2004年2月15日 (日)
ミハイル・ヴォスクレセンスキー ピアノリサイタル

2004年2月15日  Salon Collina   夜来の春一番に洗われた今朝の富士山は一段と美しい。広い雲一つない青い空と紺碧の海。その真中に真白いシンメトリーの霊峰を浮き上がらせている。本日の巨匠を出迎えるため富士もわざわざ正装して現れたのだ。ミハイル・ボスクレセンスキー、現代ロシアピアニズムの巨匠。そんな巨匠がはるばるモスクワからこのサロンコリーナに到来した。私と同い年。もうそれだけで親しみを覚え、会うのを心待ちにしていた。会うなりミーシャ(ミハエルの愛称)とタカオの仲になった。

プロフィール                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      ロマン派音楽の覇者。正統ロシア・ピアニズムの継承者。1935年ウクライナ生まれ。モスクワ音楽院卒。シューマン及ヴァン=クライバーン国際コンクール入賞。母校教授。 チャイコフスキー及びリーズ国際ピアノ・コンクール審査員。 ロシア人民芸術家」称号の持ち主。プログラム

ムソルグスキー   「展覧会の絵」
~~~~~休憩~~~~~

スクリャービン   3つの小品 op.2                                                第1番 練習曲   嬰ハ短調                           第2番 前奏曲  ロ長調                                    第3番 マズルカ風即興曲  ハ長調

2つの左手のための小品 op.9より                                                                                 第2番 夜想曲  変ニ長調                                                                                                          練習曲集 op.8 から                                         第 7番   変ロ短調                                                第11番   変ロ短調                                                                   第12番   嬰ニ短調「悲愴」
ショパン   夜想曲   第5番 嬰ヘ長調 op.15-2                    華麗なる大円舞曲 変イ長調 op.34-1                              スケルツォ 第2番 変ロ短調 op.31

       

今日のサロンは十九世紀のモスクワと化し、この小さな空間まるごと日本を離れ異次元の世界に浮遊してしまった。クラシックの味とはこんな味だったのか。日本民謡を聴くとき分かるとか分からないとか、きれいとか素晴らしいとか言わない。その音色に自分に眠っていた心のふるさとが呼び覚まされてうっとりし言葉を忘れてしまう。今日はそれを味わったのだ。 美醜を越えた美、土着の美、暗さを秘めた美、あえて言えば、不健康な美、もっと言えば毒の美、どう呼ぼうとそこには紛れもないスラブの地色美があった。その正調土着色。それがロシアピアニズムの真髄であると私は解釈し、その極致をヴォスクレセンスキーと定めた。音楽は風土に根差し育ちに鍛えられるものだろう。ラフマニノフやスクリャービンを輩出したモスクワ音楽院で 学び、かつそこで教えるヴォスクセンスキーだ。かれの奏でる音楽はかれの精神そのもの、音楽性とはかれそのものだった。スタインウエイピアノはサロンにあるのではなく、かれの身体、あの風貌の中にまるごとあった。かれの腕や指 はかれの肉体の一部であるというより精神の一部といった方が的を得ている。逆に言えば、かれの奏でる音はすべてかれを通じて受肉していたとも言える。ムソグスキーの「展覧会の絵」の演奏に先立ち、曲の解説をしてくれた。若くして死んだ親友の画家ハルトマンの遺作展覧会で見た十個の絵の印象をまとめた曲だそうだ。絵を音楽に、音楽を絵にしたがる私にはうってつけの発想だ。一つの絵を見てその印象を反芻しながら次の絵に向かう短い距離の散歩気分はこの私にもよく分かる。このプロムナードが絵と絵を結びつけるセメント効果を発揮しているという。明るい絵、暗い絵、ユーモラスな絵、シリアスな絵、賑やかな絵、静かな絵、それらの絵の印象を音楽で描き綴ったのが「展覧会の絵」だそうだ。なるほどそういえば極めてヴァラェテイー変化に富んだ曲であることが頷ける。右手を痛めたスクリャービンが左手のために作曲したという小品には驚いた。まるで両方の手で弾かれているような錯覚に陥ったからである。

This morning Mt. Fuji was spectacularly beautiful with white snow on top in contrast with blue sky and blue sea. It was so nice for the mountain to look this way  when the world-famous pianist as Mikhail Voskressensky visited my house in Shonan Village for the first time. We made good friends at once probably because of the same  age, calling on the first name base, Misha and Takao.

He has charmed me so deeply from the beginning with his masterly performance of Russian or Slavic tune of classical music that I felt as if I had been sent to the far-away country of the nineteen century Moscow I had never been. The tune seemed to me to contain a variety of elements ingrained in Russian climate and culture that makes his music more profound, weighty, and indigenous. I could say that his music is his spirit or better say that his music is himself bred and educated under the peculiar sky of Moscow Steinway piano physically placed in the hall apart from Mikhail, it is virtually placed inside  his body as mental equipment for his sentiment to be only touched with his mental arm, hands and fingers intangible from outside. His unfathomed but charming looks tell a lot.

“Tableau d’une exposition” is my most favorite because I like to have pictures turned into music and conversely have music turned into pictures. I greatly appreciated his explanatory remarks before playing on the programs. I can share the feeling of promenade from one tableau to another, reviewing the impression of the picture just seen. Actually I did it when I visited Guggenheim Museum in New York a couple months ago.

 

 ( 日 ) ミハイル・ヴォスクレセンスキー  ピアノリサイタル