2014年11月16日 (日)
第61回明石市美術展へ作品持ち込む

今日(11月15日) は第61回明石市美術展の洋画部門に初めて応募し作品を搬入してきました。題名は「ゲラシメンコ彗星人」。果たして入選するやいなや分かりませんが、開催が間近なのでとりあえずご案内させていただきます。 展示は前期:日本画・工芸・書道11月19日(水)~11月23日(日) 後期:洋画・彫刻・写真11月26日(水)~11月30日(日)                    9時30分~17時30分                 (ただし23日、30日は15時まで)… 会場は明石市立文化博物館 2階ギャラリーです。(JR・山陽電車明石駅から徒歩5分)明石市美術展事務局は開催ご案内のハガキも用意しておらず、いささか呆れましたが、ポスターの写真撮りを認めてくれましたので、それをそえてここにご案内する次第です。

なお私の作品につき、ご興味がないかも知れませんが、参考に付記させていただきます。 昔撮ったNYマンハッタンのネオンの夜景が、不幸にもぶれて使い物なりませんでした。が、ぶれたお蔭で、幸いにも却って迫力ある写真(右の写真)ができました。この写真をいつか手で描きたいとパソコンのデスクトップに入れて始終みていました。ついに先月着手、描くうちに砂漠の火のようになり、月の砂漠よろしく月を描くと火が異星人のイメージとなり、「月を食む異星人」か「月に吠える異星人」となりました。タイトルにそのようなものを考えていたところ数日前に探査機ロゼットが歌うたうゲラシメンコ彗星を捉えたというので、それだ、これにしようと彗星名を拝借したものです。(20号)

IMG_2624 OLYMPUS DIGITAL CAMERA IMG_2685