコ・メローニ氏の妙なる調べに心が洗われる思いがした。


演奏曲目

樋浦靖晃        J.S.バッハ    フーガ BWV1000                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        スペイン民謡     禁じられた遊び                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               R.ディアンス    フォーコ      F.タレガ      アルハンブラの想い出     カタロニア民謡    聖母の御子

マルコ・メローニ

J.S.バッハ    リュート組曲第4番BWV1006a                    プレリュード                    ルール                    ロンド風ガボット                          メヌエットⅠ&Ⅱ                    ブーレ                    ジーグ     Ex.Mo S.or P.Bal   エントレとカナリオス     J.S.バッハ    シャコンヌ

バロックギターの演奏のみを専門とする音楽家は世界広しといえども彼一人だという。その本人による日本で初めてのバロックギターコンサートがここSalon Collinaで行われたのだ.16,7世紀のバロック時代に上流社会に流行り、ルイ十四世も奏でたというバロックギターは現在のギターより一周りも二周りも小さいが、音色は実に典雅でみやびやか。300年前のヨーロッパサロンの文化的香りが現代の日本で復元した。掻き鳴らしの情熱的なギターと異なり、物静かでいてどこか華やいだ感がする。細やかで品が良い。大きな音は野暮に聴こえたに違いない。指で直接弦に触れる楽器はハープや琴もあるが片方の手で押弦するギターは独特で手作りの音味がする。トントントンと爪弾く音の一つ一つが小気味よく聴く者の心をくすぐり情感に訴える。ピアノのように大波で 魂をゆすぶるというより、さざ波で感情の襞、綾に陰影をつける繊細さがある。このような楽器で聴くバッハはピアノやヴァイオリンで聴くバッハとは大違いみやびに満ちていた。

 

 

 ( 日 ) マルコ・メローニ バロックギターコンサート