2001年10月16日 (火)
秋の名曲午餐会ーウド・ファルクナー先生とともに

2001年10月16日(火) 正午~午後4時   Salon Collina

日本晴の続く秋たけなわの季節、ドイツ・デュッセルドルフから来日したピアニスト、ウド・ファルクナー先生を待ち受けていたのは、鎌倉、逗子、葉山に住むテニス愛好家とウクレレ愛好家のご婦人方だった。Salon Collinaの室内はクラシック音楽のムードに満ち、同中庭はハワイアンムードに満ちた。ワイン付き昼食で「花と団子」の饗宴、ピアノとウクレレの競演となった。青い空の下、緑の芝生の上で、カラフルなムームーを着てフラを踊る皆さんの艶姿をとくとご覧あれ。

本日の企画の中心人物は、数ヶ月前に初めてSalon Collinaにやってきた蓬田智乎さん。テニスプレーヤーでウクレレプレーヤーの智乎さん、腕を傷めてテニスが出来ず、ギブススタイルでひょっこりSalon Collinaに現れた。これがご縁でその楽しいプレーヤー仲間を連れてきた。

プログラム
F.ショパン: ノクターン 変ロ短調 Op.9-1
L.ベートーヴェン: ソナタ”月光の曲”第1楽章
F.ショパン: ノクターン ト短調 Op.37-1
F.ショパン: 前奏曲集より”雨だれの曲”
F.ショパン: ノクターン ヘ短調 Op.55-1

ウクレレ・プログラム
Do the フラ
思い出してウクレレ
フラオマキ
バリバリの浜辺
メカナニアオカウポ
クヮイポ
バラが咲いた
アロハオエ

 ( 火 ) 秋の名曲午餐会ーウド・ファルクナー先生とともに