2005年4月3日 (日)
金子愛&マライヤ・ヘルダーのヴァイオリンとヴィオラのデュオ

2005年4月3日 午後2時~        Salon Collina

やっと春らしくなった今日、チュリップが咲き乱れるオランダ生まれで現在ザルツブルグで勉強中のマライヤ・ヘルダーとドイツ、ミュンヘン在住の金子愛がヴァイオリンとヴィオラの極めて珍しいデュオを披露した。

プログラム
J. Halvorsen     ヘンデルの主題によるバッサカリア
B. Martinu      ヴァイオリンとヴィオラのためのマドリガル
B. Bartok      二つのヴァイオリンのための44の二重奏曲
W.A.Mozart     ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲
H. Villa-Lobos   ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲

ドレドレドレ、レドレドレド、ギコギコギコと聞こえてきたヴァイオリンとヴィオラのデュオ、まるで現代絵画が額縁から音となって抜け出てきたような音がした。絵はピカソ描くところのキュービズム、“ゲルニカ”とでもしておこう。それが音となって抜け出るときヴァイオリンは黄金色を発して艶々と光り、ヴィオラはチョコレート色して鈍く光る。互いに見合い、見詰め、仕切り、組みつほぐれつの音格闘技となる。その中を青い旋律が走る。黄金が優勢になったかと思うと次にはチョコレートが優勢になる。この観戦はまことに楽しかった。ピアノのような金属音のない分、暖かい木質感がし、世界に共通する民謡の味わいがした。平素聴くクラシック音楽とは一味も二味も違う20世紀の新古典派音楽であった。小柄な愛が背をかがめヴァイオリンにくち付けせんばかりに表情豊かに弾けば 背の高いマライヤが背筋を伸ばし澄ました顔で悠然と弾く。このコントラストが また興味をそそった。

 

The cubism image of Picasso contemporary art of “ Guernica” came out of its frame to the audience in a stream of combined sounds of Ai Kaneko’s Violin   whitish golden color and Marije Helder’s Viola dark chocolate color. Those two colors faced and gazed at each other, ready to fight. The fight was so melodious with blue notes that at times the gold overwhelmed the chocolate and at other the other way around. That was very interesting and spectacular to see. Short of metallic tone like piano instrument, the sounds carried the texture of warm wooden quality which is seen in every folk song of any countries. Today’s music called neo-classic in 20th century was way different from usual classic we were used to hear. Petite Ai, rounding her back almost to kiss the violin, played charmingly with many faces while tall Marije stood stately with straight face.That was another very striking contrast to see.

  

 

 ( 日 ) 金子愛&マライヤ・ヘルダーのヴァイオリンとヴィオラのデュオ