2010年3月13日 (土)
松本和将 & アンドレアス・ケルン

2010年3月13日(土)  開演14:00        Salon Collina
寒さは若干やわらいだとはいえ、風がきつい今日、五年半ぶりに二人の若者が Salon Collinaにやってきて、ホール内にも風雲のような音の旋風を巻き起こした。かつてベルリン芸術大学でP.ドヴァイヨンに師事した同門の二人。とはいえタイプは違う。 和将が動ならアンドレアスは静、和将が激しくメリハリの効いたピアノを奏でれば、アンドレアスはまろやかで、滋味の肥えた音を奏でる。和将はまだ三十歳、アンドレアスは三十四歳だが、もう充分年期が入っている。とくに 和将は十九歳で日本音楽コンクールで優勝。その後も有名なブゾーニやエリザベート王妃国際音楽コンクールで入賞した凄腕の持主である。アンドレアスはヨーロッパ各国のピアニストと組んでユーロピアノプロジェクトを立ち上げている。 自らはジョージ・ガーシュインを得意とする。リストの愛の夢を演奏するアンディ。ショパンの幻想即興曲を弾く和将 、神妙な出だし、物思いに耽ったような… 出だしの調べに私は涙が出そうになった!                        下を向いて一心不乱、上を向いて一心不乱 今この瞬間、湧くイメージを鍵盤に叩き付けるラプソディ・イン・ブルーを連弾する二人。

曲目
リスト:   愛の夢           アンディ             
ショパン:  幻想即興曲         和将           
シューマン: トッカータ         アンディ
       アラベスク         和将   
シューベルト:「即興曲集」より Op.90-2 変ホ長調  和将
                Op.90-4 変イ長調  アンディ
即興演奏:                アンディ
即興演奏:                 和将        
ガーシュイン: ラプソディ・イン・ブルー 連弾      
アンコール
ブラームス:   ワルツ          連弾

シューベルト曲はシューベルトが三十一歳で亡くなる前年、つまり和将の今の歳に作曲した即興曲。弾く二人にどんな感慨が過ぎったことだろう。天才シューベルトは二十歳代後半にしてもう人生の 晩年を味わっていたという。次に二人の即興曲。ピアノの前に座り一心不乱に今浮かんだままのイメージを指で鍵盤に叩き付ける。最後はジョージ・ガーシュインの連弾だ。ニューヨークの大好きな筆者にはこの同市生れのガーシュインが身近な存在だ。今、The Music Center ,New Yorkのディレクターの住んでいるアパートにかつてガーシュインが住んでいたので、今でも玄関フロアにはその写真が飾ってある。ガーシュイン独特のジャズ感覚と都会人好みの新鮮な旋律が堪らない。連弾は譜面の左ページを和将が、右ページをアンドレアスが同時に弾く。その右、左の様をゲーテの詩「銀杏」に因んでアンドレアスが解説する。ドイツ語の詩を正姿勢で暗誦する。かつて東西に分かれていたベルリン、今は一つなったのか、まだしこりが残っているのか、そんなことを考えさせた。アンドレアスの姿に音楽家はまた詩人でなければならないとする筆者の思いが重なった。

最後に参考までにこの詩を掲げて置く。インターネットからの引用である。            GINKGO BILOBA   銀杏  ゲーテ  訳、記述 渡辺美奈子 2006年9月27日から引用           Dieses Baumes Blatt, der von Osten      東洋から                Meinem Garten anvertraut,        私の庭へ移されたこの葉は           Giebt geheimen Sinn zu kosten      賢者を喜ばせるような           Wie’s den Wissenden erbaut.        隠された意味を持っています
Ist es Ein lebendig Wesen              本来この葉は           Das sich in sich selbst getrennt,      一枚が二枚に分かれたのでしょうか           Sind es zwey die sich  erlesen,      それとも二枚が 互いに相手を選び           Dass man  sie als Eines kennt.   一枚と思われるようになったのでしょうか
Solche Frage zu erwidern         その問いに答えようとするうちに            Fand ich wohl den rechten Sinn,     真の意味が分かりました            Fuhlst du nicht an meinen Liedern   あなたは 私の詩から感じませんか            Dass ich Eins und doppelt bin. 私が一枚の葉でありながら 二枚の葉であることを

 ( 土 ) 松本和将 & アンドレアス・ケルン