2016年12月24日 (土)
杉江俊太郎piano recital

今日12/24は午後2時からSalon Classicでの今年最後のリサイタルがあった。主役は杉江俊太郎さん。京都市生まれだそうだが、4歳からサンディエゴ(南カリフォルニア)で育ち、それからロサンゼルスへ、さらに今はドイツのフライブルグで勉強中とか。今回は日本への一時帰国中のリサイタル。大入り満員の人が待ち受けていた様子がよく解かる。貴婦人然とした芦屋マダムのような両手の花に挟まれて、一生懸命、シューマンの幻想曲ハ長調op.17とJ.S.バッハのゴルトベルグ変奏曲BWV9880のキーを叩いた。あっぱれ、あっぱれ。

fe20df7686cc6c448e9012715c6eea6d1cf770cd9886b0ca9133300205f72c2861395ac15f49e5a7483270cbd7432d779b12b56936852ed66108d5a9191d9a6d3f21