2016年3月21日 (月)
梯 剛之ピアノリサイタル

今日は午後から有名な梯 剛之氏のピアノリサイタルがSalon Classicであった。さすが有名なピアニストだけあって遠く東京、岡山、石川から駆けつけてくださったファンもあり、80名近い超満員の聴衆の前で美しい音色を響かせてくれた。落ち着きのある端正で清澄な響きの中に同氏の魂が籠っていてそこには何の衒いもなかった。

IMG_1601 (2)

IMG_1603 (2)

今日のプログラムはモーツァルトのサルティの主題による変奏曲、ショパンの幻想即興曲、子犬のワルツ、シューベルトの楽興の時、ベルクのソナタ第一番、それにベートーヴェンのソナタ作品110等だった。

これらを聴きながら各曲が醸し出す独特の色彩感をカラーチャートの中から探り出し、その部分を写真にしてみた。どの曲を聴く場合も、出だしから一、二分間、瞑想して聴き、そこに現われるいろんな色彩感にできるだけ似た範囲をカラーチャートの中から選び出したものである。これらはもちろん主観的色彩感だが曲によりかなり大きな違いが生じること自体が非常におもしろかった。今後も同じような実験をしてみようと考えている。

モーツァルトモーツァルトショパン幻想幻想即興曲ショ子犬子犬ワルツ楽興の時楽興の時ベルクソナタベルクソナタベートーヴェンソナ1ベートーヴェンベートーヴェンソナ2ベートーヴェン

終演後、梯氏を囲んで懇親会を開きアットホームな雰囲気の中で話に花が咲いた。明日は私の80歳の大台に乗る誕生日、その前夜祭に臨んでいるようで本当に楽しかった。

IMG_1605IMG_1608