2006年5月23日 (火)
第1回ルーマニア音楽と観光の旅

5月23日から6月2日まで9泊10日のルーマニアへの旅をした。主たる目的はルーマニアの国立オーケストラとピアノとヴァイオリンのコンチェルトをしに行くことだったが、観光も盛沢山にやってきた。ルーマニアの今はかつての日本、昭和30年代から40年代初めの日本を見る感じで、懐かしさすら覚えた。来年1月からEU入りを予定している国には夢がある。スローライフの良さをたっぷり味わったし、かれらの質素な生活ぶりが今の浮ついた浅はかな上辺だけの日本よりも余程好感が持てた。緑豊かな森の公園はいいものだ。子供が元気にわいわい遊んでいた。木があっては危険だからと、バサバサ公園の木を切るような短視的なわれわれとは違う。田舎田舎していても風格がある。国家の風格はこれを見るだけで十分だ。

 ( 火 ) 第1回ルーマニア音楽と観光の旅