2018年3月25日 (日)
霜浦陽子と向田成人(むけだ なりひと)が連弾で贈る舞曲の調べ

甘い機関銃が私のハートを射抜いた。ピアノの端から端まで並んだ弾が一斉に私に向かって飛んでくるのだから堪らない。その甘く軽快な連弾に完全にやられた。左の方からブォンと低く飛んでくる弾もあれば、右の方から一際高くヒュルヒュルと黄色い音を立てて飛んでくる弾もある。スリル満点だ。

今日ははるばるハンガリーから一時帰国した向田成人(むけだなりひと)君とお馴染みの霜浦陽子さんが組んでSalon Classicでハンガリーラプソディーなど舞曲の数々を奏でてくれた。向田君はハンガリー国立リストフェレンツ音楽大学卒だが、これは現在の正式名で、いわゆるリスト音楽院のことだそうだ。雑談で彼と話しているとハンガリー政府には芸術省があるそうで、国を挙げて幼少時からの藝術教育に熱心なそうな。

edb907c7e6c2fd0d8be2e0cc830c3f3f[1]59bcd7a4c6f036d92ad6b9167f3c5c0e[1]0bb9e5ec1f7778b7c25404dc71d3ee98[1]99033af08c3ead21b64e40166b5f3149[1]

32a35c1a111a77fdcf73f7833f23aca2[2] (2)3c5ae0b16dabb3d6b5030d8f9f2c6dac[1]