2017年8月16日 (水)
David Korevaar piano recital 摂津響Saalにて

終戦記念日の昨日、私はあの玉音を聞いた郷里、高槻にいた。それもよくガキの頃訪れた摂津峡近くの摂津響ザールに、アメリカ人ピアニスト、ディヴィッド・コレヴァーとともに。彼の奏でる音も玉音だったが玉音ようが違った。自然の中に佇む摂津響ザールの雰囲気がディヴィッドは好き、私もそう。天井も床も木肌のまま、そこへ黒いスタインウエイグランド、上から暖かそうな照明が照らしている。

今日のプログラムは、ベートーヴェンのピアノソナタ、ブラームスの四つの小品、それにショパンのバラードだった。その一部をビデオでお目に掛けよう。ベートーヴェンは赤黒、ブラームスは青緑、そしてショパンは乳白色、そんなオパールの中にいるようだった。

Yesterday, the 72nd war-end anniversary, I was in my native town, Takatsuki with an American pianist, David Korevaar, who played the piano at Settsu-kyo Saal close to Settsu-kyo rapid stream in the city. He likes the atmosphere of the Saal as much as I do. Natural wooden ceiling and wooden floor, with a black Steinway grand installed under dim lights. Today’s programs were Beethoven piano sonata, Brahms small pieces and Chopin Ballade. You can see some parts of those videos here. I felt as if I was inside the gem of opal: Beethoven, black and red, Brahms, blue and green, and Chopin, milky red and white.

905a7320-3c34-497a-a0b0-4cd7896d6c9b yjimage5N2I8HPI無題